T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

集客を徹底的に考える

ネットショップだけでなくすべての商売では
集客が大事というのはよく聞く話だと思います。

集客のイメージはどのようなものでしょうか。
集客するには広告や宣伝が必要というイメージを
持たれる人は多いのではないでしょうか。

ただ、そういった広告や宣伝とは違った形で
集客につながっているケースもあります。
それは・・・






有名な観光地のみやげ物店で観光中に
買い物をされたことはあるかと思います。

そういったみやげ物店の中でもたとえば
有名なスポットの前やそこに向かう道の
途中にあるみやげ物店では、既に毎日の
ようにたくさんの観光客が行き交い
にぎわっています。

実は私も自分のネットショップの商品を
そういったみやげ物店に期間限定で商品を
卸して販売してもらったことがありました。

期間が終わった後にオーナーがたいした結果では
なくお役に立てずすみませんでしたとと言い
ながらもしっかり売れました。

やはり集客力のある店は違うなと思いました。
みやげ物店にはみやげものを扱う上での
何らかのノウハウが必要なのかもしれないですが
自分が販売していただいたときの経験から言うと
お客さんが多い店に合う、普通の商品を普通に
置けば普通に売れるということです。

ところで、この店が集客にどのようなことを
したのかを考えると、おそらく広告や宣伝を
自分のところ単独ではしていないと思われます。
あの人のにぎわいを思えば、わざわざ広告や宣伝を
する必要もないと考えたほうがよさそうです。

集客に必要なのが広告や宣伝というのが大半の
イメージだとすると、このみやげ物店はそういった
イメージとは異なることになります。

つまり特に広告や宣伝をしなくても観光地という
特殊な場所に店を構えていることが既に集客に
つながっているわけです。
そこに店を構えていること自体が集客のための
広告や宣伝になっているとも言えます。

もちろん、そういった場所に店を構えるには
数百万以上の初期費用がかかると思われます。

しかし、その費用を最初にかければ確実に
集客でき、そこで観光客が買うレベルの価格帯の
みやげ物を販売すれば、何も難しく考えなくても
ある程度売れていくわけです。

そう考えると一般的な広告宣伝でかけるべき費用は
あらかじめ人通りが多い場所にある店ではなく
そういった人通りのない場所、あるいは人通りの
少ない場所にある店がより多く費用をかけて
集客するものであるということがイメージできる
かと思います。

自分の店はどのような場所にあるのか。
まずそれを知ることで広告宣伝にどの程度
費用をかけるかどうか判断することができます。

ネットショップは実店舗がないため、リアル
ショップの出店場所のようにはっきりイメージ
できないかもしれないですが、基本的に今の
ネットショップはすべて人通りのない場所へ
出店していると考えてよいと思います。

それは独自ドメインのショップであっても
楽天へ出店したショップであっても同じです。
楽天には出店費用をかけるわけですので少しは
集客についてプラスに寄与すると思いますが
無限の敷地に何店も出店してくるわけですので
果て無き競争にさらされ売れなくなってくる
可能性が高いと思われます。

ですのでネットショップではすべて人通りの
ない場所に出店していると認識した上で
集客を検討する必要があります。

今のネットショップで先ほどのみやげ物店の
同じ状況にするためには、みやげ物店がその
場所に店舗を構えるのに近い費用が広告宣伝に
かかると言っても過言ではないと思います。

私は無店舗でネットショップを数年運営して
いてそれは実感します。
私がネットショップを立ち上げて数年運営して
きた際の広告宣伝費やその他諸所の費用を
トータルすると結局のところ数百万円かけて
実店舗を構えるのもトータルの費用としては
さほど変わらないのではないかと思うからです。

もちろん、実店舗を構えれば確実にうまくいく
とは限りませんが、先ほどのみやげ物店のように
もともと人通りが多く、購入目的のお客様にあふれる
場所に出店して、そこに見合ったそこそこの商品が
あればよほどのことがないかぎり、誰でも確実に
商売として成立させることができると思います。

誤解のないようにしたいですが、実店舗を出店
しないさいと言っているわけではないです。
集客のための広告宣伝を考えた場合、選択肢の
中には実店舗出店もあり、他の実店舗への卸も
あり、あるいはその他リアルを融合した方法も
いろいろと考えられるかと思います。

今のネットの世界はリアルの世界と同様の
競争の世界になってしまいましたので
実店舗での商売を見て参考にすればどのような
戦略をとるべきか見えてきますし、ネットの
中だけで完結させないでリアルを融合させた
考え方も大切だということが私のお伝えしたい
真意です。

これまでの集客のイメージも変わったでしょうか。

広告宣伝をどのようにすればよいか、また
どの程度費用をかけるべきかお悩みの方は
以上のような視点で検討されてはいかがでしょうか。
[ 2011/08/28 13:32 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/560-1eec4d83







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。