T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カタログ通販

ネットショップが出現する以前からカタログ通販は
存在しました。

カタログ通販といえば千趣会やニッセンの名前を
思い浮かべる人も多いと思います。

そもそもカタログ通販とは何でしょうか。






カタログ通販はカタログ請求すると無料で
カタログが届きます。

立派な冊子のカタログなのでそれを
希望する人などに無料で配布するというのは
かなりのコストがかかっていると思われます。

これは店舗運営費に匹敵するのではないかと
思います。

このように通販の基本は無店舗運営ですが
それだけのことをしているわけです。

そして、カタログにはどんな価値があるのか
というと、好きな時に好きな場所で見ることが
できるという楽しみです。
寝そべってお菓子を食べながら立派なカタログの
ページをパラパラとめくって見る楽しみという
ぜいたくな価値ですね。

それはパソコンでインターネットを見るのとは
違った価値だと思います。

カタログ通販は、その価値を広告宣伝として
提供して、はじめて商売として成り立って
いるわけです。

そして、その後出現したネット通販。

ネット通販では誰もが簡単に通販事業者になる
ことができます。
しかし、カタログ通販を考えても分かるように
通販でお客様に購入してもらうためには、
簡単ではなく、想像以上のコストや時間を
要するのではないかと思われます。

ネット通販でもカタログ通販と同様に
ネット通販自体で何らかの価値をお客様に
提供する工夫が必要ではないでしょうか。

それは、カタログを用意することかも
しれないですし、イベントを開催する
ことかもしれないし、いろいろな選択肢が
ありますが、ネット通販を事業として
確立するためには、かなりの労力を費やし
工夫が必要なことは確かだと思います。
[ 2010/03/31 23:32 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/512-e73e0e42







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。