T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

価格設定

商品の価格設定に悩むことがあると思います。

あらかじめ定価の決まった商品を仕入れる場合だと
価格設定で悩むことはないですが、オリジナル商品の
場合はどのように価格設定をするか悩みますね。

高く設定するのか安く設定するのか・・・






価格を決める基準としては相場があります。
他には原価もありますが、大筋の価格を決めるのは
相場になります。

相場は同じ業界でその商品と同等と思われる商品に
ついて大手企業や既に販売している人たちが設定
している価格によってイメージできます。

相場に基づいて価格設定をする際にネットショップを
始めたばかりの人は自信もないために、自分を低く
見積もってしまいがちなので注意が必要です。

大手の量販的な商品より低く設定した場合
下手をすると、趣味で作っている人や
ボランティアで無料で作っている人と
ネット上で価格的なイメージで競合してしまう
ことになります。
そうなると、せっかくの商品もより安いほうが
選ばれてしまいます。

ずっと事業を続けていくことを考えると
段々と自分のブランド力が付いていきますので
先々には大手と同等、もしくはそれより少し
高めの価格のほうが、大手にはない魅力や個性
のある商品としてむしろ価値を感じてもらえる
ことができると思います。

最初は大手と同等であったり大手より高い価格を
設定するのは、抵抗があるかもしれません。
実際、お客様からも最初は選ばれないために
価格設定が間違っていたと感じることもある
かもしれません。

しかしネットショップを本気で続けていくならば
自分のブランド力は必ず成長して商品価値も
それに付いてくると信じて、私はそのように
価格設定をしたほうが、先々楽しく安定した
運営を続けるために良いと思います。
[ 2010/01/16 14:45 ] 21世紀型の商品 | TB(0) | CM(1)

価格とは本来お客様が決めるものですからね…一番最初はとても苦労します。
ただ、動きがないからといって価格をころころ変えるのは良くない気がします。
[ 2010/01/20 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/502-bbe8c5a1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。