T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

取り込み詐欺に注意

最近ですが「取り込み詐欺」なるものに遭いかけました。

振り込め詐欺というのは聞くけど、取り込み詐欺って何??と思う人も多いのではないでしょうか。
正直、私も今回初めて知りました。

今思うと非常に危険な状況だったと思います。

取り込み詐欺とは、たとえばある会社などが後払いを条件に
商品を注文して、商品だけを受け取って、結局代金は支払わず、
その商品は激安ショップなどのルートに転売してしまうというものです。

後払いにしなきゃそんな目に遭わなくて済むのでは、と思うでしょう。
確かにそのとおりです。
私自身、個人のお客様で後払いを一部認めていた時期があり、
注文後未払いのままになって結局回収できず手痛い目に遭いました。
そのため、その後は個人のお客様には基本的には先払いにしています。
それ以降は当然ながら未払いの被害には遭っていません。

ただ、問題は相手が会社の場合です。
会社の場合、取引条件ではたとえば月末締め翌月末払いといった
後払いというのが普通にあります。
有名なテレビ局や出版社などは2、3か月先の支払いなどもあり、
中には現金ではなく、手形で半年先の支払いという形も普通にあります。
もちろん、そういった強気の支払い条件を設定している会社は誰もが
知っている有名な会社という場合が比較的多いです。

実際、私も今取引している会社の中には、最初から月末締め翌月末払い
といった支払い条件を設定されてしまっていたこともありました。
その場合、こちらが最初は先払いをお願いしたいと伝えてもなかなか
融通が利かず、渋々それに従って取引を始めたこともあります。
有名な会社や大きな会社は大体強気なことが多いです。

幸い3年以上トラブルもなく済んでいるので、おそらく大丈夫かと思います。
最悪な場合でも月の取引額がさほど多くないので致命的なダメージを受けるには
至らないということで、とりあえず、ずっとその取引条件のままで取引しています。

そのように会社が相手の場合は、有無を言わさず、後払いの条件で取引を
迫られることがあります。
もちろん、その条件が飲めなければ取引できない場合もあります。

納得できない場合、断ればよいだけなのですが、特に、事業が成長過程で
取引が一つでも欲しい時は、内心どうしてもその条件を飲まざるを得ない
気持ちになります。

ただ、そこが取り込み詐欺を招く弱みになるわけですね。

最近、私自身が遭いかけた取り込み詐欺もまさにそれでした。

取引を希望するメールをしてきた担当者も普通の感じで、しかも
まずは商品サンプルを送ってといういつもの流れでした。
担当者の話の中で、多少、取引後の商品の扱い内容にあいまいで
不透明な部分は残っていましたが、2年ほど前に立ち上げた新しい
事業の柱にしていきたいとのことで、今の段階は試行錯誤されて
おられるのかな、という解釈をしました。

相手の会社のHPを見ても普通の会社という感じで、特に疑うところも
ありませんでした。
しかし、初回の注文の数量が予想をはるかに上回っていました。
小規模である私の事業レベルを考えるとその1回の取引で1か月分ほどの
売上になるといったものでした。

とはいっても相手は比較的大きな会社でもあるようだったので
そのくらいに取引量は相手からすると普通だろうなという思いもありました。
この取引を始めれば、製造や納品に追われて忙しくなるが、事業は今よりも
もっと安定するかもしれないという気持ちが芽生えていました。

一方で、相手の会社は月末締め翌月末払いという取引条件を微塵も動かさない
雰囲気があり、その点については自分の中の警戒レベルも最高潮に達していました。

ですので、再度、担当者に商品の取り扱い内容などについても、尋ねて
みたところ、やはりあいまいで不透明な感じがありました。

とはいっても、正直なところ、まだ取引先は他にも欲しい状況ですので
リスクはあるけど、疑い過ぎてもいけない思いもあり、請け負ってみようかなと
いう気持ちが半分占めていました。

その時点では取り込み詐欺というものを知らなかったというのもあります。

しかし、直感的に何か分からないような引っ掛かりがあったので、
もう一度その会社のことをよくネットで調べてみることにしました。
一見、特にどこにも悪い噂なども目につかなかったのですが、
さらに調べていくと、その会社から同様の手口で、詐欺を疑うような
営業をされた、という書き込みをみつけました。

そこでようやく私は、その会社の取引はおそらく取り込み詐欺であると
知ることができました。
やんわりと注文を断る連絡をしたところ、返事すらありませんでした。
やはり、という感じです。
本当にギリギリのところで取り込み詐欺を回避できた感じです。

もし、そのまま注文を請け負ってしまっていたとしたら・・・
短期間で大量の商品を必死で製造して納品、しかし商品は激安ショップの
ようなルートに転売されてされてしまっていたことだと思います。
もちろん、代金もあれこれ理由をつけて支払われず、となっていたことでしょう。
代金は支払われない上に、商品は粗雑に扱われ、ブランドイメージも損なわれ、
本当に何一つ良いことはなく、散々な結果を招いていただろうと思われます。

また、取り込み詐欺では、最初は少額の取引で普通に代金を支払って
信用させておいて、次第に大きな金額の取引を行ない、そこで一気に同様の
詐欺を働くというケースもあるようです。
さらにもう少し巧妙になると、納期を設定して焦らすことで、詐欺の取引に
踏み込ませるといったことも考えられますね。

今回は本当に良い経験になりました。

ギリギリのところで未然に防ぐことができたので、良い経験で済みましたが
下手をすると築き上げてきたものを一瞬で失う致命傷を負うところでしたので
自分の無知、そして欲に流された気持ちがあったことを反省するばかりです。

同じようにネットショップを運営している皆さんも本当にこの
取り込み詐欺、またあらゆる詐欺に警戒してくださいね。
ちょっとでも、何か変だな?と思ったら、焦らず一旦話を中断して
絶対にそれ以上、進めないようにしてください。
危険回避もネットショップ運営での大事な能力だと思います。
[ 2018/04/23 15:16 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/661-7f98a416