T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

facebookを使わないメリット

私は2012年の春にfacebookを使い始めてから
1年半が経とうとしています。
あっという間のことに思います。

実際にfacebookを使ってみて、それを使わない
メリットがあることに気づきました。
どういうことかというと・・・






私がfacebookを始めた2012年は日本では多くの人が
それに参加して急成長していた頃だと思います。

それまではおそらくmixiをしていた人も多かったと
思いますが、それが一気にfacebookへ乗り換えの
ように多くの人が参加し出した感があります。

またSNS自体したことのない人も友人に誘われて
facebookに参加したケースも多かったのでは
ないでしょうか。

実名登録が前提のため、日本では流行らないと
言われていたfacebookですが、逆に一気に
ブレークしました。

そして1年以上経った今では・・・

どうもその動きも鈍化しているように思います。
新規の参加者が少なくなるだけであれば、
分かりますが、どうも参加してから活用する
こと自体に飽き飽きしている人が増えて
離れてしまった人も多い気がします。

実際、私もfacebook疲れのようなものを感じて
今は逆にmixiのほうを使うことが多いです。

facebookを積極的に活用していたわけでも
ないですが、他の多くのページを見ている中で
あまりにギラギラした感じに、見ていて疲れて
きたのかもしれません。

facebookは、日本では超建前のSNS。

美味しそうな料理の写真を載せたり、楽しそう
幸せそうな家族の写真、お出かけの写真を
載せたりと、どこを見ても同じような感じで
もうお腹いっぱいという気分になります。

日常を見せて友人たちと交流を深めるという
ことなのでしょうが、写真を掲載したり
書くことはいわゆるリア充な内容ばかり。

そんなに日常を見せたいのであれば、カップラーメンを
すすっているところを見せればいいんじゃないか
と思いますが、それはしないで、たまにあるリア充な
シーンだけをピックアップして載せるものだから
それはまあ、豪華でセレブな暮らしぶりだこと。

実名で参加しているためにどうしても見栄が入って
しまうのでしょうね。

それにSNSは友人たちの様子も強制的に情報が
入ってくるために、余計に負けるもんかと
リア充自慢に拍車がかかる。

facebookは別名「相互監視システム」というのを
どこかのサイトで見ましたが、まさにそうですね。

友人同士でお互いの暮らしぶりを監視して
お互いに意識しながら日記を書き、私が一番を
演出したい負けん気が、どの日記からも感じられます。

たぶん、これは日本独特なのでしょうね。

そんな日本でのfacebookには私は疲れを感じ始め
今では参加しているものの、活用頻度は極端に
少なくなっています。

ただ、今後のネットショップ運営に活用していくことを
考えると、ちょうどそれくらいが良いのではなかと思います。

というのも、誰もがfacebookに参加し出して
しかも偽?リア充な日常をさらけ出している昨今においては
控えめなほうが少数派になり、むしろ気品すら感じ、逆に
存在感が際立つのでは、ないかという気さえしています。

極端な話、たとえば今過去の同級生で考えると
facebookに参加していない人のほうが、希少価値を
感じませんか。
あの時のあいつはどうしているんだろうと。
もちろん、思い出されないままの人もいますが。

facebookで我も我もとガンガン書き込んでいる
同級生はもう今の様子は充分に分かっているので、
もうそれ以上の情報はいらないよと思いますが
facebookに参加していない同級生にはどうしている
のか知りたいなと、ある種魅力さえ感じます。
おそらく、参加しないことにより、ミステリアスで
あったりする部分がより強調されて希少価値が
高まるのでしょうね。

有名人でもほんとに有名で力のある人はfacebookや
ブログなどに参加することはしてないですよね。
参加しているのは、中途半端な人たちばかり。

また、facebookはHPやブログと異なり、誰もが参加できる
簡単なツールのために、それぞれがその操作法や特徴を
把握しています。
そのため、2000人も友人がいたり、素敵な料理の写真を
掲載している人の手の内をお互いに知っているわけです。

一般人が2000人の友人なんて明らかに不自然だし
そもそも2000人をfaebookで集めた必死な姿は
誰しも想像できてしまいます。
また、facebookに掲載している素敵な料理を写真を
必死で撮っている姿も、それをアップしている作業の
姿もすべて相手にも分かってしまうわけです。

本当にリア充の人はたぶん、そんなことに時間を
使わない人というのも薄々皆気づいているでしょうね。

そのため、今後のfacebookの活用においては
あえてfacebookに参加しないとまでは言わないですが
参加しても控えめにすることが、よりあなたの魅力を
際立たせるように思います。

何もかもさらけ出したり、見栄をはったりすることが
必ずしも、相手に良い印象で伝わっているわけではない
ということを充分に認識しておくことが大切だと思います。

実名参加のfacebookの日本での活用法はそのような
控えめな使い方が今後望まれるのではないでしょうか。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/597-fbdbce27







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。