T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食品系のネットショップが売れる理由

私が運営している食品系のネットショップと
雑貨系のネットショップで、後発の食品系が
オープンして3ヶ月程度で予想以上に売れて
いるのは食品がネット販売に適していることが
大きな理由だと考えています。

なぜ食品はネット販売に適しているのか
というと・・・





食品は食べてみないと分からない
という商品だからです。

デパートやスーパーで並んでいる食品も
パックなどに入っていて、美味しいか
どうかは買ってみないと分かりません。

まれに試食コーナーはありますけどすべての
食品でそれをしているわけではないので
基本的には買って食べて確かめることに
なります。

つまり、買って開封して食べてみるまでは
分からず、リアルであろうとネットであろうと
顧客は同じ条件で選んで注文することになります。

ですので、ネットで買うのは特別なわけ
ではなく比較的自然に受け入れられるの
だと思います。


一方、雑貨系の商品については食品系とは
異なり、色、大きさ、質感など実際に手に取って
見てから購入したい傾向が強い気がします。

リアルショップではそれが確認できるので
小売販売という土俵で比較すると、やはり
ネットショップよりリアルショップが有利
ということになるのではないでしょうか。

ただ、食品系のネットショップは
自家製造の場合、食品衛生法の基準を
クリアしないといけないのでその点では
開業するのに少し壁があります。

食品系と雑貨系を単純に比較できないですが
両方の商品特性を考えた上で、小売でいくか
卸をするかなど方法を選択することが今後の
ネットショップには求められると思います。
[ 2008/08/16 17:57 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/382-7f4eb0e8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。