T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

店長の顔を出すか出さないか

ネットショップのホームページで
店長の顔写真などをトップページに
バーンと載せている人がいます。

顧客に安心を与えられると思うので
顔写真などを載せるのは良いことだと
思います。

ただ、店長の顔を出すか出さないか
また人柄を前面に出すか出さないか
というのは、案外重要な選択だと思います。





店長の顔を前面に出すというのは
農業で言えば生産者の顔が見えるとか
あと飲食店で言えば店長の人柄が
ウリになっているということにも
関係していると思います。

街の小さな居酒屋で料理は普通でも
ずっと昔から続いているような店は
店長の人柄で馴染みの店という
雰囲気が出来上がっている場合も
あると思います。

確かにそういう商売の方法も大切です。

しかし、そういう商売は誰にでも
できるというものではありません。

店長に強い個性があって、しかも
店長自身もそういう個性を活かした
接客が好きであることが必要だからです。

普通の人にとっては意外にしんどい
ことだと思います。
もし、接客が苦手というのであれば
なおさらのことです。

ネットショップでも立ち上げ当初に
あまりにも店長の顔を売りにした商売に
偏りすぎるとしんどくなってしまいます。

人柄重視だとその人柄をずっと維持して
メールや電話応対による接客を一生続ける
のはかなりの労力だと思います。

ですので、通常は店長の露出はほどほどに
控えたほうが無難かと思います。

また店長を他の人に任す場合もあるので
そういう意味でも、店長の顔を前面に
押し出し過ぎないほうがよさそうです。

自分の事業のコンセプトに基づいた
商品やサービスを分かりやすく前面に出して
補助的に店長の人柄を伝えるという感じが
ベストだと思います。
[ 2008/09/01 17:55 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
そうですね、自分も最初は迷いましたし載せるのにすごく勇気が要りました。ただ、載せると逆に開き直ったような感がありますね(^^)
[ 2008/09/01 19:47 ] [ 編集 ]

私はどちらでもアリかな…
販売する商品によりけりだと思いますよ!
でも、店の人の手が大きく関わる商品であれば出した方が良いと思いますが…
[ 2008/09/02 00:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/386-25d22f95







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。