T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

良い商社の選び方

電気製品には到底及ばないですが、家具も案外様々な部品で
構成されています。

その1つ1つの部品は自社工場で作るものと外注で
作るものがあります。

私が今開発している新商品も外注で作ってもらう予定の
部品が非常に多いです。

外注には加工業者や商社などいろいろなタイプがありますが、
この新商品の部品は商社に依頼しているのが最も多いです。

その理由は、商社は材料調達から加工・塗装まで一式で
請け負ってくれるためです。





規模はあまり大きくない当社にとっては、すべての部品を加工業者、
塗装業者など細かく分かれた業者を自社で取りまとめて部品を
安定供給させることは人員的にみて困難です。

商社は自身が窓口となってそういった細かく分かれた業者を
取りまとめて完成させて納品してくれるため、人員不足でも
安定供給が可能になります。

ただ、商社に依頼するということは、商社の取り分である
マージンが発生します。

何も考えずにただ、商社に依頼しておけば全部やってくれて
楽だというだけでは、無駄なコストがかかるだけになります。

製作を商社に依頼したほうがよいと考えられる部品は、以下の2つです。


・自社が今まで取り扱ったことのない素材や構造を持った部品。

・バリエーションの豊富さを要求された商品の部品。


こういった場合、商社の機能をフルに利用し自社の不足部分を
補うことが望ましいと思われます。


ところで、一口に商社といっても、大手商社から中小の商社など
無数にあります。

私が取引を決めた商社は中小の材料系専門商社です。

今は試作の段階なので正式な決定ではないですが、商品化を
前提にその商社で見積や試作を進めています。

最初は大手の材料系専門商社で考えていましたが、無視できない
レベルの雑さを感じたため依頼しませんでした。

見積のための仕様の打ち合わせもかなりいい加減な感じでした。

何社か大手商社を当たってすべて同じような感じだったので
営業担当者のせいではないと思います。

大手商社は例えば建築材料のような大きなものを主事業としていたので、
それが悪いということではなく、当社のような家具に使う程度の
材料とは肌が合わなかったんじゃないかと思います。

そういうことがあり、中小の材料系専門商社に依頼することに決めました。

私としてはそれが正解だったように思います。

その商社は、依頼された部品がどのように使われるか聞いた上で、
部品の種類に応じた業者を選定して、適切な材料選定、
幅広い加工技術や塗装まで非常に行き届いた対応をしてくれます。

そのおかげで、無理な形状の加工も可能となり、目標の原価も達成できました。

おそらく、大手商社だと行き詰まっていたと思います。

このように依頼する業者によって、商品の幅や価値がまったく
違ってくるということを実感しました。

従って商社選定はかなり大切になりますが、そのポイントは
自社と肌の合う商社を探すことです。

すごく感覚的な表現になってしまいましたが、自社の規模や商品など
条件によって答えが無数にあるからです。

大手商社から中小商社まで様々な商社と接触し、打ち合わせと
見積で比較してみて感触を確かめることが、自社に合った
業者選定の近道だと思います。

請負価格の安さだけに目が眩んではいけません。

加工、塗装、デリバリーについて何が得意で何が苦手なのか、
最初だけではなくてずっと細かな対応をしてくれるのかどうか、
担当者が変わっても大丈夫かどうか。

そういったことをトータルで考えると、選ぶべき商社の姿が
浮かんでくると思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/10/12 23:41 ] 外注の活用 | TB(0) | CM(2)

今日、明日と、
ある商社の営業マンたちと研修中です。
商社の役割とか、売りの部分をどうするのかって
討議してきたばかりなので、ついつい記事に入り込んでしまいました。
[ 2005/10/14 22:11 ] [ 編集 ]

おつかれさまです。
討議されているんですね。
商社の営業マンの率直な意見が聞けそうですね。
また記事楽しみにしてますね。
[ 2005/10/15 01:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/59-6ab6d5e4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。