T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

メール便廃止後の新サービスは・・・

ヤマト運輸がメール便廃止後の新サービス詳細を発表しましたね。
以下、残念なお知らせです。(笑)

「宅急便コンパクトとネコポス」
「クロネコDM便」

予想通りというか・・・
実質的な値上げとサービス範囲縮小ということでしたね。
要はまったくもって利用者側にメリットのない変更だったということで。

内容を大雑把にみると、これまでのメール便はDM便という名の
法人限定のサービスとなり、しかも164円と2倍になったという
感じでしょうか。

一方、一般個人のお客さんにはそれすらサービスが受け
られなくなったという感じですね。
その代わりに宅急便コンパクトとネコポスというサービスを
開始するということでしょうけど、メール便と比較して
費用が高すぎで、まったく代替になっていないですね。

もう一つ大きなことはコンビニでの取り扱いがまったく
なくなってしまうことですね。

ある意味、これまでのメール便82円でのサービスが
無理な設定だったので落ち着くところに落ち着いて
しまったということかなとも思います。

メール便は本当にあたりがたサービスだったのですが。

ただ、ヤマト運輸の現場は喜んでいるようですね。
私のところに来ているドライバーもメール便がなくなって
ほっとした、ということを言っていました。
ドライバーの立場からしたらそうでしょうね。
コンビニも間違いなく喜んでいると思います。

メール便のこともそうなんですが・・・
ここ2、3年のヤマト運輸の様子が変に思います。
とにかくサービスの変更や値上げに走っているという
印象があります。
また、集荷のフリーダイヤルもどの時間もいつでも
本当につながりにくくなっています。
まったくつながらずに、渋々ドライバーの携帯に
直接電話することもあります。

電話がつながりにくいのは夕方の時間帯や年末の
忙しい時期だからなのかな、と思っていましたが
どうもそうではないようです。

本当にサービスが低下しているのを実感します。
企業として、これまでのように利益を得られなく
なっているような苦しい事情が察せられます。

そうなったのは、日本郵便(郵便局)の存在が
ありそうですね。
日本郵便のゆうパックをはじめとした各サービスが
ヤマト運輸を猛追しているのを感じます。
メール便の廃止もその影響でしょうね。

そして、そのしわ寄せが利用者に来ていますね。
ヤマト運輸は日本郵便と戦うのは良いですけど
サービス低下は勘弁してほしいです。

日本郵便は民営化してからも国に守ってもらっている感が
ありありなので、佐川急便などのライバル企業との競争とは
違っていろいろと理不尽な事情もありそうですね。
そう考えると、ヤマト運輸は気の毒にも思いますが。
まあ、郵政民営化させたのは私たち国民ですから
何も言えないですけどね。

とりあえず、ヤマト運輸だけに依頼する時代は
終わったなと思います。
今後は、うまくヤマト運輸と日本郵便の両方の
サービスを使い分けていくのがよさそうですね。
そうなると、郵便局は全局24時間営業にしないと
いけないと思うのは私だけでしょうか。
[ 2015/03/18 18:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/630-50c7f0df