T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CDとの比較からターゲットを考える

セレブ向けの商品というと希少かつ高額な
イメージがあります。


商品価格を決めるときに高価格帯に設定した
商品と何が違うのかよく分からなくなることが
あります。





ところで、アーティストのアルバムCDは
おそらくどのアーティストであっても
1枚3000円程度で販売されています。
クラシックなどはまた違うのでしょうか。


アーティストの音楽が商品と考えると
それらはすべて一律料金で、ターゲットは
一般大衆ということになります。


同じ料金であとはどれだけ枚数が多く
売れたかどうかで、商品価値が判断
されます。


枚数を多く売る。


これは企業でいうと大量生産、大量販売の
考え方になります。


ただ、企業の大量生産、大量販売の商品は
もともと価格が決まっていないものを
価格を下げるために大量に作って安くしています。


一方CDは、どのCDも価格は同じですが、
圧倒的支持を得たアーティストの曲ということで
商品価値が跳ね上がることで、枚数が多く売れる
仕組みというわけですね。



そこにセレブとか富裕層という概念はほとんど
存在していないことが少し不思議にも思えます。


CDのターゲットは一般大衆であり、
買うかどうかはそのアーティストが好きかどうか
という概念だけです。



よくセレブな富裕層をターゲットにしたビジネス
というのを耳にします。
CD、音楽にそういう概念はあるのでしょうか。


セレブ向けのアーティストCDみたいな。


たぶん、ほとんど存在しないような気がします。
しかし、セレブが好む商品というのは存在するのは
実感としてあります。


何か不透明でモヤモヤしたものを感じます。


おそらくセレブという概念は、人の見栄が存分に
含まれます。
見栄があるから、大衆的な商品とは異なる
希少なもの、高価な良いものを求める。


CDや書籍はあくまでも個人の趣味の世界。
誰に見られるわけでもなく、ただ自己満足の
趣味や想像の世界。



ということは、セレブや富裕層をターゲットに
した商品というのであれば、見栄を抜きにして
語ることができないと言えます。


一方、一般大衆をターゲットにした商品は
個人の趣味の世界を満たすことを抜きにしては
語れないと言えます。


海外でコストダウンした商品に負けることなく
国内で販売していくためにはそういった考えを
基本に置く必要がある気がします。



今、自分が商品価格を設定したりターゲットを
絞っている立場なので、自分の考えをまとめる
意味でも今回の記事を書きました。


皆さんはいかがお考えでしょうか。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットショップ成功分析』へ戻る




[ 2007/12/13 19:04 ] ターゲットの絞り方 | TB(0) | CM(2)

コウさん、こんばんは!
今日も朝の目覚ましテレビで、1本5000円の牛乳や1本1500円のウーロン茶などをやっていましたが、そこそこ売れているようです。そのかわり1日の本数限定だとか。それを見た女房が「本数とか期間とかが限られているから買うのよね」と言ってました。価格が高い場合は希少価値を演出する何かが必要なのかもしれませんね。(話がずれてしまいました、すみません)
[ 2007/12/13 21:46 ] [ 編集 ]

富裕層向けのCDというのは流石に聞かないですね(汗)
まぁ、意味は違いますが音響機器に関しては高級なものがあるのに…不思議です(笑)

最初からターゲットを絞るよりもリサーチした結果で絞った方がより効果的ですよ♪
[ 2007/12/13 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/317-9b2f97bc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。