T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットショップが行き着く先

ネットショップが世間的に知られるように
なって10年余りが経ちました。

当初、ネットショップは新しい販路として
我先にと取り組んだ先行者は大きな利益を
得た時代もありました。

そんなネットショップですが今はどうなのか、
そして今後どこに向かって行くのでしょうか。





まだネットショップが全盛を迎える前は
ショップが少なく広い街にショップを
出店して注目を浴びました。
個人のショップであっても大企業を
しのぐほどの注目度だったと思います。

しかし、今は誰もが出店できる時代に
なりました。

アフィリエイトも含めると下手をすれば
小学生でもネットショップを作れる時代です。
もはやネットショップをオープンした
だけではまったく注目されない時代に
なりました。

さらに、本格的なネットショップを作った
としてもなかなか注目されない時代が
来ていると思います。

では何をすれば注目されるのか。

とにかく、リアルの世界と同じように
自分の立場をわきまえることだと思います。

つまり、製造業なのか小売業なのか卸売業
なのか、自分の立場を明確にすることです。
リアルの世界ではなぜそのように分業されて
いたのか思い出して基本に立ち戻ることが
必要だと思います。

以前であれば、製造業が作ったものを
ネット直販で販売するということも
流行りました。

しかし、同じようなことをする人が
増えた結果、顧客は分散され続け
今では閑古鳥ではないでしょうか。

結局のところ、リアルの世界と同じように
立場をわきまえて専業化するほうがはるかに
効率的に顧客ターゲットが絞られ、強い絆で
ビジネスの関係を築いていけると考えられます。

このように書くとネットショップに何の
魅力も感じなくなりそうですが、そうでは
ありません。

ネットショップがもたらしてくれたプラスの
可能性としては、地域の壁を取っ払って
全国を商圏として個人でもビジネスを
行なえるようになったということです。

自分のネットショップの立場を越えたことは
せずに、製造なら良いものを考えて作り、
それをショップや卸に販売することに
注力する。

この姿勢が今後のネットショップ成功の鍵
だと思います。
いかがでしょうか。

[ 2008/10/12 17:51 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
そうですね。
得意分野に特化することはいいことですし、必要だと思います。まずは1分野から始めて実績とともに徐々に広げていけばいいと思います。
[ 2008/10/14 18:11 ] [ 編集 ]

こんばんわ。僕はネットショップ開業を夢見て勉強中です。参考のために読ませていただきます。
[ 2008/10/15 22:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/405-5ed9c239







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。