T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さなCDショップを見て気づいたこと

先日、夜に家の近所で寄り道をして歩いていたら
マンションの1階にテナントで入っている
小さなCDショップをみつけました。

他は特に何もなく普通の住宅地なのですが
そのCDショップの一角だけ明るいという
ある意味、不思議な光景でした。

外から眺めただけですが、本当に小さな
個人で運営しているようなCDショップで
置いているCDも普通のものだったように
思いますが、それで売れるのかなと少し
考えてしまいました。






今はCD自体が下火になってきているますが
それを抜きにして考えて、CDは基本的に
価格が統一されているのでその店に自分の
お気に入りのアーティストのCDがあれば
売れると思いました。

そのCDショップの近くに住んでいる人
だったら、会社帰りに便利でありがたいと
思うかもしれません。

それで商売が成り立っているのかどうか
あるいは、趣味の領域でやっているだけ
なのか分かりませんが、不思議と何か
可能性を感じました。


もし、販売するCDの種類を絞り込めば
どうだろう。
そんなことも考えてみました。

例えば、特定のアーティストに絞込む。
ミスチルだけのCDショップ。
そんなCDショップだったら、ミスチルが
好きな人だったら絶対、店の中に入ると
思いますが、いかがでしょうか。

それは極端な絞込みとしても、Jポップ
だけに絞込むとか、演歌に絞込むなど
選択は様々だと思います。

絞り込めば、何が起こるかというと
お客様の心を引きつける力が増します。
そのお店とお客様の心を結びつける力です。

便利さだけでいえば、大手チェーンの
TUTAYAなどで充分なので、小規模のCD
ショップの存在意義は薄れます。

しかし絞込むことによって心を結びつける
力をうまく活用することで、小規模の店は
大手にない力を発揮します。


ニッチな領域に絞込み過ぎると、お客様
自体が少なくなりすぎるので、注意も
必要ですが、心を引きつけるほどよい
絞込みは小規模のショップのオーナーの
腕にかかっていると思います。

もちろん、オーナーは絞り込んだその
分野に大いに関心を持っていることが
必須なのは言うまでもありません。

そんなことを考えた日常の1シーンでした。

[ 2009/02/13 19:29 ] ターゲットの絞り方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
そうですね、こだわりを持ったお店には惹かれますね。それをPRするのも大切なことだと思います。
[ 2009/02/13 23:07 ] [ 編集 ]

う~む…
私はいまのCDショップの不振はニーズの多様化が原因だと思ってます。
でも、何かこだわりがあれば固定客が付きますから、その分安定はする気がしますね♪
[ 2009/02/14 01:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/450-b23a07c8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。