T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個人のネットショップの強みと弱み

前回の日記についてコメントをいただきました。

個人でネットショップを開業した際のメリットと
デメリットを知りたいというご質問のコメントでした。

個人のネットショップの強みと弱みですね。
私自身も関心のあることですので、今回そのことを
少し書いてみたいと思います。


ネットショップに限らず、個人事業は大手とは
違った戦略が必要になると思います。

戦略と言うと大げさかもしれないですが個人で
頑張っているお店はみんな何かしら大手にはない
「個性」を打ち出しているように思います。

客側の立場で考えても、大手と違う個人店で
商品を買ったり、食べたりするときはどういう
心境かを考えてみるとイメージできると思います。

たとえば近くの定食屋で昼食を食べることを
考えてみると、その定食屋は個人店ですが
やはり昼食として美味しいと思える「個性」を
持ったメニューが適正な価格で食べられるから
その店に足を運びたいと思うわけです。

大手の吉野家や王将が同じように近くにあった
としても、少し高い定食屋が選ばれる一番の
理由はやはり「個性」ではないでしょうか。

つまり、個人のネットショップの一番の強みは
「個性」を自由に打ち出せることです。

大手ではあらかじめ創業者が作ったブランド
イメージが定着していて、自由はあまり利き
ませんが、個人では自由にそれができるため
「個性」を打ち出すことは非常に楽しい
作業でもあり、自分の思うがままの事業を
作るモチベーションにもつながります。

ただ、個人でも仕入販売をするお店では商品が
溢れた最近では「個性」を打ち出すことは難しく
なっているかもしれません。

たとえば、アパレル業界であれば同じブランドの
商品はいろいろな店で扱っており、当然その中に
激安のお店も含まれるため、ネットショップでは
価格比較がすぐ出来てしまい、すぐに勝負が
ついてしまいます。
やはり大手は価格勝負では強いです。

個人でも安く早く売るという方法もありますが
それだけでは、やはり最終的にはロングテール企業の
ようなネット大手に飲み込まれてしまうと思います。

個人は大手の生産、仕入、販売の面で量的にも
比較にならないため、基本的には価格競争では
かないません。

ですので、やはり、個人のネットショップでは
単純に安売りに走らず、「個性」という強みを
活かす方針で運営していくことに力を入れたほうが
将来的にも懸命な選択肢だと思います。

「個性」を活かす方法としては、オリジナル商品を
持つことが最もストレートな方法です。
ただそれは結構手間やコストがかかり、すぐには
できないために、他店と同じ仕入品を扱わざるを
得ないという状況の場合は、サービスの部分で
「個性」を持たす方法もあります。

ここで言うサービスは単に値引きという意味での
サービスではなく、修理やギフト対応などいろいろな
サービスの形が考えられると思いますが、何か
お客様のために役立つサービスをできる範囲で
設定するという方法があります。

もちろん、サービスは無償で出来る範囲であれば
それに越したことはないですが、内容によっては
有料になる場合もあると思います。

いずれにしても個人のネットショップでは
「個性」を自由に打ち出せるという強みを活かす
ことが大手との一番の差別化につながるはずです。

コメントをくださった方へのお答えにはなって
いないかもしれないですが、思ったままの意見を
書いてみました。
[ 2010/12/10 23:16 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんにちは!
そうですね、オリジナリティは必ず必要になってくると思います。おっしゃるとおり、同一製品での価格勝負ではまず勝てませんので。楽天等の資料では確かに成功事例しかのっていませんが最近は2万円/月から始められますのでまずはやってみてそこから色んなノウハウ、メリット・デメリットを吸収していくと言うのも一つの手からと思います。
[ 2010/12/14 13:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/547-06e15f98







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。