T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

投書箱の設置

私の会社では職場改善の提案制度があり、全社員を対象として
月3件の提案の提出を義務付けられています。

しかし、提案内容に条件があり、個人的な不平不満につながる
内容や実現不可能な内容は受け付けないということなんです。

どうしてそんな条件をつけてしまうんだろうと常々思います。

私は不平不満や実現不可能と思われる内容も受け付けるべきだと
思うんです。





この提案制度のおかげで確かに職場は改善されているように
思うので制度自体は必要だと思います。

しかし、これだけでは、社員の本当の声というのは反映されません。

その提案は単なる不平不満だとか夢物語だとか言って却下し
最初から押さえ込んでしまっているようにしか思えません。

個人を中傷するような内容は常識としてだめですが、
あらゆることに対する不平不満の声というのは最大限耳を
傾ける必要があると思うんです。


例えば、作業服のセンスが悪いから変えたほうがいいと
いうような意見が、実際にそれを着ている工場作業者から
声が上がった場合どうでしょう。

たかだか作業服のことで何を言っているんだとか、
作業服の不満を言うなんて何を贅沢言っているんだと
一蹴してしまう姿勢だと何の発展もなく話は終わってしまいます。

それだけでなく重要な情報や危険信号をを無視して
しまっているんです。

作業服のセンスが悪いとどうなるのか考えるべきです。

考えればいろんなことが浮かぶはずです。

例えば、外部から工場見学があった場合に作業服のセンスが
悪いと企業のイメージまで下がってしまうことが考えられますよね。

逆に作業服のセンスをよくすることで企業イメージアップに
つながるということです。

たかだか作業服と思って無視していては現場の声をまったく
無視した経営につながりかねないのです。


そもそも不平不満の中に最も多くの改善すべきヒントが
含まれていると思うんです。

また実現不可能な夢のようなアイデアの中に将来会社を
劇的に飛躍させるヒントが含まれてると思うんです。


経営者はこういった各部門の現場の社員から得られる
ヒントを分析し、会社運営の方針をにすべきだと思うんです。

もちろん、すべての意見を聞き入れる必要はなく、
活用できそうなところを活用していけばいいのです。

現場の声が大切だというのであれば、投書箱を設置して
常に現場の率直な意見を収集できる制度を作っておくべき
だと思います。

そして収集した情報を適切に分析、活用できる会社だけが
安定した強い基盤を築いていけるのではないでしょうか。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2006/02/08 23:07 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(8)

こんばんは。

そういう制度が取り入れられているんですね。
せっかくの制度、とことん活用してほしい現場の気持ち分かります。
飾りのない本音や、時には非常識かもしれないヒラメキにも、ヒントやチャンスって絶対あると思います。

1月に出来なかった新製品のレポ、第1弾?アップしましたので覘いてみてくださいね。
あくまで、ざっとですが(苦笑)
[ 2006/02/09 00:44 ] [ 編集 ]

現状の提案制度は結局みんないつも同じような身の回りのちょっとした改善程度の提案に留まってしまっているんです。
私自身、会社にたいして言いたいこといっぱいの人なので、そんなのでは物足りないんですよね。(笑)
こういう社内の率直な意見に蓋をしてしまうような会社に発展は望めないような気がします。
私の会社を含めてまだ投書箱を設置していない会社は早急に設置し収集した意見を最大限に活用するべきだと思いますね。
ところで早速係長さんのブログ拝見させていただきますね。
[ 2006/02/09 21:50 ] [ 編集 ]

気をつけます。

もしかして

私も同じこと言ってしまう
場合があるいかもしれません。

内容を拝見すると
一度しっかり受け止めないと
失礼になりますね。

ヒントありがとうございます。
[ 2006/02/10 20:20 ] [ 編集 ]

不平不満を暴走させないように適度に不平不満を受け付けるっていうのが理想かもしれませんね。
さじ加減が難しいとは思いますけど、うまく不平不満を吐き出させてまたそれをうまく吸収・活用できるようなシステムを作ればす気持ちよく働ける職場になるんじゃないかと思っています。
[ 2006/02/11 14:06 ] [ 編集 ]

不平不満

過去の歴史だって、現状への不満から新しいものが生まれて来てますよね。

大いに不満を持って、多いに建設的にぶつけましょう!

”ポチッ”と応援です!
[ 2006/02/12 10:13 ] [ 編集 ]

提案内容に制約を設けることに対しては、疑問を感じます。
提案する側のモチベーションの問題もありますよね。
[ 2006/02/12 14:11 ] [ 編集 ]

ボブ田中さん

ありがとうございます、なんか勇気が出てきます。
そうですね、新しい良いものを生み出していくためにも建設的に不満をぶつけていきたいです。
[ 2006/02/12 22:21 ] [ 編集 ]

つかささん

提案内容に制約を設けることで、わざわざ社員の想像力を奪っているような気がしますね。
もっと自由にさせてほしいものです。
[ 2006/02/12 22:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/94-0e2ef228