T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ







前のページに戻る

ネット購入が安い理由を探る(前編)

「ネット購入だから当然安いでしょ」

そんな言葉を最近でも聞いたことがあります。
ネット購入だと本当に安いのでしょうか。





10年ほど前ですがネットが普及し始めた頃
ネットで買うと安いというのが今よりもっと
顕著でした。

私は当時メーカーで働いていましたが
ネットで買えば安いなら、普通の店で売る
必要性ってまったくないんじゃ・・・と
不思議に思っていました。

当時はまだネット人口は今よりもっと少ない上
ネットショップの数も限られていました。
そういう状況ではネットは特殊な販売ルート
だったわけですね。

ですので、ネット特別価格のようにネットでは
安く購入できるのが通用していたように思います。


ところで、ネット特別価格とは一体どういう
価格だったのでしょうか。


それはおそらく製造メーカーが現地価格で販売した価格
だったように思います。
つまり、製造メーカーが従来は問屋に卸し、販売店で
販売していたものをネット販売によって直販、しかも
その直販価格が従来卸業者に販売していた価格(現地価格)
だったのではないかと思います。

ネットによって製造メーカーと末端のお客様を直接つなぐ
ことができました。
そのため、あたかも現地販売している感覚に錯覚して
しまったいたのかもしれません。

製造メーカーは直販というルートを簡単に確保することが
でき、現地価格によって従来より安くお客様に販売したため
「ネット販売は安い」という構図が出来上がってしまった
という気がしています。


ところが、その後急激に状況が変わりました。
本当に早い変化だったと思います。


ネットを使って現地価格で販売すれば安い価格で爆発的に
売れるというのを知った多くの後追いネットショップが急増
してあふれました。
顧客は一気に分散され、分散されるどころかある意味
値崩れを起こした商品はその価値まで失いました。

その結果、今では逆にネットの中でもメーカー、卸、販売店
の関係が出来上がってきているように思います。
つまりネット特別価格(現地価格)は基本的にはあり得ない、
あるいは許されない時代に急激に変化してしまったわけです。

次回、商品価格の面から今後のネットショップのあり方や
価格設定について掘り下げて書きたいと思います。
[ 2008/01/13 17:47 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(1)

コウさん、こんばんは!
昔はネットの安全性も問われていましたので、市場は狭かったですね。その分購入する側にとってはメリットが大きかったように思います。
[ 2008/01/14 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/325-7215a645