T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上代価格を安く設定すべきかどうか

仕入商品以外は上代価格を自分で決めていますが
今更ながら、決めた上代価格について本当にそれで
よかったのかどうか迷うことがあります。

いろいろと考えて、自分なりの答えを
出してみました。





上代価格を決めるとき、他社商品との比較も
ありますが、基本的には原価から経費や利益を
積み上げていく形になります。

そうすると、売り切り商品などではない一般的な
商品としては、原価率が30%が目安になります。

たとえば原価が3000円の商品の場合・・・
原価率30%では上代価格は10000円になります。
原価率40%では上代価格は7500円になります。


ブランド化していない場合、原価率30%では
抑えすぎなので、原価率40%が望ましいという
人もいます。

40%が望ましいという人はブランド化して
いないのに高い価格設定は望ましくないという
考えに基づいています。

要は今の自分は力がないから、そんな高い
上代価格は設定できないということです。

私もその考えのほうが正しかったかなと思う
ことはありましたが、よくよく考えると一概に
そうともいえず、むしろその考え方は危険にも
思いました。


というのもそれは裏を返せば、安売りだからです。
ブランド化していないからといって上代価格を
安く設定するとその店は安く提供する店だという
イメージが定着する恐れがあります。

やはり、ブランド化していない時期でも
自分が先々どういったビジネスの形にするのか
ポリシーを貫いて、30%という一般的な原価率に
基づいて上代価格を設定するのが望ましく思います。

ただ、上代価格の設定は既にブランド化している
他社と同じにした場合、対等には戦えないので
ブランドするまでに、値引き以外のサービスの
部分を拡充するなど、なんらか切り崩して頑張る
部分は必要になると思います。

言ってみれば表向きには安売りはせずに
中身はサービスによって、購入を促しつつ
ブランド化も推進するというやり方です。


いろいろな考えがあると思いますがやはり
個人のネットショップは一般的な原価率に
基づき設定した上代価格で他社と同じ土俵に乗り
ポリシーを貫いてビジネスを行なうことが望ましい
のではないかと思います。
[ 2008/06/14 19:18 ] 21世紀型の商品 | TB(0) | CM(1)

価格競争を行ってしまうと資本力のない個人ショップではとても大手には太刀打ち出来ません。
※ 集客のための安売りは別です。

難しい問題ですがブランドイメージも含めどれだけの付加価値を付けられるかが鍵になります。

メインの商品の原価率は低めに設定し、安売りは集客のための広告として割り切ってしまうのもひとつの手ですよ
[ 2008/06/16 01:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/365-805960d0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。