T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

牛丼とラーメンの違い

2011年、初めての書き込みになります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日mixiでとても興味深い記事を見ました。
それは・・・






牛丼は価格競争で値崩れして280円など低価格になっている
一方で、ラーメンは700円程度と比較的一定のラインで価格を
維持している違いがあるというような内容の記事でした。

牛丼とラーメン。

どちらも誰もが知っている庶民的な食べ物ですが、確かに
牛丼は大手の吉野家などチェーン店が価格競争をして底値に
なっているのに対して、ラーメンは有名な個人店がたくさんあり
どの店も大体700円程度の価格を維持している印象はあります。
個人的にはとても興味深いです。

この違いは何でしょうか。

ラーメンも大手チェーン店はありますが、どちらかいって個人店の
頑張りが目立っている傾向があるように思います。
個人店が目立っているということは、それだけその商品は嗜好性が
高い商品と考えられます。
一方、牛丼は空腹を満たすという機能性の傾向が強い商品と言えます。

言ってみれば牛丼はファーストフードの一種という気がします。
もちろん、牛丼にもこだわりの肉を使った高級なものもありますし
安いものでもいろいろな味があり、美味しいから食べたいものですが
それよりも価格や早さ手軽さが重視される食べ物のイメージが定着
してしまっているように思います。

一方のラーメンはやはりスープや麺のこだわりが重視される
傾向が強く、単に早くて安いでは納得できない食べ物の
ように感じられます。

微妙な違いではありますが、その商品の嗜好性の強さによって
ラーメンには700円払えても牛丼には700円は払えないという
線引きが私たちの中に商品価値のイメージとして自然に
植えつけられているのかもしれません。

これは企業や個人店が商品を介して顧客との交流を
繰り返し、長年歩んできた中で、今の牛丼とラーメンと
いうそれぞれの分野の食べ物の商品イメージを自然に
作ったと考えられます。

人が多く歩く場所にはやがて自然に道ができるように
業界がその商品のイメージを気づかないうちに定着
させたという側面もあるのではないでしょうか。

自分のネットショップで扱っている商品は牛丼とラーメンの
どちらに近いでしょうか。

それを考えると扱っている商品の価値と価格のバランスを
再確認してより良い戦略を立てる良い機会になるかもしれません。
[ 2011/01/26 01:43 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/551-6789744f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。