T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

叱られる理由

私はネットショップの運営の中で営業をすることも
あるのですが、以前に先方からお叱りを受けたことも
ありました。

ほとんどはお叱りを受けるようなことはないですし
たぶん、出すぎたことはしていないと思いますが
人によっては気に入らない場合もあるようです。

どのようなお叱りかというと・・・






頭(ず)が高いということらしいです。

私は言葉遣いなどはそこそこ丁寧だと思うのですが
仕事での相手への要求の内容などから、どうも頭が高いと
感じられたみたいです。

確かにネットではリアルの世界ではあり得ない出会いが
実現でき、実際に仕事上の交流につながることもありますが
リアルの世界ではやはり年齢やキャリアということが重要視
されますので、自分の立場をわきまえて相手に接する必要が
あります。

ネットの中で親しくなっても実際の仕事の話になれば
同じような雰囲気で接すると、頭が高いと思われる場合も
あるのでしょうね。
言葉遣いだけでなく、特に自分より年齢やキャリアが上の
相手と付き合いを深めるためにそれなりの時間と労力を
求められる感じです。

要はその部分では相手がリアルでの雰囲気を求められて
いるのにも関わらず、私がネットでの交流をベースに
接してしまっていたことがお叱りを受ける要因になったと
認識しています。

ある意味、私はネットとリアルのギャップによる罠に
陥ってしまったと言えそうです。

ネットの中での交流は年齢やキャリアなど関係なく
交流することが可能ですが、リアルではまたそれを
意識し直す切り替えが必要なのかもしれません。

今、芸能人でもネットを有効に駆使している人がいますが
こういった人の中にもネットとリアルの世界のギャップに
陥ってしまっている人もいるように思います。

少し話が違うかもしれないですが、タレントの
眞鍋かをりさんもネットとリアルのギャップの罠に
陥っている典型のように思います。

ネットで情報発信して多くのアクセスを得ているうちに
いつの間にか一方的になり、自分は正しい、自分は強い
という思いが増長して、リアルの世界のことを忘れて
しまった結果、所属事務所から訴訟を起こされるまでに
話がこじれてしまっているような気がします。

ネットショップ運営ではどうしてもネットの世界に
浸りすぎてしまう傾向がありますが、リアルの世界も
しっかり意識して、それらを状況に応じてしっかり
切り替えて、頭が高くならないように気をつけたいと
思います。
[ 2010/08/30 15:18 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんばんは!
「頭が高い」とは・・(苦笑)
自分は同業者のベテランの方と話す機会は余りないのですが、逆に素人に近い方でちょっとPCに詳しい方から、言い方がカチンときたのか、「気に食わん」と思われたことはあります(笑)
[ 2010/09/01 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/534-9172d6f8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。