T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もしバブル景気がまたやってきたら

今朝、いつもどおり会社に向かう道で、ふと今自分のしている
仕事がバブル景気の頃だったらどうだったんだろうって
頭に浮かびました。

思えば、毎日毎日、これでもかというほどお客様のニーズ、
お客様の気持ちを考えた商品やサービスを考えて新商品を
開発している現状。

今の景気を考えれば当然といえば当然だけど、もし何かの
きっかけでまたバブル景気のような凄まじい好景気がやってきたら、
現状のように毎日ここまでお客様中心に考えているだろうか・・・





私はバブル景気の頃はまだ学生だったので、実際企業で
働いていた人はどんなふうに毎日仕事をしていたかは想像で
しか分かりません。

でもたぶん、もっと豪快に仕事をしていたんじゃないかなって気がします。
細かいことを気にせず、次から次へと新商品を開発し発売していく。

それでもお客様の購買意欲はそれをはるかに上回るからどんどん売れていく。

こんな状況でお客様のことばかり考えていたら追いつかないし、
お客様ニーズにだわりすきるより、豪快で早く新商品を世に
送り出す流れだったんじゃないでしょうか。

私の会社にももちろん実際にバブル景気の中で仕事をした人がいます。

当時の功労者だった人も大勢いるはずなんです。

もしかしたら、細かなことは考えず豪腕をふるっていた人が
当時では一番仕事ができ能力が高いとされていたのかもしれない。

しかし、時代は変わって状況は一変してしまいました。

当時の功労者たちは何を思うのだろう。

不思議な気がします。

景気が良い世の中と景気が悪い世の中では仕事のやり方、
仕事の評価までもまったく違ってしまう。

またバブル景気並みの好景気が可能性が低いとはいえ
やってこないとは限りません。

当時の功労者と今の不景気しか知らない人が1つの企業で
共存しています。

過去の栄光にすがってはいけないというけれど、
過去の栄光は誰だって大切にしたい気持ちはあると思います。

誰だって過去に頑張った自分を自分で誉めてあげたいと思います。

時代の変化を受け入れないといけないのはわかっていても
みんながみんなすっと受け入れられるとは限りません。

次の時代には自分がその立場に立っているかもしれないんですよね。

世の中の状況が変われば、今の自分のやっていることの
評価なんて簡単に一変してしまう。

例え、今は高い評価であったとしても。

だからこそ、今まで会社を支えてきた上司や先輩たちに
敬意を払う気持ちは忘れないでいたいと思いました。

その気持ちでもってこれからも意見をぶつけ合って良い商品を
開発していきたいと思ったしだいであります。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/09/29 22:43 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(2)

私も実は・・・

最近の景気回復現象を見ていて、
実はバブル期を思わせられる気がしているのです。
景気回復の解説をしている人たちは、バブルとは状況が違うっていいますが、似てる現象が起きてるなって思えるのです。
そう考えると、ゾッとするんです。
[ 2005/09/30 08:40 ] [ 編集 ]

最近、景気回復の兆しもあるんでですね。
私の会社はその恩恵を受けていないせいかまったく実感ありません・・・
それにしても歴史は繰り返される、ということなんでしょうかね。
[ 2005/09/30 23:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/54-562dd748







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。