T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3年と5年

ネットショップはインターネットという新しく
開けた市場に誕生しましたが、しだいに様相が変わり
今ではリアルと変わらない競争市場になったと実感
している人も少なくないと思います。

今ではネットショップも一般的な事業の一つと
とらえて取り組む必要があると考えられます。
事業ととらえた場合、ある数字を連想します。

その数字とは・・・






「3」です。

3年の「3」なのですが、ネットショップを取り組んでみて
やはり3年の継続というのが非常に重要だと実感しています。

やはり店舗もなく運営していて1年そこそこで世間から
認めてもらって固定客が付き、事業が軌道に乗るには
少なくとも3年はかかるように思います。

逆に考えてみれば、経験が1年そこそこの若造に仕事を
依頼するより経験のある人に依頼したいというのは
誰もが思うことだと思います。

私が20代の頃に下積みをしていたような若手芸人などは
今ではテレビのレギュラー番組を持っている人も結構
いるように思いますが、いずれも10年以上の下積みを
経てようやくお茶の間の人気者として定着したような
印象があります。

ですので3年など、もしかしたら短いくらいかも
しれないですね。
3年が長いか短いかは別にして、一応の信用を得るためにも
3年は事業を続けた経験と実績が重要ということになると
思います。

3年を過ぎると、おそらく次は5年が重要だと思います。

「事業を5年続けています」と聞くとかなりの信頼できる
印象を持ってしまうのではないでしょうか。

それほど事業を5年続けたという事実には重みがあり
相手に信頼感を与える効果があるということになります。

早く事業を成功させてそれだけで食べていけるように
なりたい人には、長く感じ少々耳が痛い話かもしれない
ですが、現実はそのように思います。

絶対に3年、5年というわけでもないですが、その数字は
意識しておいたほうが良いと個人的に思います。
[ 2010/12/30 14:02 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

『3年』という数字は、確かに納得できます。
私が運営しているショップも3年目に入ったあたりから、売上が急上昇してきました。
法人で運営しているのでバックアップがそれなりにある事、仕入先の協力を得られやすかった事など、恵まれた環境にはありますが、周囲の見る目も最近は良い方向に変わって来ています。

ただし、今度は運営面で問題が出てきてはいます。業務のシステムや人員等、今まで通りのやり方では負担ばかりが増しそうで、ここら辺りをクリアしていく事が『5年』というハードルを越える事になるのかもしれませんね。

コウさんの方では、売れているからこそ発生してくる問題はありますか? そんなエピソードもありましたら、機会がある時にでも教えて頂きたいです。
[ 2010/12/31 01:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/549-0b4aac4f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。