T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一点集中で攻める

私がこの企画商品を立ち上げたのは今から3年前になります。
自分でも振り返ると3年も前だったのかと驚いてしまうくらいです。

このとき新商品の提案書という形で手書きのイメージ図と
簡単な説明文だけというものでした。これが私の初めての
商品企画でした。





この企画書というか提案書は月1回に商品企画開発部門の
担当者が集まってアイデアを出し合う会議で作成したものです。

実はこの会議から商品化というのは非常に難しく、
会議というより気楽なミーティングといった感じでした。

私の提案書は一応採用はされましたけど、それは情報として
ストックされるだけで終わってしまっていました。

今度は商品化にするぞと思って他の提案を数々考えてました。
これは自信作だと思っていた案もありましたがことごとく
却下されました。

まあこの会議でやっていることだからなあと思いつつやはり
自信作が却下されるとガックリきてましたねえ。

その後、日々の業務に追われる中である日ふと思ったんです。
情報ストックとしてお蔵入りしてしまった最初に提出した
提案書についてもっと追求してちゃんとした企画書にして
仕上げてみたらもしかして採用されて商品化できるのでは
ないかと。

そこから半年かけて毎日少しずつ情報を集めたり仕様面、
コンセプトなど積み上げていき企画書にまとめあげました。

管理職および役員による新商品会議の前という時期を
ねらって企画書を上司に提出し、見事に採用されました。

このときの採用は以前の提案書が採用されたのと違って
役員クラスの会議にまでかけられたのでこれは本格的だと
実感しました。

最初の1つの大きな壁を乗り越えたたこの成功。
これは「一点集中」に尽きると思っています。

くじけず強い思いで積み重ねてきたことをある時期に
一気に攻勢をかけるという考え方は大切だと実感しました。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/05/29 16:06 ] 企画書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/4-17955157







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。