T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

価格はお客様が決める?

商品開発の過程で価格について何度と社内で
議論を繰り返します。

価格はお客様が決めるもの。
こういうふうに考える人もいます。

確かにそれも分かります。
しかし私は価格は販売側が決めると考えます。





価格はお客様が決めると考える人は商品の価値を
お客様が判断して買える値段かどうかお客様自身の反応を
見て決めるという受け身のスタンスだと思います。

モノがこれだけあふれた世の中、お客様の立場の強さを
反映しているという気がします。
でもそれはお客様様に対する配慮というより自信のなさ。

もしお客様に半額でしかその商品は買えないと言われたら
それに従うんでしょうか。

そんなことをしていたらきりがないし、企業の価値を
どんどん落としていくように思います。

私は商品の価格や価値をお客様の判断に委ねようとしている
姿勢に危機感を抱いているんです。

その価格で納得できないのであれば他の商品あるいは
他のメーカーの商品をあたってくださいと断れるように
していけないといけないと思います。

販売側にこの商品の価格と価値はこうだという自信のある
姿勢がないと、商品は死んでしまいます。

その商品の価格や価値をお客様に簡潔かつ適切に営業マン
によって説明されることによって理解と納得をすることって
ありませんか。

見ているだけでは気づかなかった価格や価値を理解し
納得することによって、その商品を買ってよかったと
思えるんじゃないでしょうか。

だから価格や価値は販売側が決める必要があると思うんです。

価格や価値を販売側が決めてそれに恥じない商品と
売り方を追求する。

モノを作る人、それを売る人はそういった意識を持って
いくことがこれだけモノがあふれた世の中においては
より必要だと思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/12/24 00:06 ] 21世紀型の商品 | TB(1) | CM(7)

付加価値で値付けをしたいですね

確かに、お客さんに価格を委ねていてはダメなのでしょうね。
高価格でも買ってもらえる付加価値を付けたい!
そう思います。

”ポチッ”と応援です!
[ 2005/12/24 00:13 ] [ 編集 ]

今年一度・・・

コンサルの商品を開発しようと話していたときのことです。
私も同様の主旨の話を営業にしました。
営業といっても、うちのボスですけどね。
そのとき、私が感じたことは、
この商品(サービス)を得るために、顧客はどのくらいだったらお金を出すだろうか、という視点でした。
値ごろ感というのは、あるだろうなと。
コンサルは、自分が商品みたいなところがあるので、
安売りだけは絶対いやですが、
値ごろを考えないと、職人のかたぎになりすぎるかも・・・。と
[ 2005/12/24 12:12 ] [ 編集 ]

メリークリスマ~ス!
[ 2005/12/25 12:38 ] [ 編集 ]

ボブ田中さん

売りやすいからといって新商品の価格を低く見積もってしまいたくはないですね。
商品単独で考えるだけでなく、サービス、販売する環境などトータルで考えて価格を決めていきたいですね。
[ 2005/12/25 19:19 ] [ 編集 ]

メリークリスマス!
そうですね、職人気質になってもいけないし、営業情報そのまま鵜呑みにするのもいけないと思います。
値ごろ感を把握していくことはもちろん大切だと思います。
業界の他商品と充分比較して自社商品の強み、弱みを分析した上で価格を検討しないといけないと思います。
また製造側と営業側の両方の意見を考慮した上で、決めるということも大切ですね。
価格を本気で考えて生きたものにするなら、本来単純なものではなくいろんな要素が必要になると思いますね。
[ 2005/12/25 19:43 ] [ 編集 ]

こんばんは。

私も、物売りの営業として切実な問題です。
確かに、そこに付加価値をいかに上乗せできるか、日々頭を悩ませますが(汗)安易な価格対応は、付加価値の存在もあやふやにしてしまいますね。
価格は自信を持ってお勧めし、購入の有無は、あくまで、お客様の権限というのが本来の形でしょうか?
「欲しい」と、思って頂けるものを提供出来る、営業マンに少しずつでも近づきたいと思います。

それでは、メリークリスマス!です。(笑)
[ 2005/12/25 22:18 ] [ 編集 ]

そうですね。
安易に安売りに走ると著しくサービスの質が低下することもよくあるように思います。
安さをウリにしている居酒屋に行ったときなどそれを実感しますね。
価格と価値を常にチェックする心がけが必要だと思います。
[ 2005/12/31 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/82-f57a19c6


4時間のお・あ・ず・け♪

昨日行ってきましたブタADとのラブラブ?デート。ちょっと高めのイタリアンでしてその後、帰ろうとしてるからに付き合わせて飲ませまくり(笑)
[2006/05/30 17:44] URL まや





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。