T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽天に出店したほうがよいか

今ではすっかり、ネットショップがアクセスアップのために
ショッピングモールサイトに出店する時にはまず楽天
思い浮かぶというくらい形が出来上がっていますね。

楽天は出店料を支払って出店したネットショップに数々の
便利な機能やサービスを提供するだけでなく、サイト作成や
売上げアップのための協力してくれるそうです。

ネットショップを開店するのであれば、とりあえず楽天に
出店しておいたほうがいいのでしょうか。





私は以前に楽天やヤフーのショッピングモールサイトの
無料説明会に参加したことがあります。

今、ネットショップを開店しようと思っていたわけでは
なかったんですが、もともと興味があったことであり
地元で開催されたので参加してみました。

実際に楽天やヤフーの担当者が各社順番にネットショップ
出店希望者に対してショッピングモールサイトの概要と出店に
関する説明するというものでした。

各担当者が共通して言っていたことは、ネットショップは
実店舗と同じくらい労力が要り、実店舗を運営する人とは
別にネットショップ専属の担当者を置いたほうが
いいということでした。

確かに、メールのやりとり、商品写真の入れ替え、仕入れ、配送、
宣伝、マーケティング、こういったことを実店舗をしながら
すべてをこなすのは難しいという気がします。

それにしても楽天の担当者による説明はものすごくうまくて
完璧だったような記憶があります。



ところで、ショッピングモールサイトは現実に置き換えるなら
商店街、スーパー、あるいは百貨店といったところでしょうか。

私は、楽天やヤフーといった大手のショッピングモールサイトは、
ダイエーなど大手スーパーのような印象を受けました。

とにかく出店数を増やすことに重点を置いて量を追っているのでは
ないかという気がしたからです。


商店街は地元の個性を反映して運営しているところがあると思います。

また百貨店はスーパーより出店の敷居が高く比較的ブランド店が
多いと思います。

そういった意味で、楽天やヤフーはダイエーなど大手スーパーの
ようだと思うんです。


そのように考えると、出店するにあたってはショッピング
モールサイトがどういうコンセプトなのかしっかりつかんで
おくことが大切だと思いました。

ネットショップは仮想店舗のためになんとなく気楽に考えて
しまいそうですが、何も考えずに楽天やヤフーなど
大手ショッピングモールサイトに出店しておけばとりあえず安心
という単純なことではなさそうです。

また出店料として毎月5万円程度を払い続けないといけないことも
忘れてはいけません。

楽天やヤフーがダイエーのような大手スーパーだとすると、
そこに出店する場合以下の注意点が考えられます。


・ショッピングモールサイトの方針に従わないといけないために
 自店のコンセプトが崩れてしまう。

・割引サービスなどをあてにした顧客が多く、モール内でも
 価格競争に陥りやすい。


結局のことろ、楽天やヤフーのような大手ショッピング
モールサイトに出店に向いているのは、量を追い求める必要が
あると思われる中規模異常の企業や店ではないかと思います。

個人や小規模なネットショップは出店しないほうがよいと思います。

最初から出店しようと考えず、自店のイメージやコンセプトを
育てていくことに注力すべきだと思います。

ただし、どこにも出店しないで集客を増やすのは難しいかもしれません。

そこで楽天やヤフー以外のショッピングモールサイトに
目を向けるとよいと思います。

例えば20代~40代前半の女性にターゲットを絞ったたんぽぽモール
というショッピングモールサイトなんかもあったりします。

ですので、個人や小規模のネットショップは自店のイメージや
コンセプトに合ったサイトに出店し集客を増やすように考えるのが
望ましいのではないかと思います。


楽天やヤフーの担当者は成功事例を中心に説明しますが失敗も
それの何倍も多いことだと思います。

例外もいろいろとあるでしょうし、実際のところは何が答えだ
というのは言えないという気がします。

いかがでしょうか。

他の考え方やご意見などありましたらぜひコメントお願いしますね。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る







ネットショップ

ニッチな商品を扱うようになると、ネット販売という選択肢が必要になることもあるのでしょうね。

出店料5万円は勇気が要りますね。

”ポチッ”と応援です!
[ 2006/02/03 06:16 ] [ 編集 ]

成功の裏側

成功の裏側には
見えない失敗がたくさんあることを
しることも、大切ですね。

[ 2006/02/03 13:21 ] [ 編集 ]

確かにヤフー楽天などは量販イメージがありますね。
[ 2006/02/03 14:22 ] [ 編集 ]

ボブ田中さん

そうですね、量産に向かないニッチな商品ほどネット販売を利用することが効果的だと思います。
[ 2006/02/03 23:27 ] [ 編集 ]

楽天の説明で出店しているネットショップの中で黒字のショップが全体の何割か示してほしかったと思います。
成功と失敗の両面を知った上で判断したいですよね。
[ 2006/02/03 23:34 ] [ 編集 ]

つかささん

無料セミナーを全国で開催していることからも、楽天やヤフーが量販のイメージであることを実感しましたよ。
[ 2006/02/03 23:40 ] [ 編集 ]

おはようございます。

ネットショップは、低リスクのイメージが強いですが、決してリスクが無いわけではありませんね。
私のお客様で楽天に出店されてる方がいらっしゃますが、
相手がある以上、それ相応の対応は求められますし、強みを生かせる場所選びは重要ですね。


[ 2006/02/04 07:38 ] [ 編集 ]

特に個人のネットショップはサイトのイメージがすべてだと思うので、ショッピングモールサイトに出店する場合は顧客から見てどんなイメージになるのかよく調べておかないといけないでしょうね。
[ 2006/02/06 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/92-a4acbf9f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。