T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロ野球のCSについて

今年のプロ野球のセパ両リーグの全試合が終わりました。
セリーグは中日、パリーグはソフトバンクが優勝しましたね。

特に応援していた球団でもなかったですけどビールかけの
シーンを見ていると幸せな気持ちになります。

あとはこれらの2チームが日本シリーズで勝負して
日本一が決まりますね!
と普通は考えますけどそうとは限らないんですよね・・・






今、日本のプロ野球にはCS(クライマックスシリーズ)
という制度があって、各リーグの1位から3位までが
CS進出して数試合で勝敗を決め、そこで1位になった
1チームがようやく日本一をかけたセパ両リーグの
日本シリーズに進出できるということなんです。

なので春から長いペナントレースを闘ってリーグ優勝しても
そのチームがそのまま日本シリーズに進出できるかどうかは
分からないというわけです。

リーグ優勝できなかった2位と3位のチームのファンに
とっては日本シリーズに進出できる可能性があって
嬉しいかもしれないですけど、リーグ優勝したチームの
ファンからしたら、あれだけワイワイとビールかけで
盛り上がっていたのは何だったんだろうって拍子抜け
になりますよね。

私は特に好きなチームは今はないですが外野から
見ていてもなんとなく違和感を感じます。

私の子供の頃はCSという制度はなく、セパ両リーグの
優勝したチームが日本シリーズに進出して決着すると
いう形だったと思います。

長いペナントレースを闘ってきた上でより多くを
勝ち星をあげたもの同士の決戦なので、日本シリーズは
ある意味、貴重というか神聖な雰囲気がありました。

いつだったか広島と西武の日本シリーズで広島の
北別府投手が駆け引きの末、西武の秋山を最後に
ゆるい変化球で三振に討ち取ったシーンは鳥肌が立つ
ような感動さえありました。

両チームとも特に好きではないにもかかわらず
神聖な舞台に思えた日本シリーズでの闘いは今でも
記憶に残っているほど魅力があったように思います。

ところが、今のCSという制度はどうでしょう。

せっかく長いペナントレースを闘ってきてリーグ優勝
したにもかかわらず、最終的にはリーグ3位のチームが
日本シリーズに進出ということもあります。

長いペナントレースでの闘いは何だったんでしょう。

今年も中日とソフトバンクがリーグ優勝していますが
日本シリーズではなんとなく、3位の巨人と西武が
闘っているような予感がします。

もちろん、巨人と西武のファンにとっては喜ばしい
ことなのかもしれませんが、プロ野球全体の価値
としてはどうなんでしょうね。

私は古い考えの人間なのかもしれないですが
それだと日本シリーズの価値は著しく低下して
しまっているように感じてなりません。

CSはCustomer Satisfactionの略でもあり
それは顧客満足という意味になります。

今のプロ野球のCS(クライマックスシリーズ)は
ビジネスの上でCS(顧客満足)を高めることが
できているのでしょうか。

見極めるのは難しいですが、今年のプロ野球の
後残りわずかの試合をそういったことも考えながら
見るのも楽しいかもしれませんね。
[ 2011/10/26 14:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/562-f383b10f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。