T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ANA機が部品脱落で緊急着陸

29日午後4時50分ごろ、鹿児島発羽田行き全日空628便が
高知県沖の太平洋上を飛行中、右翼エンジンの異常振動を示す
計器が反応したため、同機は右翼エンジンを止めて
左翼エンジンだけで航行し、約20分後、大阪空港に緊急着陸した。

けが人はなかったそうですが、全日空が点検したところ、
長さ約1メートル、直径70センチ、重さ14キロの部品が
脱落していたとのことです。

14キロの部品が落下。
鉄アレイで考えても14キロというとかなりの重量です。
こんなものが空から落ちてきて直撃したら即死ですよ。

日本航空は同様の事故をよく起こしているのに対して、
全日空は比較的安心だというイメージがありましたが、
ここ最近、全日空でも目立ち始めています。

企業体質だけでなく飛行機の機体自体に問題があるのでしょうか。


■関連記事
「日航タイヤ脱落事故」
「日航ジャンボ機墜落事故から20年」





部品落下事故は幸いにして大きな事故につながらなかったので、
なんとなく見過ごされがちな感じがしますが、部品の大小関わらず、
かなりの高度から落下し人に直撃すれば死に至らしめるために
充分な凶器になります。

飛行機の落下はもちろん、部品の落下も許されてはいけないことだと
思うんです。

これほど部品落下事故が起こるというのは、航空業界全体において
機体がすべて老朽化しているのではないでしょうか。

専門家ではないから分からないですが、そろそろ機体を新しいものに
交換する時期が既に来ているんではないかという気がします。

しかしながら、航空業界もコスト削減に必死で、新しい機体を
購入する余裕はなく古い機体をできるだけ長く引っ張って
使いたい事情があるのではないかという疑いを持ってしまうのは
私だけでしょうか。

もしそうであるならば、大きな事故が起こる可能性は高い。
航空業界での不良は、私の働く家具業界での不良とは違い、
即人命に関わります。

ですので、この小さな事故が起こっている間に原因を突き止め
絶対に食い止めないといけない。

最近日本航空を中心に航空業界で事故が度々起こる度、
国土交通省から点検命令が出ているにも関わらず同様の事故が
起きていることを私たちは見過ごしてはいけない。

私は以前から言い続けていることですが、国土交通省にも
責任があると自覚してもらいたい。

何度も同様の事故が起きていながら、点検命令を出すだけという
あまりに怠惰に思えるんです。
そんなことでは根本的な解決には至らず事故は防げない。

企業の利益を損なっても、利用者から批判があっても
国土交通省は人々の安全を最優先のために、業務停止命令を
断行し完璧に原因究明と対策を実施する必要があると思うんです。

それが我々の税金で安全を守る役割を担った機関としての
責任だと思うんです。

企業はどうしても利益優先で不具合はできるだけ隠そうとする
傾向があります。
それを監視し安全な方向に処置をとるのが国の機関ではないでしょうか。

航空、鉄道など交通に関する業界においてそれをすべきなのは国土交通省。
口先だけ、その場だけではなく、根本的な解決に向けた監視と対策を
行なうべきだ思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/10/30 20:28 ] 社会から学ぶ | TB(0) | CM(2)

確かに自己が多いですものね。
企業体質や人の問題ではなく、
製品の問題も疑ってみる価値はありますね。
[ 2005/11/01 13:12 ] [ 編集 ]

小さな事故は大きな事故への警告だと思います。
鉄道、航空会社、原子力発電所など人の多くの命を
預かる企業や関係する役所は互いに責任を
押し付けあうことなく事故の根本解決と安全向上に
努めていただきたいと願いますね。
[ 2005/11/03 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/66-5cd86bbf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。