T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大企業と中小企業どちらが有利

私が今の会社に転職する以前は社員数数千人規模の
業界3位内に入るような大企業にいました。

今はその5分の1の社員数に満たない規模の会社です。

大企業と中小企業の両方を経験して雰囲気をはじめ
様々な面で違いを実感しました。

大企業は何をするにしてもスケールが大きかった。
商品の企画開発の規模も桁違い。

やっぱり大企業にいたほうが待遇もよく将来も安泰
だったのかなと思ったこともありました。

しかし、今の企画開発の仕事において貴重な経験を
させてもらっている中で、これからの時代は大企業より
むしろ中小企業あるいは個人業のほうが強いのでは
ないかと思うようになってきたんです。





大企業はその大きさゆえに意志決定や方針変更などに
たいして非常に動きが鈍いと思います。

例えるなら大きな船ですね。
大きな船は舵取りが難しく、針路変更もすんなりとはいかない。

お客様のニーズという波がさほど大きくないときにはそんな波に
動じることもなく突き進むことができます。

でもお客様ニーズの変化や多様性といった大きな荒波がきた場合は、
重い舵取りのためにすぐにかわすこともできず、最悪の場合、
沈没してしまう。

例えば、最近のソニーは最近荒波に飲まれてしまった代表的な
例じゃないでしょうか。

数年前までソニーの株は未来永劫安泰という気配さえ
感じられましたが、その神話は儚く崩れました。

もともと私はソニー製品は好きなのでなんとかまた復活して
ほしいんですけどね。

一方、中小企業は比較的身軽なのでお客様ニーズの変化や
多様性といった荒波がきたと思えば、軽い舵取りで回避できる。

モノを作れば買ってもらえた時代は大企業の強みである
大量生産をフルに発揮して安定した経営を維持できましたが、
モノがあふれた世の中になってお客様はより自分に合った
モノを求めるようになり今までのスピードでは対応しきれなく
なってしまった。

おのずと多様なニーズを持つお客様に対応できるのは
小集団ということになってきてしまいます。

トップの意志決定で動くのではなく、最前線の現場で
意志決定をするために今までの大きな組織を細分化して多様な
ニーズに対応しようと試みた企業も多いんじゃないでしょうか。

しかし、企業は1つのコンセプトを持った組織だと考えると、
やはりトップの意志(コンセプト)で規制する必要があるのにも
関わらず、最前線での決定に委ねざるをえない状況。

いわばお客様がこれまでの組織を許さないという状況だといえます。
そうすれば、大企業の意味って一体何?ということになってくると
思うんです。

NTTのように公共事業的な側面があったり、電話事業という
1つの大きなコンセプトがあるような大企業でなく、
異なった事業を寄せ集めたような大企業は、その大きな組織を
1つにまとめるのはもはや難しいように思います。

もしかするとそういった大企業は子会社化や分社化といった
上っ面だけのやり方ではなく、各事業単位に解体して
中小企業単位程度の企業として生まれ変わり、それぞれの方向に
進むのがこれからは望ましいのかもしれない。

ちょっと過激な考えに走ってしまっていますが、すべての人に
モノが行き渡ってあふれてしまった日本においては大量生産に
強みを発揮する大企業ではなくてもっと小集団である中小企業や
個人業が中心となっていくのはむしろ自然なことではないでしょうか。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/08/03 22:22 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(5)

ほんと大企業は注射を打っても効くまでに時間がかかりすぎてダメですね(笑)
スケールメリットもますます通用しない時代になっていきますから
今後は本当に価値が問われる時代になってくると思います!
LOVE!PEACE!&CKICK!!
[ 2005/08/04 00:38 ] [ 編集 ]

まったく同感です。

kou さん、こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。励みになっています。

最終的に自分がどうしたいかにもよると思いますが、ビジネスのプレイヤーとしての価値を高めたいなら、概して意思決定に責任と権限を持つことができる中小企業で活躍する道の方が見返りは大きいと思います。

kouさんの選択は間違っていないと思いますよ。

今後とも、宜しくお願いします。

俣野 成敏
[ 2005/08/04 10:40 ] [ 編集 ]

>ヒデさん

いつもありがとうございます。
最先端の家電が登場してももう日本国内で生産してスケールメリットを期待するのは難しいのかもしれませんね。

今まで日本の独壇場だった大量生産が見事に
中国などに持っていかれてますからね。

日本製は中国製なんかより精度が良くて品質に信頼ができるという神話も通用しなくなってくるように思います。

もっと現実を直視して過去の栄光を忘れないといけないんだろうなと思いますね。



>俣野さん

コメントありがとうございます。

選択は間違っていなかった、
そういっていただけるとありがたいです。

中小企業では確かに意思決定の一人一人の責任が大きいように思います。

それをやりがいに結び付けられるような経営体質を確立した中小企業はきっとびっくりするくらい機動性に富んだ大きな力を発揮するような気がします。

もっと追求していくと個人業ってことになっていくんでしょうかね。
そのことも視野に入れて毎日仕事しています。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
[ 2005/08/04 21:59 ] [ 編集 ]

たぶんとても不安だけど面白い時代です

kou さん
コメントありがとうございます。
これから面白くなると思います。個人の多様なスキルが、どんどんビジネスとして成立する時代になりつつあります。その為のインフラも着々と出来上がっており、ワクワクしますね。
今は、自己責任の観念を自分にしっかりと植え付けようと思っています。
これからもよろしくお願いします。
[ 2005/08/06 01:04 ] [ 編集 ]

>中嶋さん

ほんと新しい社会にワクワクしますね。
なんとかその波に乗っていけるように日々いろいろ学んでいきたいですね。

[ 2005/08/06 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/33-ed3730ef







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。