T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

運営目的

TOP > 運営目的


ネットショップ成功分析
管理人:kou (プロフィールはこちら


運営目的

ご覧いただきましてありがとうございます。

私はネットショップで起業する前の2005年からこのブログを
スタートしまして、今ではおかげさまでネットショップ系の
ブログにおいて「老舗」と呼ばれるようになりました。

このブログでは、個人のネットショップ起業の成功のために
私が一から立ち上げて運営するネットショップ運営の中での
情報や社会や経済など世の中のあらゆる情報を元に、独自の
視点で徹底分析し、これからネットショップで起業しようとする人、
起業したばかりの人に分かりやすくお伝えしています。

「ネットショップは我が人生」

私は「ネットショップは我が人生」という覚悟でこの世界に
飛び込んで今に至っています。

まさに、ネットショップは人生そのものです。
人生論を語るつもりはまったくないですが、これまで
ネットショップを立ち上げて運営してきて思うのは
ネットショップは自分の人生の一部だということです。
安定するまでに年月を要し、安定してからも、生きていく
中でいろいろなことが起こります。
喜びであったり悲しみであったり。
私自身、自分の中にあった漠然とした不安が現実となる
こともありました。
大切な人たちとの永遠の別れもありました。
自分がネットショップで起業したことで、もしかしたら
周りを悲しませたのかと思い、もうネットショップのことは
あきらめようと思ったことも正直ありました。
あの時、こうしておけば良かったと後悔することも
たくさんありました。
しかし、時間は止まってくれることなく未来に向かいます。
自分自身も周りも歳を取っていきます。
限られた人生の時間の中で、一つ一つ成功を実現して
いくことができるかどうか、人生を賭けた挑戦です。
ネットショップ構築のテクニックも大事ですが、それ以上に
妥協せず、自分の思い描く人生も同時に構築していく
強い意思と姿勢がネットショップ起業には求められます。

このブログでは、市販の本やマニュアルでは決して知る
ことのできない真実を赤裸々に語っています。
魂の叫びでもあります。
皆さんより、少しばかり早くにネットショップ起業人生を
スタートさせた私自身の経験が、皆さんの成功のために
お役に立てば嬉しく思います。
いろいろな困難も待ち受けているかもしれませんが
自分で立ち上げたネットショップで暮らす人生ほど
自由で満たされるものは他にありません。
ぜひ一緒に、思い描いた人生を実現させましょう!

そしていつの日か・・・
このブログを通じて出会えた皆さんと美味しい酒でも一緒に
飲んで楽しく語り合える日が来ることを心から願っています。


ネットショップ成功のための考え方

このブログでは、世間でみかける「簡単に月収300万円」の
ような楽して儲かる情報ではなく、本業としてネットショップで
起業して、生計を立てるための情報に特化しています。

「楽して儲かる情報は他でお探しください」

とにかく、1日に3万円を売り上げるネットショップを完成させて
生計を立てることが最も大切だと考えています。
(1日に3万円の理由は後述しています。)
大企業のような多くの社員を支えるのではなく、自分自身や
家族の人生を支えるためのネットショップの構築です。
楽して簡単に儲かることだけを期待している方はその手の
他のサイトをおすすめします。

確かにこれまで「簡単に月収300万円」を実現させた人は
いますが、そのほとんどは時代の波に乗っただけの
一過性のものです。
ネットが普及して最初の10年(1995年から2005年)には
拓けたばかりのまっさらなネットの土壌がありました。
そこに初めてホームページ、ブログ、SNSといったものが
登場して、誰よりも早くそれらを活用して、まっさらな
土壌を開拓したことで、先行者として大きな収入を得た
人は確かにいました。
いわゆる先行者利益というものですね。
この時代には、やはり先行者がもてはやされ、ネットショップを
作成するスキルをはじめ、ブログやSNSなど新しいツールと
連動させるスキルを持っているだけで、成功できる状況でした。
おおげさかもしれないですが、今思えば、その最初の10年は
人類がネットの世界という地に初めて降り立ち、開拓した
ネット創世記だったと言えるのかもしれないですね。

「ただ、その時代はもう終わりました」

一気に時代が変わって、誰もが普通にネットの中で自分専用の
ページを持つことができるようになり、誰もがネットの住人に
なりました。
また、わずかであったネットショップも今では急増しました。
それはまるで、原始時代から何千年とかけて現在まで発展を
続けてきた人間社会そのもので、ネットの世界もリアルの世界と
同様になったと言えます。
ネットではわずか10年余りのスピードでその変化が起こった
わけですので、驚くべき速さですね。
ネット世界が現在のリアルの世界とほぼ同様にまで、早々と
追いついてしまったと言えます。

ネット創世記には、ネットショップを出店するだけでも競合が
少なかったため珍しがられ、注目を集めて先行者利益を得る
ことができましたが、今では出店するだけでは何も珍しさも
なくなりました。
もはや今後のネットの世界では、ネットショップを出店する
ことは誰でもできるため、小手先だけの手法はまったく
通用しなくなってしまったと考えられます。
もちろん、そのような状況でも独自のアイデアで切り込み、
先行者となって一時の収入を得る可能性もありますが、
ネット創世記の10年と比較すれば、その利益は非常に
小さく短期間のものになると思います。
でなんとか必死に頑張ってたとえ仮に短期間で300万円を
手に入れた人も、注いだ資金と時間を考えると、1回切りで
終われば人生も終わります。
300万円というのは大金に思えますが、比較的稼ぎの悪い
サラリーマンの年収と同じほどです。
ただ、サラリーマンが基本的にその300万円の収入が毎年続いて
いくので、もし1回きりの収入で続かなければ、1年であっという間に
追い抜かれるわけですね。
もちろん、短期間で1億円まで稼ぐことができるなら別ですが、
それが実現できる方法はほとんど博打か詐欺に近いものでしょう。
また「1億円稼ぐノウハウ」という類は、実際には1億円稼ぐために
広告費を1億円使っている可能性もあるわけですので、世間の
騙しの表現には注意をすべきだと思います。

このブログでは、そういった「簡単に月収300万円」の類の
情報ではなく、時代や状況に左右されない強いネットショップで
永続的に収入を得て生計を立てるための情報に特化しています。

「起業のノウハウは書店の本からは得ることができません」

パソコンをはじめ、エクセルやワードなどのソフトの操作には
解説書があり、誰が読んでも同じ結果を残すことができます。
しかしながら、起業の場合は解説書はなく、そのノウハウは
書店の本では得ることはできません。
起業系の本はたくさん出版されていますが、正直なところ
それに煽られて実際に突き進むと、人生を棒に振ってしまう
可能性は高いと思います。
起業は、人それぞれの人生や価値観に合わせたアドバイスが
必要になるため、市販される本などの情報では通用しません。
また、市販される起業系の本は、全国流通で多くの部数を
売りさばく必要があるため、どうしても大衆の気持ちを煽るような
内容に加工され、不都合な事実は伏せられ真の情報が隠されて
しまう傾向があります。
たとえば、ブログが流行った時代には「ブログで簡単脱サラ起業」
といった類のような、その時代に流行していることに乗じて煽る
内容が多いですね。
この手の本では、ほとんどの場合、リスクやしんどい面について
触れることがなく、あたかも誰もが簡単に成功できるような
言い回しで書かれています。
可能性がほとんどないことでも可能性があると、夢や希望を
抱かせるような表現が使われています。
そうすれば、その本が売れますからね。
ただ、それで読者が成功しようが失敗しようが、出版社には
どうでも良いことで、本が売れれば良いわけです。
私は実際に出版社で働いたことがあり、原稿執筆の経験も
ありますので、そういった舞台裏の現実は、多少なりと把握
しているつもりです。
なんとなく、出版社から出版された本は多くの編集や校正が
入って書店に並ぶのだから安心、と思ってしまいますが
起業系の本には当てはまりません。
むしろ、その編集や校正が、本来伝えるべき真実の情報を
伝えないで、本を売るための情報に変更されてしまっている
デメリットとなっていると思ったほうが良いです。
市販されるすべてのジャンルの本がそうとは限らないとは
思いますが、こと起業系の本についてはそういった現実を
把握していないと本当に人生が終わります。
書店の本を読んで、なんとなく自分はネットショップでやって
いけるかもしれないと、夢や希望を抱き、モチベーションを
高める目的で購読することは良いかもしれません。
しかし、その情報のままに突っ走ってしまうと、人生を棒に
振ってしまう可能性が高いこともしっかりと心に留めておいた
ほうが良いと思います。

「最も必要なのはありのままの生きた情報です」

このブログでは、情報を都合の良いように加工することなく
生きた情報、真の情報をお伝えします。
いわゆる「ほんとのこと」です。
私が現在も実際にネットショップ運営に取り組んでいる立場で
意味がないことは意味がない、無理なことは無理と、正直に
ありのままをお話ししています。
大企業のネットショップも同じ土俵でひしめく世界の中で
個人でどのように立ち向かっていくのか。
個人でネットショップで起業して生計を立て、安定した人生を
送りたい人に、このブログの情報がお役に立ちましたら何より
嬉しく思います。


ネットショップ起業の成功とは何か

個人のネットショップ起業の成功は何を持って成功と言えるのか
といえば、やはり30万円以上の収入を毎月平均して得られることで
あると私は思います。
これは個人事業すべてに言えることで特別なものでもありません。
その収入があれば、サラリーマンの収入と同様に家族を養うことが
できるレベルであるというのはなんとなく想像できるかと思います。

もちろん、お金と同様に大事なことは、自分の好きなこと得意な
ことで運営し続けることのできるネットショップを構築することも
欠かせません。
もしお金の面では目標を達成していても、それが自分の思う
仕事内容と大きくかけ離れるものであれば、人生疲れてしまって
続けることはできないでしょう。

そのことも忘れてはいけないとして、とりあえずは金額面では
月収30万円以上の収入を毎月平均して得るということが
具体的な目標となるかと思います。

その月収30万円を得るには30万円売り上げれば良いのだなと
思ったとしたらそれは間違いです。

売上=収入ではありません。
一般的に売上の3割程度が個人事業の収入になります。
つまり月収30万円を得るには月商100万円でなければなりません。
月収と月商、言葉が似ていてややこしいですが、月収は一ヶ月の
収入であり、月商は一ヶ月の売上になります。

自分は経費をなんとか抑えて月商(売上)の3割とは言わずに8割を
収入にしてみせる自信があるぞと思ったとしたらそれも間違いです。

プロ野球でイチローなどの超一流の選手たちがどれだけ頑張っても
シーズンが終わる頃に4割や5割の打率を残すことができず、大体は
3割台の帯域に落ち着くのと同じように、事業でもプロの人たちが
取り組んで落ち着く数字の帯域というものが存在します。
長く続けていると大体その帯域の範囲に落ち着きます。

そういったことから、売上の約3割が収入と考えて、とりあえずは
月商100万円、月収30万円というのを私たちが目指すべき目標
として設定して良いのではないかと思います。
もちろん、もっと高い月商を目標にしても構いませんが、おそらく
月商100万円でも相当高いハードルだと思われます。
月商100万円ということは1ヶ月毎日働いたとしても1日3万円以上を
売り上げる必要があります。

「1日に3万円の売上を目標とすべきです」

たった3万でよいの?
もしかしたらそういう印象を持たれたのではないでしょうか。

いずれにしても実際にその額を毎日続けて売り上げることがいかに
難しいことかという現実に直面するかと思います。
1日3万円の売上というと、ことは月に約100万円、年に約1200万円。
どうでしょうか?
個人のネットショップとしては結構な売上だと思いませんか。
正直なところ最初から1日3万円の売上はハードルが高いと思います。
最初の目標をまずは1日1万円、つまり月商30万円、それを達成したら
次は月商50万円、そして最終的には月商100万円と設定して、それが
永続的なるように焦らずに取り組むのが良いかと思います。


成功するネットショップオーナーに共通すること

先述したように私がこのブログを始めたのは2005年です。
まだ当時は会社員だった私はネットショップで起業するためにネットでの
情報発信側の立場として実践する目的、それと情報収集を行なう目的で
初めて自分のサイトを持った形で取り組んだのがこのブログでした。
当時はブログが脚光を浴び始めた頃で、ブログを運営しているだけでも
「すごい」と評価されるような時代でもありました。
それがいまや時代が急速に変化して、ブログを運営することなど
当たり前で、それどころかmixiやFacebookなどで誰もが普通に参加し
しかも実名を公開してネットで交流するようになりました。
下手をするとすごいと思うような情報を発信しているのが小学生だった
というのもあり得ない話でもなくなりました。

ネットショップを運営する人たちは皆、そういったネットの急速な
変化の中で生きています。
そのような状況で消ええていくネットショップも多くありました。
しかし、力強く生き残るネットショップもあります。
結局のところ、時代の変化に順応できる、あるいは時代の変化に
動じないネットショップだけが生き残るということですね。

そういった生き残るネットショップを運営し、成功し続けている
すべての人たちは意識的か無意識か分かりませんが間違いなく
共通して実行していることがあります。

それは・・・

   1.好きな分野を選ぶ
     途中で飽きることなく、モチベーションを維持するためには
     自分自身が好きなことであったり、また得意である分野で
     商品やテーマを選ぶことが大切です。

   2.ファンを獲得する
     自分のビジネスや商品に興味を持ってくれる顧客や見込客
     などファンを獲得するためには、常に情報発信や交流の
     できる環境も整えていくことが必要です。

   3.仕事の範囲を決める
     無理なく続けていくためにも、自分自身が取り組む
     仕事の範囲を決めて、それ以外は自動化する、もしくは
     外注することが必要です。


ネットショップで成功し続けている人たちは楽して儲かる話に
振り回されることなく、これら3つの条件を満たす方向で考え、
実行しています。

「儲かる話を聞くたびに目移りして飛びついていませんか」

それを繰り返しているといつまで経っても儲かることはなく、
それだったら外で何かアルバイトをしていたほうがよかったと
いう結果になりかねません。
インターネットの世界では新しく出てきた情報はリアルの
世界の何倍もの速さで流通し飽和します。
ましてSNSで網の目のように個人同士がつながったネットの
世界においては、その速度は驚くほど速いでしょうね。

ちなみに飽和した状況というのは、リアルの世界でいうと、
家の中に必要な商品が揃い、新商品が投入されても、
ほとんど買換え需要しか見込めないような状況です。
この飽和状態に向かうまでの変化の過程で得ることのできる
大きな利益が先行者利益です。
先行者が新しい情報や商品をインターネットの世界に投入した
時には、驚くような速さで一気に飽和状態に向かいます。
飽和状態に向かう変化が早くて大きいほど得ることのできる
利益も大きくなります。
急激な変化の波に乗って自分なりの考えを信じてチャレンジ
できる勇気のある人だけが先行者利益を得ることができます。

世間でよく耳にする「楽して儲かる方法」というのは
こういった先行者利益を得た人たちによる成功ノウハウと
いえます。
彼らがリスクを負って試行錯誤してチャレンジしたからこそ
得られたものでもあります。
楽をして簡単に儲かったというのはその変化に時代の波に
乗ったからであって、その手法の多くはその変化の時代にしか
通用しないものです。
従って、先行者が言う「楽をして儲かる方法」と同じことをして
儲けようと動き出したときには、市場は既に飽和して簡単には
売れなくなってしまっています。

まだ楽天なども今ほど成長していなかった時代にはとにかく
先行者になることに重きを置いた考えやネットの小手先の
技術を活用した手法がもてはやされましたが、私は当時から
そういった考えや手法に疑問を抱いていました。
一時的な成功を目的とする考えや手法は時代が変わればすぐに
通用しなくなり、ずっと続けていく人にとっては意味がないと
思っていたからです。

「最も重視しているのは永続的に成功できるかどうかです」

時代がどれだけ変化しようとも、長く力強く成功し続ける
ことが最も大切だと私は考えています。
つまり、立ち上げたネットショップでずっと安定した収入を
得て一つの事業、一つのブランドとして世間に認められるか
どうかということです。

一昔前はネットの世界はリアルの世界とは切り離された
特殊な場所だったように思います。
先述したようにその場所にホームページを構えるだけでも
注目を浴び、しかも商品を掲載して販売すれば、おもしろい
ほどに売れるという先行者だけが勝てる時代でした。
しかし、現在はブログやSNSの普及により、大人も子供も
誰もが平等にネットに参加して情報発信や交流などが自由に
できるようになったことで、ネットはリアルとは異なる特別な
場所ではなくなり、先行者だけが勝てる時代は終わりました。

しかもfacebookの急速な普及によって実名での参加がより
促され、今後は完全にネットとリアルが融合して表裏一体と
なった世界へと形が完全に定着していきつつあります。
つまり、ネットでの自分の姿はリアルの世界での等身大の
姿で映し出されるため、昔のようにリアルとは切り離して
ネットでは自分を誇張して特別な姿を演出するということや
ネットでの小手先の手法などはほとんど効力を失ってしまい
無意味なものになると考えられます。

しかしながら、ネットのおかげでリアルでは絶対に知り合う
こともできなかった人たちとも知り合うことができ、しかも
商品を全国の人相手に販売して届けることもできるなど、
ネットはリアルにはない多くの新しい可能性をもたらして
くれていることは今後も変わりはありません。
先行者利益のような時代は終わりましたが、ネットによって
個人でもアイデア一つで成功できる可能性は今後も充分
与えられていると言えます。

そのような今後のネットの世界においてネットショップの
運営を成功し続けていくためには、よりリアルを意識した
ネットショップ作りと運営の方法が求められるかと思います。

「石のようにどっしりしたリアルを持ったネットショップです」

石のようにどっしりしたリアルとは世間から見てすごいと
認識してもらえるような事実です。
その事実というのは事業としてブランドとして世間に
認められるためのリアルの活動の中から生まれるものです。
ネットの中でどれだけ私はすごいと自分で叫んでも
それが世間から評価されたもの、あるいは評価されるに
値する魅力を持ったものでなければ何の意味もありません。

今後はHPを持つことが重要ではなく、いかにHPに
掲載するリアルな事実を作って伝えるということが
最も重要になると考えられます。

突出した才能や資格を持った人はそれを伝えることでも
石のようにどっしりしたリアルとして世間に認識されます。
他には日々の販売活動や広告宣伝によって商品や事業が
ゆっくりと世間に信用されてリアルとして認識される
こともあり、その形は様々です。
とにかくリアルな事実を作って伝えることの繰り返しと
積み重ねによってネットショップに命が宿り力強い
ブランドに育ちます。
ネット上だけの中身のないネットショップは今後はすべて
淘汰されると思われます。
石のようにどっしりしたリアルの部分を持つような中身の
伴ったネットショップだけが淘汰されることなく、力強く
ずっと生き残っていくことができるのではないでしょうか。

最初からなんとなく堅苦しいような耳の痛くなるような話で
申し訳ございません。
ただ、もしあなた自身がネットで商品を購入する場合に
楽天や大手のネットショップ以外の個人のネットショップから
商品を購入することをイメージしていただくと分かると
思いますが、お客様が個人のネットショップを選んで
購入するということは容易なことではないのが多少なりと
実感していただけるのではないかと思います。
まして一度きりではなく繰り返し購入してもらえることは
さらに難しいということも想像できるかと思います。
ですので私は中途半端に希望を持たせるような表現はせず
厳しい現実もありのままお伝えします。

「粘り強く取り組む覚悟のある本気の人だけに伝えたいです」

世間には一時的な成功を元にして、興味を引くように誇張
された情報はいまだにあふれています。
しかし、一時的な成功では一発屋芸人と同じです。
一時的な成功だけでは生活を続けていくことはできず、
残念ながら、毎月安定した給料・ボーナスをもらっている
サラリーマンにあっという間に追い越されてします。
もちろん、一時的な成功を収めること自体もすごいことで
なかなかできることでもないですが、永続的な成功を手にする
ためにはむしろ一時的な成功とは違う方法が必要になります。
このブログをご覧いただいている方の中には、脱サラして
起業される人も多いかと思います。
脱サラしたかぎり、この先も過去の自分自身やサラリーマンに
負けるわけにはいきません。
永続的な成功を手に入れることが必須となります。
そのためにはゆっくりとでも自分の思い描く道を地道に
進むような急がば回れの考え方が求められます。

1.好きな分野を選ぶ
2.ファンを獲得する
3.仕事の範囲を決める

上記の3つのことをじっくりと時間をかけて取り組むことが
ネットショップの永続的な成功のために、遠回りのようで
むしろ近道になると言えます。
とにかく早くとにかく楽をしてという考え方をお持ちの方には
このブログでの情報はお役に立たないように思います。
しかし、ネットショップを一つの事業と考えて3年、5年、
10年と粘り強く取り組む覚悟のある本気の人にはきっと
お役に立てる情報になるかと思います。
そのような人だけに伝えたいです。
このブログでは、リアルを意識したネットショップを構築し
安定した運営で永続的に成功をしていくための情報を
徹底的に追求してお伝えしていきます。
皆様の永続的な成功につながることを心より願っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



〔2015.5更新〕
[ 2005/05/26 23:01 ] トップメニュー | TB(-) | CM(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。