T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平和ボケ

中国漁船衝突事件では中国になめられていますね。
日本政府の対応にも問題はあると思いますが
それにしても中国というのはひどい国だなと
いうのを今更ながら実感した人も多いのでは
ないでしょうか。

以前、石原都知事の発言に私は嫌悪感を
抱いたことがありましたが、今となっては
やはり私が甘かったと思わざるを得ないです。






石原都知事は中国や朝鮮のことを過激に
罵倒した上で、ミサイルが日本国土に一発
ほど落ちれば日本国民も危機感を持つんじゃ
ないかというようなことを言っていたと
思います。

当時は、なんてひどいことを言う知事だと
逆に知事に嫌悪感を抱いていましたが
このような状況になって初めて石原都知事が
言いたかったことに気づいた気がします。

結局のところ、国民はまったく危機感がなく
平和につつまれた国だと錯覚をしている
ところがあるんでしょうね。

いわゆる平和ボケですね。

今の平和はアメリカの核であり、アメリカの
艦隊に守られているんですよね。
それらが背後にあるので、周辺国は一線を
越えられないわけで、それがなければ、
領土問題などで周辺国からどのような目に
あわされるかは、今回の事件で少しは
気づくことができたのではないでしょうか。

石原都知事の肩を持つわけではないですが
それほど国民だけでなく政府も危機感を
忘れていることに、あのような過激な発言で
警鐘として伝えたかったのだと思います。

日常生活の中で危機感は感じないですけど
それは尖閣諸島のような国境あたりに行くと
肌で実感することができるのだと思います。

おそらく日常とはかけはなれた殺伐とした
不気味な空気が漂っていることだと思います。

現場を見ることは本当に大切だと思います。
今思うと、義務教育の中で、国境付近を
社会見学として行くというのがあっても
良さそうだと思います。

中国や朝鮮との国境、それとロシアとの
国境を義務教育での社会見学に入れるという
のが理想的だと思います。

実際に現場を見れば、いかに日本がアメリカに
守られた平和の鳥かごの中にいるというのを
実感でき、子供の頃に現実を認識しておけば
政治の中で国民や政府として正しい判断をする
上でとても役立つのではないかと思います。

現場を見ることは大切。

ネットショップにも同じことが言えると思います。
ネットだけの情報でサイトを構築していくと
現場を知らないまま間違った認識で進めてしまい
その結果、思惑と異なる悪い事態を招いてしまう
ということになりかねないと思います。

少し無理や理っぽいですがネットショップの
話にもつなげてみました。
でも根底にあることはどちらも同じだと思います。
[ 2010/09/26 13:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんばんは!
そうですね、石原さんは過激に思えるようなことをおっしゃいますが、的を得た発言だということですね。はっきり言って素人集団の民主ではこの先日本がどうなるか本当に不安です。早く総選挙をして欲しいと願っています。
[ 2010/09/26 19:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/537-96959ea3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。