T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

店主の人柄で売る店

ネットショップに限らずいろいろな店を見ていると
小さな店でも店主の人柄にひかれて常連客が付いて
商売として成り立っている店もあります。

大きな資本を持った事業者が強いという現実も
多い中、不思議にも思いますが、店主の人柄を
感じる個人の店には大きな資本のお店にはない
何かがあるのは間違いないですね。

今回、そういう店主の人柄で売る店について
その秘密を探ってみたいと思います。


まず店主の人柄で売る店といっても様々で
たとえば居酒屋で考えてもカウンターだけの店で
店主1人で切り盛りしている店もあれば
店主と奥さんあるいは家族で運営している店も
あります。

いずれにしてもそのような店は全国的にも
もちろん無名であり独特の雰囲気を出していると
思います。

和民など安く飲める大手の居酒屋チェーン店も
ある中で、そういった個人のお店で飲む理由は
お酒や料理へのこだわりもありますがやはり
その店の人や雰囲気を味わいたいというのも
大きい理由でしょうね。
その店の人が客一人のために気遣ってくれて
いる行き届いた雰囲気が個人の店にはあります。

私がたまに行く目立たない裏道にある小さな
居酒屋も店主一人で切り盛りされていますが
まさにそういう雰囲気です。

和民など大手の居酒屋チェーン店では画一された
メニューと接客サービスがあり、安くて安心して
飲むことはできますが、そういった雰囲気を
味わうことはほとんどできません。
また店に来る客層も大手のチェーン店では幅広い
ために、静かに飲むというのもなかなか難しい
場所でもあると思います。

ただ、大手のチェーン店でも高級志向の居酒屋
であれば、巨大な資本を元に作り出された静かで
しかもゴージャスな雰囲気を味わうことはできます。
建物や内装のゴージャスさは巨大資本の店には
かなわないですね。

そうなるとやはり個人の店では店主やその店の
人柄が一番重要ということになります。

この人柄といっても様々で、あまり料理への
深いこだわりはないものの気さくでいろいろな
分野の話にもついていけるような店主もいれば
頑固一徹で酒や料理へのこだわりを語らせたら
止まらないような店主もいます。

どういった店主の店が合うかはその人しだい
ですが、これが合うと何度でもその店に
通いたくなるわけです。

つまり常連客、リピーターですね。

居心地が良いものだから、今度は友人知人を
その店に連れてくるという流れもあります。

これは口コミですね。

店主の人柄でリピーターを獲得して口コミを
広げていく。
この繰り返しで店主と客に強い絆が生まれ
商売として強固なものに安定していくと
考えられます。

このように個人の店が商売として成功するには
店主の人柄をしっかりと出して活かせるかどうか
というのが重要ということが分かります。

ただし、店主の人柄で売る場合は、気さくな
人柄であること、商品や商売へのこだわりが
強いこと、このいずれかが必須だと思います。
それがないと自分のモチベーションが維持できず
続けていくのが難しくなっていくと思われます。

ある意味、それが店主の人柄で売るデメリットの
部分になります。

人柄やこだわりの部分で際立った店主がいないと
成り立たないビジネススタイルになるのでその分
店主は常に自分自身が前面に出てモチベーションを
維持していく必要があります。
それは結構大変なことかもしれません。

もちろん、店主自身が自然体で好きなこと商売
として取り組んで楽しければ問題ないことですが
店主も年齢と共に容姿も考えも変わっていきます。
その時は好きなことで楽しくても年齢を重ねる中で
好きで楽しいことではなくなる場合もあります。

それを踏まえた上で、店主の人柄やこだわりを売りに
してずっとその商売を維持していけるかどうかですね。
もし、自分にそういった自信がなければ、家族などの
協力者を含めて店主一人ではなく、少し単位を大きくした
家族的な雰囲気を作っていく方法を取ると良いと思います。

ネットショップでは居酒屋のように実際の店という
空間があるわけではないので、同じようにはいかない
かもしれないですが、個人のネットショップの成功の
ためには、やはり人柄やこだわりを活かすことが
大切さというのは同じだと思います。

ネットショップではどのように人柄やこだわりを
出せばよいでしょうか。

おそらく文字や写真によって思いを伝えるということに
なります。
選ぶ写真や言葉はすべて店主しだいです。
また今はmixiやツイッターもあるので、日々のネット
交流の中から自然とお客様やリピーターにつながって
いく可能性もあります。

その方法は一通りではないですが、自分自身を活かして
最も共感を呼び、絆を深めていけるような雰囲気を
作っていくことが大切だと思います。


[ 2011/09/30 23:41 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/561-9aaf9d2c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。