T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

様々なロングテールのネットショップ

ロングテールのネットショップと言えば
アマゾンやケンコーコムなどがまず思い
浮かぶ人も多いと思います。

広義で言えば、楽天やヤフオクもそれに
相当するかもしれません。

ただ、最近ではもう少しターゲットを絞った
新しいタイプのロングテールのネットショップも
生まれつつあるようです。






私の運営する雑貨と食品のネットショップでも
そういった新しいタイプのロングテールの
ネットショップから商品取引の話をいただく
ようになりました。
要はそのネットショップで販売する商品の
一つとして私のところの商品を販売させて
ほしいという感じです。

アマゾンや楽天などと異なり、特定の産地の
商品だけを扱っていたり、こだわりの逸品と
いった商品だけを扱っている独自のくくりで
品揃えをしている方針のロングテールの
ネットショップです。

そういったくくりがロングテールと呼べるか
どうかはまだ疑問もありますが、そのネット
ショップと取引の話で動きを観察していますと
彼らが設定したくくりにおいて、片っ端から
商品を集めてネット掲載して販売するという
方向性からその気配が伺えました。

私はそこまで取引には乗り気ではなかったの
ですが、この新しいタイプのロングテールの
ネットショップがどのようなものか実際に
乗っかってみることで実感したい思いがあり
話に乗ったしだいです。


ちなみにロングテールとは陳列棚が存在しない
ネットショップ特有の現象で、売れ筋商品が
恐竜の胴体だとしたら、売れ筋以外の商品の
売上が尻尾の部分に当たり、商品1点の売上は
小さいながらも限りなく多い商品の種類が
尻尾のように長く存在してその限りなく長い
尻尾の部分を合計すると胴体部分の売上を
上回るというものです。

陳列棚が存在するリアルショップでは
無限に商品を陳列することはできずどうしても
売れ筋商品がメインになりますが、ネットでは
陳列棚が存在せず、売れ筋以外の商品も無限の
種類で商品ページを掲載できるためにそのような
ネット特有のロングテール現象が生まれました。


話は戻りますが、アマゾンや楽天は、もはや
庶民派のスーパーのような存在になっているため
そこで商品を提供することについては、安さが
前面に打ち出されている感じに抵抗があるのですが
今回の新しいタイプのロングテールのネットショップでは
そういった既存のロングテールのネットショップとは
一線を画した方針で運営いくという姿勢が
あるらしいので、それが本当に通用するのか
どうかというのも興味があります。

これから始まるのですが、フタを開けてみれば
背に腹は変えられないと態度を豹変してくるのか
あるいは当初の方針どおりの形で成功するのか。

今後、どのようになっていくのかお伝え
していきたいと思います。
[ 2010/03/06 14:33 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

ロングテールはネットならではですね♪
amazonなんかはロングテールばかりです(笑)

ただ相手先はしっかりチェックしないと痛い目を見る事になりますが…
宣伝の一環だと考えた方が良いかも知れませんね。
[ 2010/03/11 00:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/509-ef08a6ee







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。