T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セブン-イレブン・清涼飲料水値下げへ

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは全国の店舗で
500ミリリットルペットボトル入り清涼飲料水の
販売価格を現在の147円から22円(15%)値下げし、
125円にしました。

少し前にはマクドナルドが低価格路線で失敗しています。
(関連記事:「マクドナルド再び低価格路線へ」

そういう事例があってもあえて強行したのは、厳しい競争から
抜け出すためなのか、新手のライバル出現に備えるためなのか。

とにもかくにもコンビニ業界に激震が走ったのは間違いないと思われます。
果たしてセブンイレブンはマクドナルドと同じ運命をたどるのでしょうか。





今回セブンイレブンが値下げに踏み切れたのは、親会社である
イトーヨーカ堂グループのスケールメリットの恩恵である
大量仕入れによるものです。

規模の小さなところは同じやり方では勝ち目が無く、
今後厳しい立場に追いやられてしまう可能性もあります。

そもそもコンビニというのは、小売業の一種であり、
24時間営業というのが大きな特徴となっています。

コンビニに求められるのは価格もありますが、それより
街のいたるところで24時間いつでも必要最小限のものを
購入できるというところではないでしょうか。

価格の安さでいえば、スーパーや激安ショップには到底かないませんし、
実際同じ商品においてコンビニでの価格はそういった業界より
高価格で販売されています。

それでもちゃんと集客があるわけで、顧客はコンビニに対しては
価格だけを求めていないのが分かります。

しかしながら、清涼飲料水が他より安いとなるとやはり、
セブンイレブンで買おうと思うのが正直なところです。

セブンイレブンが今後、顧客サービスや仕入先のメーカーとの
関係を現状のまま、値下げを定着させたのであれば、きっと
この価格がコンビニ業界の標準になると思います。

もしそうなった場合、その土俵に乗れないコンビニは
清涼飲料水以外の商品の値下げやその他のサービスで
対抗しなければ苦境に立たされることになると思われます。

マクドナルドは企業価値を過剰なまでに低価格追求に
頼りすぎて失敗しました。

過剰な低価格追求は価値と価格のバランスを破壊します。

過剰な低価格追求によって、販売員削減を余儀なくされ
サービスの質が落ちたり、原材料の仕入先に対して無理な
コストダウンを強要して関係を悪化させてしまっていては、
低価格を追求した意味がありません。

セブンイレブンがマクドナルドと同じ道をたどらないためには、
やはり顧客サービスや仕入先のメーカーとの関係の現状維持を
考慮した上での低価格の実現ができるかどうかだと思います。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/09/30 23:45 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(2)

今後に興味ありますよね

セブンイレブンが低価格に出ることは、コンセプトの変更になると思います。営業時間と近さと品揃えの便利さを提供する代わりに、利益はシッカリ取るというビジネスモデルですものね。
したがって、コンビニが御用聞きみたいな外販をすることは、便利さを提供するという延長線にあり、ペイするかどうかは別として、理解できると思うのです。
おっしゃるように、メーカーさんとのパワー勝負が成功への分かれ道ではないでしょうか。
バイイングパワーを生かして価格破壊を売り物にしたダイエーの中内さんのことを思い出し、何か時代の流れの繰り返しみたいに感じたりしました。
[ 2005/10/01 20:07 ] [ 編集 ]

やはり、コンビニの低価格追求はコンセプト変更という大きなことなんですね。

今後、ユーザーの行動もどうなるんでしょうかね。
少し安くなった清涼飲料水を目当てにセブンイレブンまで足を運ぶのかどうか。

といっても、他のコンビニも同価格にすれば何の意味もなさそうですけどね。
[ 2005/10/02 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/55-90ad8b41







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。