T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPodがシェア50%超える

アップルiPodが、音楽配信サービスの開始や相次ぐ
新製品投入でライバルを突き放し、シェア50%を超えました。

iPodとは同社が開発したポータブルプミュージックレーヤーで、
特徴としてパソコンを通してiPod本体に音楽を入れてやることに
よってMDやCDのようにディスク入れ替えの必用がなくなりました。

パソコン機能を備えたウォークマンといったところでしょうか。

ソニーなど国内メーカーが追撃していますが、iPodの勢いは
さらに増し、50%を超える圧倒的なシェアを獲得しました。

この商品が大ヒットしたのは、ユーザーが望む機能が
他社商品より圧倒的に上回ったことによるものだと思います。





低価格やシンプルなデザインがうけたという側面もありますが、
そういったことよりも他社との差別化された機能面が突出して
いることではないかと思います。

突出した機能。

それはこれまでのようにMDやCDに録音して入れ替える必要が
なくなったという機能でしょうか。

また小さくて薄いデザインが良いという評価もされていますが、
これもデザインというより小型化された筐体のという機能一種と
とらえることができます。

この商品を開発したアップルはもともとパソコンメーカーであり、
ソニーなどの独壇場であった音響機器で猛威を振るっているのは
何か違和感があるような気がします。

やはり、長年音響機器を手掛けてきたメーカーの商品ほうが、
餅は餅屋で考えても正直なところ違和感なくしっくりきます。

しかしながら、ユーザーの望む圧倒的な機能を備えた新商品を開発し、
一気に攻勢をかけることで、そういった違和感という壁をも
突き破ってしまうんですね。

実際、私は違和感を抱きながらもiPodにどこか魅力を感じています。

今後、様々なメーカーがアップルに奪われた過半数のシェアを
奪還すべく新商品を投入するものと思われますが、多くのユーザーに
強烈に印象付けたアップルのiPodの勢いはしばらく続きそうですね。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/11/04 22:53 ] 企業から学ぶ | TB(1) | CM(2)

アップルが復活って感じですね。
[ 2005/11/05 09:45 ] [ 編集 ]

そうですね。
メーカーは強力な商品1つあれば一気に飛躍しますね。
[ 2005/11/08 23:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/68-dac277f1


~充電を長く持たせる!~iPodの正しい使い方

今日iPodを修理に出すと、iPodが新しくなって帰ってきた。 友達から聞いてい
[2005/11/05 22:11] URL showtime 1.5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。