T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どういうターゲットに売るべきか

ネットショップを運営していて
ネット購入する人はどういう人なんだろう
というのが気になることがあります。

すごくあいまいな表現ですけど感覚的に
どうなんだろうかなと、少し考えて
みました。






ブランド力があれば、ネット販売でも
比較的、ネット購入をしやすいと思いますが
ノーブランドの場合、やはり難しいことは
予想できます。
自分がネット購入する立場になってみれば
それがイメージできると思います。

以前に私の知り合いは「ネットでなんて
安くないと買わない」と言いました。
私は今でもこの言葉が記憶にあります。

確かにそうです。
わざわざ送料を支払って実際に手に
取れない商品を購入するわけだから
かなり安くないと買う気にはなれない
のが普通でしょうからね。

私自身、ネット購入する商品は楽天などで
価格比較して安いものしか買っていないです。

以前からある通販を利用する人以外は
私と同じような感じで価格に慎重になり
ながらネット購入していると思います。
ネット購入を楽しんでいるというより
悩みながら安く買おうとしているだけの
傾向が強いのではないでしょうか。

ということは私のようなタイプは個人の
ネットショップではターゲットにはならない
場合がほとんどだと思われます。
というか私のようなタイプはターゲットに
してはいけないのかもしれません。

ではどういう人をターゲットにすべきか。

やはり、従来からある通販を利用する
ようなタイプの人だと思います。
こういった人はネット購入でも、ただ
安いからという理由だけでなく通販を
楽しんで利用している可能性が高いと
思われます。

そう考えると、ターゲットに楽しいと
思ってもらえる通販雑誌のような
ネットショップにできるかどうかという
視点も大事なのかもしれないですね。
[ 2009/07/05 20:35 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

私は関係したショップは商品が限られていたので、割とターゲットを絞りやすかったですが、商品が多種にわたるショップだと難しい面が多々あると思います。
ターゲットによって戦略も変わってきますので、ターゲットの絞込みはショップを行うにあたり一番大事な事でしょうね。
[ 2009/07/05 22:06 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
見ていて楽しいネットショップですよね。
やはり、買う側から見て、商品というよりは情報量の多いネットショップは魅力なんじゃないんでしょうか。
[ 2009/07/06 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/476-5b8db796







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。