T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

競争が激化した時にすべきこと

今年はデフレが進み、低価格の競争が
激化しましたね。

600円台のジーンズなども登場したようで
もしそこそこの品質でそれが提供されると
もう普通の商売ができなくなりそうですね。
今後、民主党政権下では低価格競争が
ますます強まると個人的に思っています。

そのような競争が激化した中で一体
何をすべきしょうか。






ターゲットの絞込みです。

個人事業ではこれができているところだけが
生き残れると言っても過言ではないと思います。

10年前にも100円ショップの普及乱立が象徴する
形でデフレ現象があったように記憶しています。
安くなって庶民は嬉しいですが、もっと
大きな視点でとらえると、提供する側の企業の
ふところも厳しくなり、結果的に多くのお金を
使うはずの企業やその社員もお金を使わなくなり
景気はもっと悪化していきます。

そのような価格競争をしても生き残ることが
できるのは結局体力のある大企業になります。
実際、電気店にしても食料品スーパーにしても
デフレ下の低価格競争を勝ち抜いてなんとか
存在感を示しているのは大企業です。

一方の個人事業では大企業と同じように低価格で
勝負しているところは、ほとんど力尽きて閉店に
追い込まれていったように思います。
大型電気店が近くにできた小さな電気店など
その例だと思います。

そんな世の中でも、個人事業で生き残ったのは
しっかりターゲットを絞り込んで自分の事業の
強みを発揮しているところではないでしょうか。

ターゲットの絞込みという言葉はすごくあいまいな
表現で一つの方法に限定できるものでもありません。
またターゲットを絞ることは事業のテーマに直結
しますので、それを構築して見込み客に浸透させる
ことは簡単なことではありません。

かといって、難しく考えすぎてもいけません。

シンプルに自分の好きなこと、得意なことを
なおかつお客様に喜ばれて役立つことを追求
すれば、答えは見えてくるはずです。

絞込み過ぎず、修正を加えながら絞込んで
突き進む気持ちが大切だと思います。

デフレの不景気の状況下ではむしろそういった
ことを検討でき、ずっと続けていける強い
土台を作るチャンスとも考えられます。

ぜひ、ターゲットの絞込みに取り組まれて
魅力的で個性的なショップ作りをされることを
おすすめします。
[ 2009/12/28 14:48 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんばんは!
今年もいよいよ残りわずかですね。
来年も宜しくお願いします。
確かに低価格化に巻き込まれてはダメですね。
おっしゃるようにターゲットの絞込みと既存客を大事にすることだと自分も思います。
[ 2009/12/29 16:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/499-291b2ea3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。