T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

メール便廃止後の新サービスは・・・

ヤマト運輸がメール便廃止後の新サービス詳細を発表しましたね。
以下、残念なお知らせです。(笑)

「宅急便コンパクトとネコポス」
「クロネコDM便」

予想通りというか・・・
実質的な値上げとサービス範囲縮小ということでしたね。
要はまったくもって利用者側にメリットのない変更だったということで。

内容を大雑把にみると、これまでのメール便はDM便という名の
法人限定のサービスとなり、しかも164円と2倍になったという
感じでしょうか。

一方、一般個人のお客さんにはそれすらサービスが受け
られなくなったという感じですね。
その代わりに宅急便コンパクトとネコポスというサービスを
開始するということでしょうけど、メール便と比較して
費用が高すぎで、まったく代替になっていないですね。

もう一つ大きなことはコンビニでの取り扱いがまったく
なくなってしまうことですね。

ある意味、これまでのメール便82円でのサービスが
無理な設定だったので落ち着くところに落ち着いて
しまったということかなとも思います。

メール便は本当にあたりがたサービスだったのですが。

ただ、ヤマト運輸の現場は喜んでいるようですね。
私のところに来ているドライバーもメール便がなくなって
ほっとした、ということを言っていました。
ドライバーの立場からしたらそうでしょうね。
コンビニも間違いなく喜んでいると思います。

メール便のこともそうなんですが・・・
ここ2、3年のヤマト運輸の様子が変に思います。
とにかくサービスの変更や値上げに走っているという
印象があります。
また、集荷のフリーダイヤルもどの時間もいつでも
本当につながりにくくなっています。
まったくつながらずに、渋々ドライバーの携帯に
直接電話することもあります。

電話がつながりにくいのは夕方の時間帯や年末の
忙しい時期だからなのかな、と思っていましたが
どうもそうではないようです。

本当にサービスが低下しているのを実感します。
企業として、これまでのように利益を得られなく
なっているような苦しい事情が察せられます。

そうなったのは、日本郵便(郵便局)の存在が
ありそうですね。
日本郵便のゆうパックをはじめとした各サービスが
ヤマト運輸を猛追しているのを感じます。
メール便の廃止もその影響でしょうね。

そして、そのしわ寄せが利用者に来ていますね。
ヤマト運輸は日本郵便と戦うのは良いですけど
サービス低下は勘弁してほしいです。

日本郵便は民営化してからも国に守ってもらっている感が
ありありなので、佐川急便などのライバル企業との競争とは
違っていろいろと理不尽な事情もありそうですね。
そう考えると、ヤマト運輸は気の毒にも思いますが。
まあ、郵政民営化させたのは私たち国民ですから
何も言えないですけどね。

とりあえず、ヤマト運輸だけに依頼する時代は
終わったなと思います。
今後は、うまくヤマト運輸と日本郵便の両方の
サービスを使い分けていくのがよさそうですね。
そうなると、郵便局は全局24時間営業にしないと
いけないと思うのは私だけでしょうか。
[ 2015/03/18 18:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

老舗が消える理由

少し前のニュースですが、江戸時代から続く日本屈指の
老舗料亭「なだ万」がアサヒビールに買収されるようですね。

老舗が企業に買収されるというのは衝撃的です。
時代の終わりを感じるようでもあり何ともいえない寂しさもありますね。

今回、老舗が消える原因を考えてみました。

「なだ万」は老舗料亭ではありますが、全国に展開して今や大企業と
化していたようですね。
しかも、弁当惣菜をスーパーなどでも販売していたようです。

現状を見ると、もはや老舗料亭の様相とは異なる経営のようにも
見受けられます。

私の知っている老舗料亭でも、一昔前は料亭だけを運営していたのですが
ここ数年では、弁当惣菜を製造するために別の施設を設けて、そこで
製造したものをスーパーなどで販売しています。

もともとは高級なイメージがありましたが、なんとなく
老舗も落ちぶれたものだなと正直なところ思いました。

スーパーがわるいということではないですが、やはり、スーパーで
購入されるのは毎日食べる食材であって、雰囲気の良い老舗の店内で
接客サービスを受けながら食べる料理とは、相反するものがあります。

たまにその老舗料亭の若い見習いの料理人と見られる人たちが
店の裏で話している姿を見かけます。
その人たちは、自分の働いているところが、スーパーでも
販売しているのをどう感じているのかなと思うことがありますね。

おそらく、料理人として士気も下がると思います。
やはり、老舗料亭で一流の料理を作って提供していきたいと
思って門をくぐってきた人も多いと思います。
でも実際には、別部門とはいえ、スーパーで販売するものを
量産している現実を知ると、本当にこれが老舗料亭なの、
と思って気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

「なだ万」もおそらく同じだったと思います。

老舗料亭は看板だけで、今や食品製造工場のようになって
しまっていたと推察されますね。

そもそも、苦しい時代になんとか売り上げを伸ばしていこうと
安売りに手を出してしまったツケがきたということでしょうね。

一時は、儲かったかもしれないですが、老舗の持つべき
大切な創業者の意思、ブランドイメージが一気に崩れ
去り、すっかり失ってしまったと思います。

老舗にかぎらず、どのような会社もやはり長年培われてきた
ものをいかに強みとして活かして、ブレない経営ができるか
ということが大事なんだなとあらためて思いますね。
[ 2015/02/21 01:21 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

メール便廃止の真相

ヤマト運輸が2015年3月いっぱいでメール便を
廃止するという発表がありました。

ネットショップを運営している人はかなり衝撃を
受けたのではないでしょうか。
私も驚きました。
でも・・・なんとなく予想できるようなそんな気もして
驚き半分、諦め半分といった微妙な感じですね。

いずれにしても、いきなりメール便がなくなることに
よって困る人は多いでしょうね。
メール便に代わる新サービスが用意されている
ようですが、間違いなくコストアップになるでしょうね。
メール便と同様に82円でのサービスというのはもはや
あり得ないと思ってよいのではないでしょうか。

本当に困りますね。
どうしてそういう極端なやり方になるのかなあと
大企業特有のいやな部分を感じずに入られません。

メール便を廃止した理由について、ヤマト運輸は
「信書」の定義があいまいで、知らずにそれを
メール便で送ったお客様が郵政法違反になって
しまうことで、迷惑をかけるわけにはいかない、
ということを発表しています。

その理由は一見、お客様のことを大切に思って
いるようで、実は違いますね。

そもそも、ヤマト運輸は「信書」の扱いのことを
承知でメール便を導入して何年も続けてきておいて、
今更あらたまったように言うことではないと思います。

本当の理由はそこではないのでしょうね。

というのは、私自身、メール便を利用してきて
思ったのは、82円であのサービスでは
安すぎるのではないかという感じでした。

もちろん、利用している立場として、ありがたいし
かなり利用させてもらっていました。

しかし、1通からでもドライバーが引き取りに
伺ってくれて、しかも追跡までできてしまうと
いうのは82円ほどでは普通あり得ないなと
利用しながらも思っていました。

また、コンビニでもメール便を出すことが
できますが、82円だけで2、3分の手間を要します。
私自身も何度かコンビニでも出してきましたが
サインをしたりするために、無駄に時間がかかり
ほとんどの場合、そのために、後ろに列ができて
しまう感じでした。
ガム一つ買うのと比較すると倍以上の時間が
かかっています。
ガムは100円程度だとすると、メール便は
それより安いのにもかかわらず、時間だけは
しっかりかかっているという店員にも客にも
なんともありがたくない状況です。
これでは、コンビニも大変だろうなといつも
思っていました。

一方、郵便では同じ82円でも、送ることができるのは
軽い手紙程度のもので、しかも郵便ポストに投函か
郵便局窓口へ持っていくなど、ほぼセルフサービスに
なっていることと比較すると、メール便のサービスの
良さは度を越えた無理なものだと感じていました。

それでもヤマト運輸がメール便を自社サービスとして
取り入れて続けてきたのは、赤字であっても、
メール便を受注することで、顧客を獲得し、宅急便の
受注を増やすための営業ツールとして役立てようとする
考えがあったと思われます。

しかし、メール便の現実は、現場のドライバー泣かせで
実際に、かなりの作業時間を費やすという形でのロスが
あったように思います。
具体的には、メール便1通だけで客から呼びつけられて
車で向かい、駐車して、メール便の伝票を打つ出し
戻っていくという作業時間はそうとうなものだと思います。
もちろん、それで客が宅急便も併せて利用してくれると
良いのですが、そういう気遣いのできる客がどれほどいることか。
結構、容赦なしの客も多いですからね・・・

そういうメール便の現状でしたので、むしろ宅急便の
受注の足かせ、足止めになって、悪影響を及ぼして
いたことだと思います。

ですので、ヤマト運輸がメール便を廃止する本当の理由は
「信書」がどうこうより、サービスとして続けていくのに
無理がきたということだと思います。

それをあたかも「信書」の定義、制度を変えない総務省が
悪いという理由に摩り替えたような発表をするのは
いかがなものかと思います。

ただ、ヤマト運輸としては、それを変えようと総務省に
働きかけて努力はしてきたと思いますので、その部分は
評価されるべきとは思います。
その努力が報われず、今回ヤマト運輸の怒りも感じます。
このあたりは郵政民営化による様々な利権の絡みがあり
非常にドロドロした事情が見え隠れしていますね。

ヤマト運輸はあえて挑戦したと思いますが、結局
そのドロドロのしがらみに巻き込まれて気がつけば
総務省によってはじき出された感も否めない気がします。

結局のところ・・・
ヤマト運輸も悪い、総務省も悪い、日本郵便も悪い、
皆悪いといったところですね。(笑)
郵政民営化して、あいまいな制度を作ったのも悪いし、
その制度のもと、新しいサービスを作っては身勝手に
廃止したのも悪い。
大きな組織同士が最後は責任のなすりあいをして
いるだけの茶番劇ですね。

何を言ってもそういった茶番劇のしわ寄せは末端の従業員や
私たち利用者に来るだけなんですよね。

とりあえずは、まもなくヤマト運輸ではメール便に代わる
新サービスが実施されますが、どういった内容になるのか
ほとんど期待せずに待っておいたほうが良いと思います。
[ 2015/02/05 19:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ホリエモンのやればいいじゃんの意味

ホリエモンこと堀江貴文さんは起業を目指して相談する
若者に「やればいいじゃん」ってひとこと言い放ったことを
ご存知の方はわりといらっしゃるのではないでしょうか。

言われたほうの若者は拍子抜けであっけにとられた
感じだったのようですね。

「やればいいじゃん、以上終わり。」

真剣に悩んで相談に来ている若者に、なんとも
投げやリなひとことにも思えますが・・・

でも私は結構、こういうノリは好きです。
というか起業って本当にそのくらいの勢いがないと
踏み切れないと思いますからね。

水泳の踏み切り台でいつまでも躊躇していたら、
試合が終わってしまうのと同じように、起業を
躊躇しているうちに気がつけば、50代、60代
人生終わってしまう、というのも笑えない話ですからね。
起業と言ってもいろいろで、小さな花屋さんもあれば、
大きな事業を起こす人もいます。
いずれにしても、自分自身の本当にやりたい人生を
作るために、あの時、起業しておけばよかった、
とうのは何の言いわけにもなりません。

だから、起業を目指す若者には、「とりあえず
思い立ったら行動に移してやってみればいいじゃん」って
いうのがホリエモンの伝えたい真意じゃないかと思います。
でも、それが30代、40代の人にかける言葉となると、
おそらく内容は変わって条件が付いてくるでしょうね。

たとえば、結婚している人だと、パートナーや家族の
了承を得ているかだとか、そういった条件が付いてくると
思うんです。

でも、一人身の時はとにかく「やればいいじゃん」って
いうノリでやってみるというのは大事だと思います。

もちろん、その言葉の後には少し大事な補足もあると
思っています。

「でも自分で責任をしっかりと取りなさいね」

という感じでしょうか。
失敗してもよいけど、その責任は自分で取れる範囲で
考えてやりなさいね、ということですね。
もっと言うと、再起不能にならない範囲を自分で
把握してその範囲の中で責任を持って、好きな
ようにやればいい、という感じですね。

私自身は30代で起業しましたけど、正直なところ
あと10年早く起業していればなあって思うことは
あります。
やっぱり当時はなかなかそれまでの価値観を
崩せずに、迷っていましたからね。

でも、それを言い訳しても時間が戻るわけではない
ですので、起業して自分で作っていく人生というのを
最大限に楽しみながら取り組んでいきたいです。

今起業を迷っている若い方は「やればいいじゃん」って
気持ちで勢いよく始めてみたらどうでしょうか。
ただし先ほどの補足事項も忘れないように。(笑)
[ 2015/01/04 17:52 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

あらためてテレビの力を思い知る

ネットを利用するようになって確かにテレビを見る時間は
以前より少なくなったかもしれません。

しかし・・・

やはりテレビは強いなとあらためて思いますね。

単純に考えて、「テレビに出演した」というのは今でも
すごいインパクトあると思いませんか。

「えーテレビに出演ってすごい!」って普通にそう思いますね。

これがもし「ネット動画に出演した」だったらどうでしょう。

「あっそ、それが何か」そんな感じしかないですからね。

この違い・・・
2000年ごろには、まるでネットがテレビを飲み込んでしまう
かのような声も多かったですが、結局のところ、テレビは
テレビ、ネットが普及しようがしまいが、相変わらず
その力は以前と変わらぬまま、まったく衰えてはいないと
言ってよいのではないでしょうか。

もう少し突き詰めると、テレビがすごいというより、
テレビ局を中心とした業界がすごいというわけですね。

最近のテレビは視聴者を無視している、つまらなくなった
とかいろいろ言われていますけど、やっぱりテレビに
出てくる俳優さんは魅力的だし、お笑い芸人は
おもしろいし、ニュースキャスターは滑舌が良いし、
なんだかんだ、テレビは見てしまいます。

それに、テレビ広告(CM)もネット広告とは比較に
ならないほど素敵ですね。

やはり多額のコストをかけて魅力的なタレントや
キャラクターが出演する映像は、広告と言っても思わず
見てしまいます。

ネット広告だとほとんど無視ですから、この違いも
本当に大きいものがありますね。

もちろんネット広告も動画があり、思わず目に留まる
ものもありますが、そのほとんどは、テレビのCMで
使われているものと同じ場合ですね。

ネットが成長して普及し続けていても、結局
ネットとテレビの力関係は逆転しない、と言える
ように思います。
たぶん、この先100年もその力関係はずっと
同じかもしれないですね。

そうなると、テレビはテレビ、ネットはネットで
それぞれの役割というものが、明確化され、
今後もそれが続くということでしょうか。
[ 2014/12/14 21:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

アベノミクスの是非

アベノミクスは成功だったのか失敗だったのか。

こんな論争が繰り広げられていますが、
それ以前の問題だと私は思います。

個人的に最初からアベノミクスにはある種の
違和感を抱いて不満に思っていました。
それは・・・

お金で遊んじゃダメだと。

遊ぶという表現は失礼かもしれないですけど、アベノミクスという
小手先の操作で、成功だ失敗だ、衆議院解散だのワイワイ
やっている姿を見ていると遊んでいるようにしか思えません。

大胆な金融緩和などお金を操作することによって、
景気が良くなったように見せかけて、国民の消費意欲を
かきたてようという魂胆だったようですが、やり方が悪いですね。

お役人はもっと地味に、企業が活性するために
技術力の向上など、裏方に徹してサポートすべきだと
思います。

それを金融緩和しました、さあ株価が上がり
景気も良くなりました皆さん!、というのは茶番劇にも
ほどがあるかなと。

そうでもしないと消費増税もできない、という
事情があったのかもしれないですが。

でも、やっぱりお金で遊ぶべきではないと
私はずっと思っていました。

間違いなく、そのツケが回ってきますね。
そうです、国民の代表によるそのツケは
まもなく、もれなく私たちに回ってきますね。

お役人が景気をなんとかしてくれる、という
依存心は本当に捨てないと、こういうのを
繰り返すばかりで、やばいですね。
[ 2014/11/24 01:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

サラリーマンに向いている人

サラリーマンに向いている人はどんな人でしょうか。

協調性があって積極的、豊富な専門知識を持っている、
など考えられますが、そういう表向きの言葉だけでは
説明できない実態があるように思います。

サラリーマンといっても業種や職種によって雰囲気が
まったく違うので一概には語れないところもありますが、
私の個人的な見解として、それに向いている人とは・・・

『職場の休憩コーナーなどで大笑いしながら
雑談を楽しめる人』です。(笑)

くだらない冗談言うなとツッコミが入りそうですけど、
案外的を得ている自信はあります。

こういった類の人は、サラリーマンとして、おそらくどの会社でも
見事に溶け込んで、長年在籍することになるかと思います。

サラリーマンは会社組織の中で皆一丸となって仕事に取り組みます。
それは素晴らしいことですし、そうして会社には大きなパワーが
生まれるわけですね。

ただ、その中ではネガティブな要素もたくさんあります。

足の引っ張り合い、いじめ、ゴマすり、などなど・・・

もし、自分が突出した能力やアイデアを持っていたとしても
必ずしもそれをすべて出し切って良いとは限りません。
同僚を出し抜いたり、上司や先輩を追い抜けば、
当然妬みが生じます。

そのため、突出した能力やアイデアを持っていても、
タイミングを見計らって小出しにしたり、あるいは出すことを
控えて自分の中で抑えるという選択も必要となります。

まじめな人は、実力を発揮して結果を出せば認められる、
と思って頑張る傾向が強いと思います。

そうして雑談にも加わらずまじめに頑張っていると・・・

はい、先ほどの休憩コーナーで大笑いして雑談を楽しむ
タイプの人たちの餌食になります。
いわゆる声が大きく発言権を持った人たちです。

OLだとお局と言われますね。

男性でもお局はいます。
男性のお局は、女性のように特定の人というより、
グループすべてが徒党を組んでいるようなお局的
組織という感じかもしれません。
ただ表面的には良い人そうな人たちが多く、一見
お局的な人とは分かりにくく、ある意味女性の
場合よりはるかにたちが悪いと思います。

サラリーマンに向いている人は、そういった人たちの
餌食にならないように、うまくかわしたり、時には
調和したりしながら、なおかつタイミングを見計らって、
のし上がっていく力を持った人といえます。
人間関係においてタフと言ってよいのか、人として
ずるがしこいだけと言ってよいのか、なんとも言えない
ところではありますね。

ということで、最初に書いたように・・・

自分もお局的組織の一員となって溶け込んで、
休憩コーナーで大笑いしながら雑談を楽しむことが
できる人が、サラリーマン向きということですね。

その会社特有の話のネタ、ギャグ?が毎日同じように
飛び交い繰り返されるエンドレスの雑談。

雑談はある意味、サラリーマンにとって仕事の
一つで、それも給料の中に含まれていると
考えたほうが良いと思います。

私はやっぱりサラリーマンには向いていないなあと
書きながらあらためて思いました。
皆さんはどうでしょう。
[ 2014/11/14 17:49 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

プロ野球の日本一を素直に喜べない理由

プロ野球ではソフトバンクが阪神を破り見事に
日本一になりましたね。

個人的にはソフトバンクは好きなチームなので嬉しいことです。

ただ・・・

なぜかそれほど嬉しくないんですよね。
不思議なほど感動が伝わってこない。

なぜかと考えると・・・

CS(クライマックスシリーズ)に原因があると思いました。

ソフトバンクが日本一を決める相手はセリーグの覇者、
巨人ではなく阪神。

約半年間、両リーグそれぞれ100試合以上をしてきて
その長い道のりを経て、パリーグではソフトバンク、
セリーグでは巨人が優勝しました。

でも、日本一を決めるのはそのリーグで優勝した
2チームではなく、CSを制したチーム同士という
今のプロ野球の仕組み。

これって、クイズ番組で、ぶっちぎりで正解してきた
トップの回答者が、「最後の問題で正解した人は
プラス100ポイントが与えられ、逆転優勝できます」って
言われたのと同じでは?と思いました。
だったら、今までは何だったんだっていうツッコミが
入るような、よくお笑い系のクイズ番組で、冗談半分で
そういうのはありますが、まさにそんな感じですね。

他のたとえで言えば、マラソンで完走して優勝したのに
「最終的には本当の優勝者を明日の短距離走で決めます」
って言われるのと同じように思います。

いかがなものでしょうか。

これでは、本来両リーグで長い期間の試合をして
せっかく優勝したのも台無しですね。
一気に、日本一を決める試合自体の価値が下がるのも
当たり前のように思います。
今回だと、当然ソフトバンクと巨人が試合をすべきですよね。

これではどんどん1試合の価値、プロ野球全体の価値が
下がっているのではないでしょうか。

この運営方針は反面教師として、私たちは価値をもっと
大切にしていく方法を選択しないといけないですね。
[ 2014/10/31 16:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

中高生の起業

台風が日本列島を縦断しているみたいですね。
10月の台風は怖いと聞いたことがあります。
何もなければ良いのですが・・・

最近、mixiのニュース記事を見ていたら、
15、16歳の女の子が起業とか、ありました。

自分の15、16歳の時を考えたら、あり得ないです。
でも世の中ネットによって変わったんだなあって
思いましたね。

そうは言っても中高生などはまだまだ社会経験が
ないし、起業してもすぐにだめになるよ、って
内心思っている大人はきっと多いでしょうね。

私もそう思ってしまいそうなところですが
冷静に考えると、中高生は侮れないと思います。

というのは、今はネットさえできる環境を持って
いれば、中高生でも下手をすれば小学生でも
大人が社会の中で得る情報もすぐに手に入る
わけですよね。
起業についても興味さえあれば、中高生でも
まじめにネットで情報を収集して、一直線に
取り組めば、成功もあり得ますね。
中高生のまっすぐさはある意味、強い武器であり
しかもネットで世の中のあらゆる情報を得ることが
できるのだからこれは侮れないです。

逆に器用貧乏になってしかも臆病でなかなか
前に進めない大人のほうが、起業の成功は
程遠いという人も多いかもしれないですね。

私自身も臆病な上に、あちこち気持ちが分散して
いる時が多いので、ここは中高生に戻ったように
まっすぐな気持ちで取り組みたいと思いました。
[ 2014/10/13 15:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

出世する男の条件なんか当てはまらないほうが良い

たまにネットニュースなどで「出世する男の条件・特徴」みたいな
記事をみかけます。

「前向きであること」や「協調性があること」など、まあなんとなく
予想通りイメージできることが条件として並びますね。

それにしても、見事にほとんど自分には当てはまらない・・・
私はそう思うことが多いですし、多少なりと落ち込んだことはあります。
自分はできない男なのかなと。

でも、個人でネットショップを立ち上げてそれで生計を立てるように
なった今では、むしろ「出世する男の条件・特徴」には当てはまらない
ほうが良いと実感しています。

それは、「出世する男」は前提として企業など組織に従属している
ことであるためです。
要は企業などの組織の中で成功するために求められることは
個人で事業を立ち上げてオーナーになる人に求められることとは
まったく異なります。

真逆と言っても過言ではないと思います。

たとえば協調性にしても、企業であれば、その中で和を乱さない
ことに細心の注意を払うことが第一に求められます。
わがままは許されない雰囲気がそこにはあります。

一方、個人でオーナーの立場では、協調性よりも独創性が
求められます。
むしろ、自由きまま、わがままに考えて行動することが大切で、
それがないと事業自体の個性やスピード感を失って、存続さえ
できなくなります。

それと、以前に何かのテレビ番組だったか雑誌だったか
忘れたのですが、「出世できない人」の特徴として
こんなことが挙げられていました。

それは・・・

レストランなどにお客さんとして行って、接客の人に注文で
声をかけた際に無視されるような人は「出世できない人」
ということでした。
つまり、接客の人が今忙しいかどうか、判断できない人、
場の空気を読めないのは、上司の心、状況を読めない人、
ということで「出世できない人」ということだそうです。

確かに納得できると思いました。
恥ずかしながら、それで言えば私も「出世できない人」です。(笑)

皆さんはどうですか?

ただ・・・

その「出世できない人」は、先述したようにすべて
企業など組織の中で上司がいる部下の立場の人という
前提での話です。

もちろん、場の空気は読めたほうがいいし、上司の心も
読めたほうがいい。

でも、それはあくまでも組織の中で部下としてうまく
やり抜くためだけのことなんですよね。
つまり、常に上司の顔色を伺うことに集中できる人、
相手の一挙手一投足を観察して、嫌われないように
好かれるように自分の評価を高く売り込もうとする
ためのサラリーマン戦術ということですね。

それと、サラリーマンとして生きていくには
もう一つ重要なポイントがあります。
それは基本的には上司を超えてはいけないことです。
どれだけ力を持っていても上司を超える活躍をするのは
実は喜ばれないんですよね。
そのため、常に上司の力量を見抜いて、それを出し抜く
ことなく能力を隠しながら虎視眈々と隙を突くスキルを
持っている人は出世できるタイプということですね。
つまりずるがしこい人です。(笑)
上司だと身近過ぎて分かりにくいかもしれないですが
経営者を超える活躍は許されないのが組織で生き残る
暗黙の条件なんです。
実際、もし、自分に部下がいて、自分を超えるアイデアで
企画が採用されて部下がどんどん会社での評価上げて
成功して、自分の上司になってしまったらどうでしょう。
おもしろくないですよね。
そうなんです。
基本的には上司を超えてはいけないんです。
だから脳ある鷹は爪を隠して表面的には従順になって
可愛がられるというスキルが求められます。

一方、個人でオーナーの立場の人はどうでしょう。
むしろその逆でなければ生きて残っていけないのでは
ないでしょうか。
常に空気を読むことばかりに神経を注いで時間を割いて
いるようでは終わりです。
というか、そもそもオーナーと部下はまったく立場が
逆ですからね。

むしろ場の空気ばかり読んだり、相手に好かれようと
しているオーナーって逆に怖い気がします。
怖いというか、オーナーとして魅力がないですね。

オーナーは多少わがままであったり、自由気まま
独創性を持っている雰囲気であってほしいと思うのは
私だけではないと思います。

だから、私たちネットショップのオーナーは
「出世できない男」で良いんです。
むしろ、出世できないタイプであることを喜ぶべきです。
出世なんてできなくて当然です。
トップに立つオーナーなんですから。(笑)

実際、もし、私自身が出世できるタイプの人間であったら
オーナーとなってネットショップで生計を立てることなど
できなかったはず。
空気なんて読んでいる場合じゃない。
そんな暇があったらアイデアの一つでも考えるべきです。

皆さんも組織の中で成功するタイプの人ではなくても
決して落ち込まないでください。
むしろそれを誇りに思って突き進みましょう!
[ 2014/07/24 22:33 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)

結局IE脆弱性のニュースは何だったのか

少し前ですがGW中にIE脆弱性のニュースが世界中に
駆け巡り、日本ではパニックになっていましたよね。

今はもう何もなかったように沈静化しましたが・・・
結局一体何だったんでしょうか。

ニュースになった時には、ブラウザをIEから他の
googlechromeやfirefoxに変えたほうがいいとか
そんな話が出て、何なの突然?、みたいな状態でしたね。

私は一応、googlechromeを少し使うようにしていましたが
正直、うーん、何か違うなあって思っていました。
googlechromeを使おうがfirefoxを使おうが、多くの人が
使うとまた何らか問題が出てくるだろうし、むしろ
その場合のほうが深刻なことが起こるのでは?という
疑問や違和感でいっぱいな感じでした。
それに、そんなスムーズにブラウザを変更できる人が
世間にどれだけいるんだろうと思いました。

案の定、世間ではブラウザを変えないといけないと聞いて、
「うん、とりあえずyahooを使わないでgoogleで検索するから
僕は大丈夫v」みたいに勘違いしている人も結構いたようですね。(笑)

でも一般の人ってそんなものですよね。
私もそれとほとんど同じようなレベルですし。

インターネットを使うのに、いちいちブラウザがどうの
こうのって何も意識していないし、ただ、ホームページが
閲覧できたり、メールが送信できれば良いだけですからね。

急にブラウザを変えろ、って言われてもちんぷんかんぷんなのは
別にユーザーの理解不足だとかは思わないです。
一般はそんなもので、むしろそれでいいのだと思います。

結局のところ、IEは自動プログラムだか何だか分からないですが
配信して、こちらでは何もしないでも、問題箇所が修正されるという
通常通りの対応だったということですよね。

それにしても、一瞬にしてこのパニック状態。

まさに昔の日本で騒ぎになった「血税」ですよね。
「血税」という文字を見て、本当に生き血を税として国から
採られるんじゃないかと国民がパニックになったという話。

今では笑い話ですが、当時は本気で恐怖だったと思います。
今回のIE脆弱性のニュースもある種近いものを感じます。

「血税」の騒ぎの時代は、ITも普及していなかった今とは
違って、間違った情報が修正されることなく広がって
しまったと思っていたのですが。
戦争とかいろいろなことを乗り越えて先進国になり、ITも
普及した現在も、たいして「血税」の頃と何も変わって
いないんだなあって感じですね。

正直、IEでの騒ぎは、もしかしたら、windows8などへの移行が
思ったように進まない現状にイライラしたマイクロソフト社の
陰謀?とまで思ってしまいますね。
あるいは、経営状態が危なくなって半狂乱になっての
行動だったのか。

とにかく、そんなパニックを起こさせるニュースを世界中に
流すだけ流すようなことをしているんだったら、トヨタとかに
課しているようにマイクロソフト社にもリコールで全品良品に
取り替えるくらいのことを同時に発表して安心させてもらい
たかったと思ったのは私だけでしょうか。
[ 2014/06/12 00:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

気づけば四月

少し間が開いてしまいました。

気がつけば四月になっていました。
早すぎます。

ネットショップ運営に関する相談も
増えて、そのコンサルタントで、
ものすごく慌しく過ごしていました。

ブログも更新しないといけないと
思いつつも気が焦るばかりで
結局、手付かずでした。
何事も慌てるとよくないですね。
少し落ち着いて取り組んでいくことが
大事だなと思ったりもしています。

ということでこのブログもゆっくり
ペースでいこうと思います。(笑)
[ 2014/04/07 22:43 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

消費税8%対策

4月から消費税が8%に増税されることを受けて
本格的に準備していかないといけないですね。

皆さんは準備は進んでいますか。

私はまだ何も手付かずです。(笑)

もともと商品に値札を付けたりしていたわけでは
ないので、HP上の変更だけで済みそうです。

それもあってまだ何もしていませんが
そろそろ変更しようと思っています。

今回は税抜表示が認められるようですので
すべて税抜表示に変更しようと思っています。

しかし、消費税5%から8%への増税は
消費に影響するのでしょうか。

そこが少し怖いですね。

今は駆け込み需要があるようですが
4月以降はその反動でまったく売れないと
いうこともしばらく続くのではないかと
思っています。

最終的には10%まで上がっていくようですね。

この増税分は一体何に使われるのでしょうか。

特に日本の場合は、いまだに原発事故の処理も
できていないし、毎日毎日原子炉冷却のために
じゃぶじゃぶ大量の水をかけて、その汚染水の
貯蔵タンクや処理施設が必要なわけで。
なんとなく、こういったところにどんどん税金が
投入されているだけのような。

もちろん、それに必要なことは分かるのですが
原発を爆発させておいて、その尻拭いは結局
国民の税金・・・

まあ、原発をどんどん建設することを許したのは
私たち国民なので仕方ないということですかね・・・
[ 2014/03/15 13:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

私がスマホを使わない理由

スマホを使っている人も多いかと思いますが
私はまだ使っていません。

携帯できるミニパソコンとしての役割だというのは
知っているので、使いたいなあと思いながらも
なんとなく使う気になれないでいます。

一番の理由としては・・・


[ 2013/10/10 00:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

テレビはリアル

同じ二次元の画面の世界にもかかららず
テレビはネットと異なり、リアルの世界と
私は位置づけています。

ネットの世界で多くのアクセス数を
集めているのはやはりテレビの世界で
活躍するタレントやスポーツ選手になります。

テレビは多くの情報の中でリアル、しかも
リアルの中でも技術や個性が磨かれたプロの
人たちを中心に集約した情報を扱っています。

分かりやすく言うと・・・


[ 2012/01/30 02:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

家政婦のミタ高視聴率の理由

家政婦のミタ、というドラマが30%近くの
高視聴率らしいですね。

最近のドラマでは10%そこそこというほど低迷して
テレビ離れが進んでいると言われていた中で
それをくつがえす結果となりました。

ドラマの内容がおもしろいというのも高視聴率の
大きな理由の一つではあると思いますが私は主演の
松嶋菜々子が大きな鍵を握っていると思いました。


[ 2011/11/30 14:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

プロ野球のCSについて

今年のプロ野球のセパ両リーグの全試合が終わりました。
セリーグは中日、パリーグはソフトバンクが優勝しましたね。

特に応援していた球団でもなかったですけどビールかけの
シーンを見ていると幸せな気持ちになります。

あとはこれらの2チームが日本シリーズで勝負して
日本一が決まりますね!
と普通は考えますけどそうとは限らないんですよね・・・


[ 2011/10/26 14:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

起業家とサラリーマン

起業家と言っても、全国的に有名になるような大きな
事業を立ち上げた人や自営業などの小さく個人事業
として立ち上げた人まで、幅広く存在します。

ネットショップを本業で立ち上げた人の中で
個人事業レベルの小さな起業家と言える人も
多いのではないかと思います。

自分は起業家と思うと何だかサラリーマンより
偉くなったような気分になるかもしれないですが
実際はどうでしょうか。


[ 2010/12/19 14:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

焼酎無料サービスの意図

先日、テレビ番組で「居酒屋革命」の焼酎無料サービスによる
新しい経営手法についての特集があり、興味深く見ました。

「居酒屋革命」のオーナーは天野雅博さんという方で
いろいろな業界でプロデュースして成功し、革命児として
注目を集められているようです。

「居酒屋革命」の焼酎無料サービスとは・・・


[ 2010/09/30 23:21 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

平和ボケ

中国漁船衝突事件では中国になめられていますね。
日本政府の対応にも問題はあると思いますが
それにしても中国というのはひどい国だなと
いうのを今更ながら実感した人も多いのでは
ないでしょうか。

以前、石原都知事の発言に私は嫌悪感を
抱いたことがありましたが、今となっては
やはり私が甘かったと思わざるを得ないです。


[ 2010/09/26 13:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

勝間×ひろゆき×ホリエモン

最近、久しぶりに本屋に立ち寄りました。

久しぶりに立ち寄ってみて思ったのは、全くと言って
良いほど、本や雑誌に興味を引かれることがなくなって
いました。

今は自分の頭の中が情報過多になり、受け付けない感じ
なのかもしれません。

そんな中、少しだけ興味を引かれたのは「勝間×ひろゆき
×ホリエモンの7時間トーク『そこまで言うか!』」という
本でした。


[ 2010/09/21 20:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

事業仕分けの後に待っていること

事業仕分けの第二段が始まるみたいですね。

国が自分たち自身の無駄を省くために頑張っているのは
偉いことだと思います。

ただ、事業仕分けの本当の目的は別のところにあって
先々にその本当の目的が待ち構えているような気がします。

事業仕分けの本当の目的とは・・・


[ 2010/04/23 12:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

あいのり桃ブログ人気の理由

昨年終了した番組「あいのり」をご存知でしょうか。

一般応募の若い男女が世界を旅する中で恋愛をする
という番組です。

この番組に出演していた桃という20代の女の子が
いたのですが、この子のブログが人気芸能人の
ブログに肩を並べるアクセス数になっています。

(桃のブログ: http://ameblo.jp/momo-minbe/

どうしてそうなったのでしょうか。


[ 2010/03/27 23:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

私が生意気になった理由


「むしろ高いほうが売れるんです!」
「売る力がある人は何でも売るんです!」

これらは私が会社員時代に役員や営業マンに
向かって放った言葉です。
かなり生意気ですね。(笑)

なぜこのようなことを言ったかというと
当時、自分の企画を全社に認めてもらって
実現させるためでした。
役員や営業マンを説き伏せないといけない
シーンが何度もあり、その中で言ったことでした。
結果的には3年近く食い下がって頑張りましたが
実現しなかったんですけどね。

ところで実はそれらの言葉は・・・


[ 2010/02/07 00:46 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

街角突撃レポートの嘘

よくバラエティ番組などで街の素人の女性に
いきなりインタビューをするシーンがあります。

あるとき、いきなりインタビューされて
あたふたする感じがおもしろいと思って普通に見て
いましたが、よくよく見ると見たことのある女性でした。


[ 2009/12/23 22:43 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

アメリカ政府が激怒

沖縄の米軍普天間基地移設問題で米駐日大使が
激怒したようです。

鳩山政権が発足した頃からアメリカを怒らせるなど
外交面で失敗する可能性があることを懸念して
このブログでも以前の記事で書いていましたが
こんなにも早く予想通りの流れになるとは
ちょっとびっくりです。

事業仕分けにしてもそうですが、なんとなく
民主党政権が続けば、日本が貧乏臭くなって
いく予感がしているのは私だけでしょうか。


[ 2009/12/05 15:27 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

民主党に任せてみようと思ったことに後悔

民主党が政権を取ってから早くもボロが出だしていますね。
自民党はもうダメだから、一度民主党に任せてみようと
安易に思ったことに後悔しています。


[ 2009/10/25 18:25 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

ある地味なプロ野球選手のすごい言葉

今年のプロ野球もセパの優勝チームが決まり
あとは日本シリーズに向けた試合を残すのみ
となりましたね。

以前にある投手が語った言葉が今でも耳に
残っています。

それは・・・


[ 2009/10/12 19:22 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

民主党政権

特に政治に関心があるわけではないですが
政権交代という変革があったので少し書いて
みようと思いました。


[ 2009/08/31 20:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

お隣の怖い国

今回、ネットショップとは関係ない話ですがお隣の
怖い国は核実験をまた実施したみたいですね。

日本に向けて核ミサイルを発射するというのも
現実化してきているように思うのは私だけ
でしょうか。


[ 2009/05/27 18:28 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)