T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三年寝太郎

日本の昔話で印象に残っている一つに「三年寝太郎」という
話があります。
文字通り、3年間寝ていた男の話です。(笑)
でも単に寝ていたということではないんです。
どういうことかというと・・・

旱魃(かんばつ)に見舞われた村に、寝太郎という男がいて
3年間寝てばかりで、村人から白い目で見られていたのですが
3年後に突然起きだして、山に登って岩を動かし、農地に水が
行くように灌漑(かんがい)を行なって、一気に村を旱魃から
救ったという話です。

寝太郎は3年間、寝ていただけではなく、その灌漑の案を
ずっと考えていたわけです。

この話がどうして印象に残っていたのか、最近分かりました。
起業する人にとても大事な要素が含まれるためです。

起業する前や起業した当初に、とにかく動き回る人がいます。
行動力があって素晴らしいことなのですが、動き回ればよい
ということでもありません。

寝太郎のように3年寝続けるのは行きすぎですけど、
その時期は、動かず静かに考える時間のほうが大事だったりします。

というのは、とにかく事業が安定した利益を生み出す形に
完成するためには、それなりの年月がかかるためです。

その期間には、へたに動き過ぎると、かえって無駄な労力やコストを
消費してしまうだけ、ということになりかねません。

そんな無駄をするくらいなら、寝ているほうがましということです。
もちろん、寝ながら考える、ということですけどね。

しっかりと、事業のベストな形が決まるまで考えに考えて
頭の中で作り上げていく。
動くのはそれからで良いわけです。

実は頭の中でのこの作業こそが、将来、安定した稼ぎを生み出し
続ける事業に完成させるために最も有効な時間になります。

私自身も、焦って動かないと不安になることもありましたが
その時に動いたことがプラスになったかというと、むしろ
無駄だったことのほうが多かったかもしれないです。

三年寝太郎のように寝ながら考えていたほうが無駄な経費も
使わないし、より大きなことを成し遂げることも可能にでき、
長い目でみるとはるかに効率が良いといえます。

起業する前の人、起業したばかりの人は、勢いよく動くことで
仕事をしているような気分になることもありますが、それは
事業がしっかり完成してからすべきことです。

誰よりも積極的に動いているのに、あまり結果が出ないで
悩んでいる人は「三年寝太郎」作戦に切り替えることを
おすすめします。
[ 2016/03/27 23:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/644-c528e6ca







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。