T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広告と口コミ

ネットショップ運営の中で宣伝は
非常に大切な作業です。

宣伝には広告を利用する方法と
口コミを利用する方法があります。

個人や小規模のネットショップでは
どちらを使うのがよいでしょうか。






広告にはネット広告や雑誌広告など
があります。
いずれも伝えたい情報をこちらから
掲載して興味のある人に見てもらう
形になります。

広告費用さえ支払えば、簡単に掲載
することができますが、その費用は
雑誌の1ページ一角のスペースでも
5万円以上など比較的高額です。

一方、口コミは基本的には自然発生
するもので、ユーザーが良い商品や
サービスだと実感してくれた場合に
ネットやリアルでそのユーザーが
情報源となり、周りに伝わっていく
形になります。

もちろん、口コミの場合はその最初
のユーザーに満足してもらうことが
必要になります。
従って、最初のユーザーには営業を
する手間がかかります。
お金はかかりませんが時間がかかる
傾向があると思います。


個人や小規模のネットショップでは
まずは口コミを利用して反応を見る
ことがベストではないかと思います。

ターゲットに良い評価を受けて
口コミが広がりそうな気配があれば
次は広告を出してみてもよいかと
思います。

広告を出す際には、ターゲットが
絞り込まれた専門誌などが良いと
思います。

ターゲットがあまり絞り込まれて
いない雑誌では、読者へ広告で訴え
かける力が弱くなり、価格だけで
選ぶ人の目にしか留まらないことに
なってしまいます。

大手だとそれでも良いと思いますが
個人や小規模のネットショップでは
価格より個性が強みとなるため
ターゲットが絞り込まれた雑誌へ
広告を掲載することが効果的だと
考えられます。
[ 2009/03/09 16:56 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
口コミは有効な手段と思います。飲食店ではほとんどそれですね。ネットの飲食店はありませんが「おいしい」「雰囲気がいい」を商品の何かに置き換えればいいんですね。
[ 2009/03/10 22:17 ] [ 編集 ]

本当の口コミほど効果の大きなものはありませんね!
広告はあくまで入り口として考え、拡販は口コミで行うが一番だと思います。
[ 2009/03/10 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/459-2784efc8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。