T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パイオニアの転落から学んだこと

パイオニアが苦戦しているようです。

デジタル家電負け組が明らかになり、業績不振で
2トップ引責退任とのことです。

競合メーカーに対抗すべくプラズマテレビへの巨額の
設備投資したにもかかわらず、急激な価格下落に追従することが
できなくなったことが主たる原因のようです。





私が大学卒業した頃だったと思いますが、当時のパイオニアは
経営不振で大胆なリストラを断行していたように記憶しています。

そして気がつけば、世界初のプラズマディスプレイを開発し、
DVDの先駆者として復活しているなあって思っていました。

そんな高い技術を持ったパイオニアが、なぜデジタル革命の中、
他社を抑えて抜け出すことができず、負け組みに転落したのでしょうか。


結局のところプラズマテレビ自体が私たち消費者からすれば、
テレビからテレビゲームのような新しい価値を生み出すほどの
商品ではなかったと思われます。

薄型になったということ以外は変わりのなくテレビは
テレビだったということでしょうか。

もちろん、薄型を可能にした裏側には高い技術が
存在しているとは思いますが、多くの消費者はそんなところは
気に留めないのが現実であり。

従ってパイオニアはプラズマテレビの先駆者といっても顧客が
本当に望む新しい価値を創造したわけではなかった。

そのパイオニアが、松下電器、東芝、ソニーなど数多くの
大手がひしめく中、巨額の設備投資をしてまでも攻勢をかけたのが
失敗の原因だったのではないかと思います。

特に今はメーカー淘汰の時代でもあるわけで、規模の小さな
メーカーが巨額の設備投資をすることは会社の存亡に
直接つながることです。


もしプラズマテレビがテレビという枠を抜け出したまったく
新しい商品であったならば、パイオニアは本当の意味の
先駆者として抜け出していたかもしれない気がします。

新商品を他社に先駆けて開発しながら撤退を余儀なくされる
運命を思うパイオニアの企画開発者のことを思うと
複雑な気持ちになります。


このパイオニアの失敗から学ぶことは、大手がひしめく業界で、
新しい技術を有した商品を開発しても顧客が新しい価値創造と
認識しない限り、従来品の枠の中の商品に過ぎないということです。

一気に攻勢をかけてよいのは、10年先を想像して本当に
顧客の望む新しい価値を創出できる絶対の自信がある場合
のみだと思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/11/28 22:41 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(9)

こんばんは。

いかに優れた技術でも、それで何が出来るのか、どう使えるのか、市場は中身に詰まってる技術ではなく、外側の効用・興味が大きいですね。
そこから同じ土俵で競合していけば、体力勝負は避けられませんし、他の業界の事ながら、自分の業界に当てはめて考えてしまいますね(汗)
難しいですね。
[ 2005/11/30 00:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2005/11/30 22:31 ] [ 編集 ]

そうですね。
多くのユーザーの気持ちを引き寄せるには、中身より外側が大切かもしれないと思います。
もちろん、中身もおろそかにしていいというわけではないですけど。
その点、シャープの液晶テレビはうまく世間に広めたなあって思います。
CMでは液晶テレビを使っている空間全体のイメージを全面に押し出していました。
それに、液晶が環境に優しい技術であるということも繰り返しPRしたこと。
液晶テレビを買うことで地球環境に貢献できるイメージを見事に作り上げたように思います。
パイオニアもそこまで外側の価値を創出していれば勝機があったのかもしれないですね。
でも、私は同じ薄型テレビでも、プラズマテレビより、絶対液晶テレビ派です。(笑)
[ 2005/11/30 23:15 ] [ 編集 ]

生活者インサイト

消費者の”心のホットボタン”を掴んでいなかったんでしょうね。

何が消費者にとってベネフィットなのか、この見極めは本当に難しいものです。

”ポチッ”と応援です!
[ 2005/12/06 01:17 ] [ 編集 ]

心のホットボタンですか。
そうですね。
パイオニアはきっとそこまで考えていなかったのかもしれませんね。
[ 2005/12/06 22:54 ] [ 編集 ]

はじめまして。
いつも楽しく拝読しています。

>薄型になったということ以外は変わりのなくテレビはテレビだったということでしょうか。

DVDレコーダもしかり、これは至言ですね。。

負け組みの電機に共通するのは、
いわゆる”付加価値”の付いた”高級家電”で勝負したところだと思います。
(シャープの液晶は例外に見えるかもしれませんが、あれは先行者利益です。いずれ利益は逓減し始めます)
結局、”付加価値”では”コスト”に勝てないのでしょうね。。
松下あたりはとっくにそのことに気付いて、プラズマで一大攻勢を仕掛けてきていますね。
[ 2005/12/07 10:09 ] [ 編集 ]

へなちょこ技術者さん、ありがとうございます。
へなちょこと呼んでしまっていいのかな。(笑)

確かにシャープは液晶では先行しているからその強みはありますね。
付加価値はコストに勝てない、ほんとそういう事例が多いですね。
パイオニアも商品価格の下落にコストダウンの技術がついていけなかったわけで。

私は家具業界なのですが、この業界は成熟産業です。
今の液晶やプラズマみたいな新技術を取り入れるほど革新的な変化はほとんどありません。
でもきっとずっと昔は家具も液晶やプラズマみたいに新しい素材など革新的に変化をとげた時もあったんだろうなって思います。

そういった技術革新の過渡期に規模の小さなメーカーは急いで攻勢をかけてはいけないように思いますね。
大手メーカーの反撃にあって体力勝負でつぶされてしまうのは目に見えますからね。

攻勢をかけるのであれば、その商品が過渡期を過ぎて成熟した頃。
その時は商品の価格も落ち着いているだろうし、そこからゆっくりと生産体制を整えれば、オリジナルの付加価値も有効なってくるんじゃないかなって思います。
[ 2005/12/07 23:20 ] [ 編集 ]

>そういった技術革新の過渡期に規模の小さなメーカーは急いで攻勢をかけてはいけないように思いますね。
>大手メーカーの反撃にあって体力勝負でつぶされてしまうのは目に見えますからね。

規模の小さなメーカー => 十社以上が乱立する国内電機
大手メーカー => サムスン、インテル等々

こう置き換えると、現在の過当競争の本質を言い当てていることがわかりますね。。。
やっぱり再編しかないんでしょうかね。。

>攻勢をかけるのであれば、その商品が過渡期を過ぎて成熟した頃。
>その時は商品の価格も落ち着いているだろうし、そこからゆっくりと生産体制を整えれば、オリジナルの付加価値も有効なってくるんじゃないかなって思います。

確かに掃除機のダイソンのようなケースがありますね。

電機業界も過渡期を経た成熟産業に学ぶべき時期に来ているのかもしれません。。
[ 2005/12/09 11:04 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。
そういえば国内だけではなくて海外メーカーの驚異もありますね。
そんな驚異に打ち勝つためには国内大手メーカー同士が吸収合併しないといけなくなるような気がします。
国内メーカーでも規模の小さなところは、莫大な投資が必要な技術に飛びついて依存せず、地道にいくべきだと思います。
成熟した商品でもデザインや機能を変えたり、売り方を変えたりいろいろとできることは必ずあります。
そうした地道な努力がブランド力を高めると思うんです。
[ 2005/12/10 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/76-d3bd4333







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。