T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奇抜 VS シンプル

シンプルの対義語はゴージャスという感じもしますが、
もう少し幅を広げて奇抜としてみました。

デザインにしても機能にしても奇抜な商品があります。

奇抜というとマニア受けするとか変わっているといった
イメージでいずれにしても目立つということがいえると思います。





私はこれまで東京をはじめ各地で開催される家具の
展示会に何度か行ったことがありました。

奇抜な家具からシンプルな家具までいろんな素敵な
家具が出品されていました。

私はシンプルが好きなのでそういった家具を探し求めるのですが、
人がより多くで集まっているのはどちらかいって奇抜な家具でした。

奇抜な家具の中でも実際に動く部分があるタイプの家具には
特に人が集まっていたように思います。

さらにコンパニオンなど付けて家具の稼動部の動きを
マイクで説明していようものならこれまたすごい
人だかりになっていました。

まあ、確かにじっと置かれているだけの家具より
動きのある家具のほうが自然に目が行ってしまいます。


私はこの様子を見ていていつも結婚のことを
連想してしまいます。

こういうこと聞いたことありませんか。
あの人はノリがよくておもしろい人なんだけど
結婚はちょっと・・・


展示会で人が集まっている家具もそういった要素が
あるように思うんです。

見ている分には楽しくていいけど、実際に買って
使うとなると・・・って感じで。


ですので、開発している商品が周囲の目を引いているから
といって、この商品は優れていると勘違いすることが
一番怖いことだと思います。

人は奇抜さに最も反応し目を向けてしまいますが、
それを買って使うかはまた別の話です。

従って勘違いしたまま商品を発売しても一瞬で火は
消えていくのは必至です。


ただし、決して奇抜な商品がダメということではありません。
例えば宣伝効果など企業の戦略の上で、奇抜な商品を
目指しているのであれば、何の問題もないかと思われます。


問題なのは人が多く集まっているから売れる商品だと
勘違いしてしまうこと。

せっかく展示会に参加しても間違った情報を会社に
報告してしまうことになってしまいます。

もしかすると他人の報告はあまり当てにしてはいけないの
かもしれませんね・・・




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/12/06 21:55 ] 21世紀型の商品 | TB(0) | CM(9)

こんばんは。

私は、「面白い!家に置いときたいと言われることがありますが、そんな時に限って、男としては見られておりません(苦笑)
それはさておき(汗)
奇抜なものは、インパクトはありますし、注目される事は、大きいと思います。
ただ、kouさんの言われるように、毎日・いつもとなると、私もシンプルな物が、飽きも来ないので安心です(笑)
こういうのってスタンダードになれるかどうかにも影響あることですね。

追伸:私もそれなりに?、ブログを継続出来る様になって参りましたので、今宵より、リンクをさせて頂きますので、これからも宜しくお願い致します。

[ 2005/12/06 23:27 ] [ 編集 ]

奇抜な商品は

こんばんは。
奇抜な商品というのは、見せ筋商品といえるのでしょうね。
集客の効果が大きい。しかし、売り筋または売れ筋商品ではない。そう考えると、シンプル商品と奇抜な商品は、役割分担しているのかもしれませんね。
[ 2005/12/07 04:15 ] [ 編集 ]

お客さんにとってのベネフィット

奇抜であることが、お客さんにとってのベネフィットであるかどうかですね。

確かにそういう要素も必要なのでしょうけど・・・。

専門家として、どんな家具ショップがオススメですか?
[ 2005/12/07 12:41 ] [ 編集 ]

そうですねえ、私が好きなショップは特にここのショップがいいっていうのは思いつかないですけど、雰囲気としては和モダンな感じが好きです。
スタイリッシュな感じの中にちょっと和の風合いが溶け込んでいるみたいな。
あと照明などうまく使ってシックで落ち着いた空間を演出しているような家具ショップだったら無名の店でも思わず入ってしまいます。
[ 2005/12/07 22:47 ] [ 編集 ]

係長さんは面白いとか家に置いておきたいって言われるんですね。
いいなあ、私はおとなしくみられるこtが多いのでそういうキャラに憧れます。
ある程度の投資をして商品化する場合、やっぱりスタンダードになってずっと売れ続けてほしいですね。
あ、リンクありがとうございます!
こちらも早速リンクさせていただきました。
今後ともよろしうお願いします!
[ 2005/12/07 23:35 ] [ 編集 ]

つかささんのおっしゃるように奇抜な商品というのは見せ筋商品ですね。
自分の会社にはこんな力があるんだぞと言わんばかりの奇抜な見せ筋商品を見たこともあります。
お金をかけず無理した奇抜さではなくて本物の奇抜さを感じさせる商品だったのでそれはそれで感動するものがありましたよ。
[ 2005/12/07 23:40 ] [ 編集 ]

$先生の代理人です!
応援クリックです(あせ)
[ 2005/12/08 00:23 ] [ 編集 ]

こんばんは!
私は以前にも申し上げましたが家具ってやっぱり
長いお付き合いですから、時が経っても美が磨り減らないものが好みです。
家具選びは生き方選びですからとっても重要だと思います♪
[ 2005/12/11 01:25 ] [ 編集 ]

そうですね、いつの時代でも色あせない家具がいいですね。
家具選びは生き方選び。
いい表現ですね。
キャッチフレーズに使わせていただこうかな~。
[ 2005/12/11 22:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/79-cbd99430







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。