T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロングセラーの条件

即席めん上場大手3社の05年9月中間は、市場が伸び悩む中で
定番回帰の傾向が強まり、強力なブランドを持つ日清食品
東洋水産の上位2社が増収増益を確保したとのことです。

私は日清食品の即席めんをよく食べます。
大体はカップヌードルチキンラーメンどん兵衛
3つばかりを食べているように思います。

考えてみれば、この3つの即席めんは私が幼い頃からあります。
間違いなくロングセラー商品です。

今でも主力商品としてコンビニやスーパーに堂々と
陳列されているというのは何気にすごいことですよね。

それにしてもこれほどのロングセラー商品になった条件とは
何だったのでしょうか。





私は以下の2つに尽きるのではないかと思います。

・シンプルで飽きのこない味と庶民的な価格を追求したこと。

・自社のメインの商品だという意識を全社員に浸透させたこと。


たった2つの条件ですが、それが長年に渡って会社を
支え続ける商品を生み出したわけですから、裏には血の
にじむような努力があったことが想像されます。


ロングセラー商品になるためには、多くの人に長年愛される
ことが必要になります。

従って、個性の強い商品より、シンプルな商品のほうが良い。

シンプルな商品はインパクト面では若干弱さを感じますが、
アレンジしやすく、同じ商品で幅を持たせることができます。

例えば、基本の味にカレー味、とんこつ味などスープに
違いを持たせるような。

これが、最初から強い個性を持たせてしまうと、
アレンジすることが難しくなり、それだけで完結してしまう。

しかし、シンプルっていうのはある意味、最も実現が
難しいという気がします。

派手さや奇抜さを抜きにして、控えめでいて存在感のある
という一種の個性を出さないといけないのですから。


そしてそのシンプルで飽きがこない味を庶民的な価格に
設定できるような原価に近づけていく。

味すなわち商品価値と買い求めやすい価格を絶妙な
バランスで設定する。

数値で測れない感覚的な判断に委ねるところもあり、
これがまた難しい。

単に安くして、どこかに苦しいしわ寄せがくるようでは
長続きしない。

あくまで適正価格の範囲内で設定しないといけません。
この場合の適正価格とは生産から販売に関わるすべての
部門で無理がなく儲けが出る価格のことです。

最後に忘れてはいけないことは、その商品は自社を支えていく
主力商品になることを全社員の意識に浸透しているかどうかが
重要なポイントとなります。

浸透させるといっても単純にメールで全社に通知するだけでは
あまり意味がないとです。

大切なのは商品に込められた熱い思いが社員一人一人の心に
浸透すること。

製販一体、社員一丸となってこの商品で儲けていくんだ!
っていう気持ちになれば、すごいエネルギーが発揮されるんです。

どうすればもっと商品がよく鳴る、どうすればもっと効率よく
生産できる、どうすればもっとお客様に喜んで買ってもらえる。

1つの商品について、全社の各部門がアイデアを出し合うことで、
さらに商品力、生産力、販売力が向上します。

もちろん、勝手に浸透していくわけではありません。

やはり、企画開発段階から、その商品を製造販売すれば、
全社の各部門にどのようなメリットをもたらすのか考慮して
おかなければいけません。

それを会議や展示会などでゆっくり時間をかけて理解を
促す必要があります。

以上のことが、ロングセラー商品になる要因ではないでしょうか。
ロングセラー商品はひらめきや思いつきですぐに誕生するものでは
ないと思います。

多くの意見を吸収し進化を遂げて完成した商品をみんなで
盛り上げていく。
それには時間がかかります。

しかし、ただ時間をかければいいというものでもありません。
時間をかけすぎたために、モチベーションが下がってしまうこともあります。

大きなエネルギーが蓄積されたタイミングを逃さずに
1つ1つ決断していく勇気も大切だと思います。

またロングセラー商品は大企業の特権ではなく、
どの企業にも同じチャンスがあると私は思っています。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/11/16 23:14 ] 21世紀型の商品 | TB(0) | CM(4)

こんばんは。

ロングセラー=飽きのこない
永く愛されると言う事は、奇抜ではない、シンプルなイメージが強くあります。
白いご飯しかり、卵焼きしかり、今のように、流行り廃りの多い、世の中で、スタンダードとは、とても素晴らしい物であり、決して簡単ではない事、思います。
私も営業のスタンダード目指してます(笑)
[ 2005/11/17 22:32 ] [ 編集 ]

「世界一おいしい焼きそばは??」
って聞かれたら日清焼きそばUFOってマジ答えちゃいますよ♪
[ 2005/11/18 00:41 ] [ 編集 ]

飽きのこないシンプルさ、
しかも他とは一味何かが違うというところも必要だとすると
簡単なことじゃありませんね。
[ 2005/11/18 13:11 ] [ 編集 ]

係長さん

そうですね。
業界にはそれぞれのスタンダードな素晴らしい商品がありますね。
そんな商品を目指していきたいです。


ヒデさん

日清焼きそばUFOも美味しいですね。
これもロングセラーですね。
最近食べていなかったので忘れていましたけど、また買ってみようかな。


つかささん

そうですね。簡単なことではないと思います。
シンプルな路線で勝負するというのはある意味最も険しい道だという気がします。
[ 2005/11/19 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/72-7531ac4b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。