T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

店舗販売に対抗する方法

ネットで販売している商品と店舗で販売している
商品では、送料の有無という大きな違いがあります。

ネット販売では送料が必要になります。
その送料を負担するのは基本的にはお客様に
なります。

店舗販売では基本的にお客様が送料を負担する
ことはありません。
お客様がお店に足を運ぶわけですので、
当たり前といえばそうですけどね。

私のネットショップでも、たまにお客様が
商品はどこかの販売店で購入できますかという
問い合わせをいただきます。

やはり、実際に商品を見たい気持ちや、送料を
払ってまで購入したくないという気持ちが
あるのだと思います。

そう考えるとやはり店舗は強いと思いますが
ネット販売にも勝機があると信じたいです。
店舗販売に対抗する方法はあるのでしょうか。






ネットで購入してほしい場合には、その商品が
一般流通していない他では購入できない魅力的な
商品であることが求められます。

求められるというか最近ではそれらは必須条件
になっているといっても過言ではなさそうです。

近くのスーパーでその商品が購入できたら
誰も送料を払ってまでネットで購入しないで
しょうからね。

ただ、今では上記の必須条件はネット販売では
当然のことで、それ以上の価値を感じさせる
必要があると思われます。

たとえば、ネット販売で、綺麗なカタログが
用意されていて、希望する人にはそのカタログを
取り寄せることができればどうでしょう。

私ならそれはとても魅力的だと思いますし
店舗販売に引けを取らない価値を感じるのでは
ないかと思います。

もちろんそういったカタログ製作には相応の
コストがかかります。

ネット販売では低コストで運営できるのが
ウリであるという人もいると思います。

ただ、今はネットに掲載して単純に購入できる
という事実だけでは、消費者に何の魅力も
感じてもらえないのではないでしょうか。

店舗販売は綺麗な店舗、あるいは親切な
販売員がいる店舗で購入できるという
ところにも価値があります。
商品価値以外にも価値の上乗せがある
ということですね。

飲食店ですと、綺麗な庭がある店は
庭を見ながら食事ができるというのも
価値の上乗せだと思います。
もちろん、設備という形でかなりの
コストがかかっています。

一方、ネット販売ではそれがありません。

だとすると、ネット販売で送料を払って
でも購入してもらうためには、ネットで
購入するなりの価値を商品以外でも
与えるのは必須になってくると思います。

先ほど書いたカタログもその一つの方法
だと思いますし、他には定期的にイベントを
するというのもあるでしょうし、あるいは
近郊のお客様には配達をするという方法も
あるかもしれません。

そうなるともはやネット販売とは言えない
かもしれませんが、従来から出前や外商という
販売方法があることを考えると店舗販売を
しないでそれと同等の価値を与えるためには
自分が出向くことまでしないといけない
ことが実感できると思います。

もちろん、出前をすることをすすめている
わけではありませんが、これからのネット
販売では、とにかく商品価値以外の価値を
感じさせる工夫が必須になると思います。

その工夫が価値あるものだとネット販売も
店舗販売に負けずに同等あるいはそれ以上の
価値を提供できるはずです。
[ 2010/08/25 21:33 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんばんは!
ネットショップは小売の場合、店舗販売に比べまだ数%しか普及していないらしいですね。ですので市場としてはまだまだ伸びるらしいです。自分ももう一度初心に帰って一から勉強して行こうと思います。
[ 2010/08/26 18:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/533-4d215bc9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。