T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

低価格商品の難しさ

最近立ち上げたもう一つのネットショップで
販売する食品関係の商品は価格が安いです。

その価格とは・・・





税別で1000円です。

わりと贅沢な嗜好品になるのでその関連の商品
としては安くはないのですが、商品全体としては
安い部類に入るのではないかと思います。

また相場が大体決まっている商品ですので
先に上代価格を決めてから原価率を30%目標に
詰めていくという方法を取っています。

しかし、実際に各食材の業者に見積もりを
取りながら切り詰める作業は思った以上に
大変です。

1000円の上代価格で原価率30%目標
ですので原価300円ということになります。

たった300円の中で味を落とさず、包装の
見た目もできるだけこだわりたいので、
せめぎあいという感じです。

初めてそのような価格の安い商品を一から作った
わけですが、安い商品の価格設定や利益確保の
難しさを実感しています。
[ 2008/04/13 17:16 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
原価率3割だと利益率は結構いいように思うのですが、それが食品関係では普通なんでしょうか。
[ 2008/04/13 20:50 ] [ 編集 ]

河野さんへ
例えばラーメン店のラーメンでは
原価率20~30%と聞いたことがあります。
(この場合、原価は食材費のみです。)
通販による食品販売では店舗はないですけど
広告費などが多くかかるので
包装込みで原価率30%が望ましい気がします。
原価の上に人件費、光熱費、その他諸経費
利益が乗ってくるのでやはり30%程度が
妥当かなと思っています。
それが本当に妥当かどうか絶対の自信は
ないですけどね。
[ 2008/04/13 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/349-0122eb39







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。