T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

ポケモンGOの大ヒットに見る任天堂の矛盾と葛藤

ポケモンGOが世界中で大ヒットして社会現象にもなっています。
7月22日には日本でも配信が始まり、毎日のようにその話題を耳にします。

ポケモンGOとは外出して行なうスマホの体験型ゲームアプリ。
スマホのGPS機能で位置情報により、その場所に行けばスマホ画面上で
ポケモンが出現して、それを集めていく(捕獲する?)といったゲームのようです。

ゲームをしない私にとってはわざわざ外出してまで、画面上でポケモンを集めたいかなと
不思議に思うのですが、ゲームに意味を考える私自身がだめなのかもしれないですね。
ゲームは立派な娯楽の一つですからね。

今回ポケモンGOの大ヒットの理由としては、やはりスマホのGPS機能を使った
体験型ゲームであること、それにポケモンという長年実績のある人気キャラを
用いたことが見事に世間のニーズにマッチしたということだと思います。
実はポケモンのピカチュウ、個人的に結構好きなんです。(笑)
やはり長年の人気キャラは強いですね。
たとえば、キティちゃんであったり、スヌーピーであったり、長年の人気キャラは
それがゲームの画面に出てくるだけでも癒されて嬉しいですし、使いたくなる
気持ちも分かる気がします。

それにしても、外出してゲームをするという発想はそれまでのゲームのイメージとは
まったく違いますね。
昨年に亡くなった任天堂の岩田前社長は、家の中にでゲームしている子供たちが
ポケモンGOで外に出て遊ぶきっかけになってくれれば、といったことを
生前に話していたようです。
そのポケモンGOが大ヒット。
岩田前社長も天国できっと喜んでおられることに思います。

ただ、ここに矛盾を感じてしまうのは私だけでしょうか。
任天堂は30年ほど前にファミリーコンピュータを開発して、
それまで外で遊んでいた子供を家の中に引き戻しました。
「皆、外で遊んでいないで早く家に帰ってファミリーコンピュータの
前に集まれー!」と言わんばかりの大ヒットとなりました。
当時、私も子供でしたが、まさに家の中に同級生がたくさん集まり、
毎日のようにファミリーコンピュータでワイワイと盛り上がっていた
光景を思い出します。

その後も任天堂は家の中で楽しめるゲームを開発し続けて業界を
牽引してきました。
その任天堂が30年以上経った今、逆に家の外に引っ張り出そうという
ゲームの開発に携わったわけです。
これまで「家の中でゲーム専用機で遊びましょう」と言ってきた任天堂が
一転して「家のゲーム専用機の前から離れて外で遊びましょう」と言う・・・
私はどうしても、そこに矛盾を感じてしまいます。

それはさておき。
このポケモンGOが予想外の世界中での大ヒットにより、任天堂の株価も高騰しました。
しかし、その数日後には、急落。

その原因は「ポケモンGOによる収益への影響は限定的」という控えめというか
後ろ向きな任天堂の発言によるところが大きいようです。

そもそも、ポケモンGOは任天堂が配信しているアプリではありません。
開発主体は、あくまで米グーグルから独立した米ゲーム企業の
「ナイアンティック」社と「ポケモン」社になります。
ポケモンは任天堂が32%出資する関連会社ではありますが、任天堂がポケモンGOで
手にする収益は、開発運営協力費やキャラクターのライセンス料の一部に過ぎません。
任天堂が単独で開発して配信しているような印象も受けますが実は違いますね。

そのため、任天堂はこの歴史的大ヒットでも控えめな発言をしたようにも思われますが・・・

私はここに任天堂の葛藤に悩む姿をみてしまいます。
というのは、ライセンス料の一部しか任天堂に入らなかったとしても、
これだけの大ヒットとなれば、その額も相当なものとなります。
なにより、プロジェクトとして大成功し、一時的であっても株価が急激に上がり
再び任天堂の名前が世界中に知れ渡ったわけです。
普通に考えたら、喜びしかないはずです。

にもかかわらず、任天堂は非常に控えめで後ろ向きな発言。
テンションが低めというか。
これは、任天堂として本当に手放しで喜べない本音からくるものと思われます。
つまり、この成功は、任天堂自身が本来望んでいる形ではない、と思っている
可能性が高いということです。

任天堂はもともとスマホゲームの分野への参入には慎重でした。
同業者が続々とその分野に参入している中、任天堂だけは、参入しませんでした。
しかし、2015年3月にはDeNAとの業務・資本提携を発表し、スマートフォンや
タブレットなどスマートデバイスも、全社的な戦略のなかで活用してゆく方針に
舵を切り、参入していくことになりました。
スマホゲームが予想以上に流行してさすがの任天堂も時代の流れには
逆らうことができなかったものと思われます。
今回のポケモンGOもスマホゲームへの参入の一環ということですね。

そのように任天堂として、スマホゲームのアプリ開発にも乗り出したわけですが・・・
おそらく社内的には、いまだ慎重姿勢の勢力が根強く残っているものと思われます。
時代の流れとして、スマホゲームの参入してアプリを開発せざるを得なくなったものの、
それは本来自分たちの目指すべき道ではない、本来はやはりゲーム専用機を軸とした
開発が中心であるべき、という思いが社内に強く残っていると察せられます。

スマホゲームのアプリで成功しても肝心のゲーム専用機の開発ではいまだ復調の
気配を実感することができていないもどかしさに悩んでいるのではないでしょうか。
そのため、今回のポケモンGOの大ヒットでも、手放しでは喜べないというわけです。

成功しているのに喜ぶことができないというのはぜいたくな悩みですが
売れれば何でもよし、としない任天堂の社内で受け継がれてきた方針への
こだわりであると思われます。
それは任天堂の企業としての存在意義でもある部分ですので、とても
大事なことではあると思います。

任天堂はもともと花札を製造していたメーカーだけあって、やはり
ゲームメーカーとして成長した今も、どこか玩具としてのゲームメーカー
というイメージが残っています。

任天堂と同様にゲーム専用機を開発している大手には他に、ソニーと
マイクロソフトがありますが、それら3社は見事にイメージが分かれますね。

任天堂は「玩具」としてのゲームメーカー
ソニーは「AV機器」としてのゲームメーカー
マイクロソフトは「PCソフト」としてのゲームメーカー

もちろん、3社ともゲーム専用機を有するゲームメーカーですが、
大雑把なイメージではそのように分かれるように思います。
任天堂は、他の2社に比べて、子供から大人まで楽しめる玩具として
その本体であるゲーム専用機に最もこだわりを強く持っていると思われます。
任天堂のビジネスにはゲーム専用機が不可欠といってよいのかもしれません。
それだけにどうしてもアプリよりゲーム専用機をヒットさせたいのでしょうね。

その中で、予想外にスマホゲームのポケモンGOが歴史的大ヒット。
これが大ヒットするということは、スマホの利用者が増え、これまで開発した
ゲーム専用機はスマホにますますシェアを奪われてしまうことになります。
変な表現かもしれないですが、敵(スマホ)を応援しているようでもあります。
スマホゲームの分野で思わず大成功してしまったことで、今、開発中の
ゲーム専用機もこのまま開発を続けてよいものかどうか迷いも生じそうです。
そう考えると、ポケモンGOの大ヒットはなんとも皮肉な結果であり、
その現状に強い懸念を抱いているというのが任天堂の胸の内なのかも
しれません。

おそらく今、任天堂社内では喜びと悩みが入り乱れて、どうしてよいのか
分からなくなって意見が割れてしまっているのではないでしょうか。

今回のポケモンGOの大ヒットを受けて、任天堂はどう動いていくのか。
こうなると新しいゲーム専用機として、独自のスマホを開発して
普及させていく可能性もありそうですね。
ポケモンGOを楽しめる任天堂独自のゲーム対応型スマホといった感じでしょうか。
そうなれば、先述の岩田前社長の発言から感じる矛盾もかなり軽減されて
ポケモンGOの大ヒットも普通に喜ぶこともできるのかもしれません。
しかし、スマホの開発となれば、そのための開発要員が必要となるので
少数精鋭の任天堂の規模からすると、意思決定だけでもかなりの時間が
かかりそうです。
そもそもスマホの開発となるとゲーム会社の域を超えそうでもあるので
簡単なことではないのでしょうね。

いずれにしても任天堂は今回の成功をあまり喜ばず、依然として慎重姿勢を
貫きながら、これまでどおりゲーム専用機とそのソフトおよびキャラクターの
知的財産の活用を軸にして堅実に開発を進めていくのではないかと思います。
[ 2016/07/26 16:18 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/650-816393e2