T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

郵政民営化・衆議院総選挙

郵政民営化に関する法案が参議院で否決され、小泉首相は
衆議院を解散し、9月11日に総選挙が行われます。

私は郵政民営化賛成で小泉首相を支持したいと思っています。
内閣発足の頃から私は何か特別な理由があって郵政民営化に
反対していたわけでもないです。

ただ、これから1つずつゆっくりと進めようとしている改革を
中途半端で終わらせるようなコストと時間の無駄を許せるほどの
理由もないですので、引き続き小泉首相を支持したいと思うんです。





小泉首相は就任前から郵政民営化を公約として掲げていました。
それを国民の多くが支持して小泉内閣は発足しました。

にもかかわらず、郵政民営化について自民党内で反対者が
多数現れました。

野党が反対するのはまだ分かります。
しかし、同じ自民党内からあれほど反対者が出てくる様子は
自民党の膿みを見ているような気がします。

自民党内の反対者は、「過疎地域の配達や郵便局はいったい
どうなるの」みたいな正直議論するのも無駄な言葉を並べて
対抗しているのをテレビでみかけます。

同じ自民党だったら、全面的にとはいえないけど基本的に
足並みを揃えて協力姿勢を取るべきではないかと思うんです。

国民の多くが認めた首相がゆっくり進めてきたことを
ここにきて反対して何の意味があるんでしょう。

全面的に反対してこれまでに費やした時間もお金も
全部捨ててしまって良いと思っているんのか、まったく
コスト意識がないのか。

小泉首相が衆議院を解散したり刺客を送る気持ちも
分かるように思います。

足の引っ張り合いで何も前向きに進めることのできない
組織だったら全部破壊してしまって、やり直したほうがいい。

自分の地位とか利益のための反対、分からないから
とりあえず反対。
こういうのって組織の活力を鈍らせると思うんです。

最初にみんなで決めた大きな方針を部分的に反対し少々の
軌道修正することは時には必要です。

でも基本的に賛成する気持ちを持って臨まないと前に進まない、
何一つ変わらない。

今のこの国の現状が決して良いとはいえないのは政治が
分からない人でもきっとみんな感じているはず。

それに民に移管しても充分運営していけることは
NTTやJRにように前例で実証されている。
むしろ収益やらサービスなどあらゆる面で良くなっています。

鉄道はお客さんの安全が必要なことを考えると、郵便局こそ
もっと早く民営化できたんじゃないかと思います。

あまりこういうところで時間を費やすのは賢明ではない気がしますね。
もっと議論するのは民営化させたこと前提でどういうふうに
民営化させていくかどうかということだと思います。

何かよく分からないからとりあえず反対するくらいなら、
中立の立場でいるほうがまだいいのかもしれない。

郵政民営化をすればすべて良くなると小泉首相は熱くなって
強気な言ってますが、これは反対勢力など圧力によって
誇張して言わざるを得ない状況だから言うんだと思うんです。

そういう側面を考慮しないで、「郵政民営化をすればすべて
良くなる」という言葉について揚げ足をとるかのごとく
批評ばかりしているのもあまりに軽率だと思います。

最初にみんなでやろうと決めておいてコツコツ進めてきたことが、
実際にやるべきときがきたら、味方であるべきはずの
人たちからも反対されて少しも熱くなったり誇張して言ったり
しない人がいるでしょうか。

改革の内容は厳しくチェックしながらも基本的には足並みを
揃えて前向きに進めていこうっていう気持ちがこれからの
日本を良くしていくんじゃないかと私は思います。

自分の利益や地位ばかりを考えた反対者や批評家気取りの
反対者などに屈することなく、小泉首相には頑張ってほしいです。


■関連サイト
首相官邸 - 郵政民営化の基本方針




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/09/06 23:34 ] 社会から学ぶ | TB(0) | CM(2)

ありがとう

トラックバック、ありがとう。

組織がどうあるべきかということを考えるとき、小泉の手法は、いまの企業経営手法に近いものがあり、「言ったことを貫徹しようとしている」というところがわかりやすく、それがゆえに人気の秘密となっていると思います。

ただ、あまたある政策課題、利権のからみ、財政赤字の解決策といった複雑な問題対処の舵取りについて考えようとすると、「郵政民営化は改革の本丸」なんて単純なもんじゃないぞって思います。

小泉政権の数年間において、わたしのくらしが良くなったわけじゃないということは確信をもっていえます。
[ 2005/09/10 20:55 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

そうですね、小泉政権になってから特に暮らしが良くなった実感はないと私も思います。
でも考え方を変えると、それは仕方ない部分もあるような気がします。

10数年前、平成の大不況が始まった頃、マイクロソフトのウインドウズ95が発売され一気にインターネットが一般に普及しました。
これがIT革命の前身だと思います。
それからマイクロソフトが次のバージョンのソフトを出すまで、国内ではヒナ鳥がえさを待つ状況が続いていました。

結局日本企業もそういう状況を見守るしかできなかったし、他に不況を打破できるような商品も現れなかった。
これをすべて政府の政策のせいにしてしまうのはどうかという気がするんです。

モノがあふれてしまった世の中なのに、みんなが大学に入ってモノを提供する側である企業に就職しようとする流れは10数年前とあまり変わっていないように思います。
人が必要なくなったところに以前と変わらずみんなが目指している。

政府の責任にするばかりではなく、もう少し私たちも意識を変えないといけない部分はあるんじゃないでしょうか。
モノを作れば売れた10数年前までの時代とはまったく違ってしまった今の世の中。

みんながみんな同じところを目指すんじゃなく、例えばもっと個人事業など増えてもいいように思うんです。アメリカやヨーロッパでは自営業は何年間も増加していると聞きます。
日本では逆に減少傾向にあるようです。
こういうところにも日本ではまだ企業に勤めていれば安心という神話を信じている表れなのかもしれません。

政府に景気回復を期待する前にまず現状把握による国民の意識改革ももっと必要なんじゃないかなって気がします。

今回の郵政民営化から始まる様々な改革の多くは政府内の改革であると思いますが、私はまずは現状ではそこから実施してもらうことが望ましいんじゃないかと思います。
[ 2005/09/11 11:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/47-c76dcc77







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。