T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土下座は1回だけ

先日ついに究極の危機が訪れました。

役員や管理職クラスの会議で、私の企画開発している
商品を商品化して発売するのは不可能という話が持ち上がった
みたいなんです。

今まで紆余曲折を経てなんとか小さな成功を重ねつつ
商品化できるというところまでたどり着いたにもかかわらず、
商品化目前にしてどうしてそんなことになるのか。





私は会議に参加した自分の上司に詰めより理由を
問いただしました。

しかしながら、上司はただ厳しい顔をして、
「営業からの評価が思わしくなかった」というばかり。

ちょっと待った!と思いました

以前、何度も会議を繰り返し、営業からもこの商品を発売に
向けて進めていくことは確認していたはず。
商品化はまず大丈夫と太鼓判をおしてくれたじゃないか。
今までの会議はなんだったのか。

途中で試作も3度して現物で確認してきました。
こういった経緯は何だったのか。

私は感情を抑えきれず「ここまできてやめてしまうのでしょうか」と、
上司に食いかかりました。

その時、上司の少しうつむいたその表情から、
なんともいえない心の苦悩を感じてしまったんです。

なんとかしてやりたいんだ。でも何故かどうしてもうまくいかない。
成功させてやるために努力はしている。でも逆の結果になってしまう。

そんな心の声を感じ取ったんです。
上司も役員と部下の間で苦しんでいる。

何も部下の成功を壊そうと思っているはずもなく、
むしろなんとかしてやろうとしているから今の苦悩の表情があるわけで。

いつも少しはなれたところからそっと見守っていて困っていたときは
必ずフォローしてくれていたのは他の誰でもないその上司だったわけです。

私はその上司の下だからここまで自由に開発させてもらったおかげで
成長させてもらえたわけです。

いろいろと上司のしてくれたことを思い出し、あまりに自分の
意志ばかり押し付ける自分を自分で戒め、私は上司に食い下がりたい
気持ちを抑えました。

どうしたら、最悪の状況を回避できるか。
どうしたら、商品化に向かわせることができるか。

頭の中で必死にもがき考えました。
1つの方法が浮かびました。
それは、とにかく試作をさせてもらうことです。
費用はかかりますが、最後に試作をして現物を見たうえで
最終判断をしてもらいたいと。

そして、次の瞬間、土下座が頭に浮かびました。

さすがに本当に地面に頭をつけるのはちょっと方向が違うと
思ったのでそこまではしなかったですが、
テーブルを挟んで自分の正面に座ってる上司の前で、
テーブルの天板に額がつくくらいまで、頭を下げてこう言いました。

「お願いです。試作だけはさせてください。
形を見ないまま終わるのは悔いが残ります。
もしかすると、今、営業サイドが納得してくれないのは現物がないところで
会議をしているからではないでしょうか。
試作をさせていただいた上で、もし評価されなく商品化中止になった場合は
私は役員に直接謝罪に行きます。また併せて降格も覚悟の上です。
謝罪したかたといって済むことではないですが、そうならない自信は
ありますし、今後も気を緩めることなく全力で進めていくつもりです。
とにかく試作だけはさせてください。」

上司は、険しい表情でした。
少し考えた後、こう言いました。
「まず、試作にいくら費用がかかるかで試作するかどうか
決めるからまず見積を取ってくれと。」

100%満足のいく答えではなかったものの、まだなんとかなると
私は心の中で思いました。
まだ勝機はある!

ここで土下座をしていなかったら、もしかして上司も私も自信を失い、
商品化の道が完全に断たれてしまっていたかもしれない。
でも土下座によってなんとか首の皮一枚でつないだ。

私は以前から、大きな成功のためにはどこかで土下座が
必要なときがあるんじゃないかと思っていました。

まさか、ここで出るとは予測していなかったですが、
ついにこのカード使ってしまいました。

土下座は何回もすると効果が薄くなると思いますし、
使えるのは1回だけだと思います。

この土下座が今後どう影響するのか。
事態を好転できるのか。
また結果お伝えしていきますね。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/07/27 22:58 ] 開発日誌 | TB(0) | CM(5)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2005/07/27 23:59 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

kouさん、ブログへのコメントありがとうございました。
ファッション流通ブログde業界関心事のtakaです。

kouさんの記事商品はどんな商品か楽しみです。きっとユーザーが便利な生活を送れる画期的なものでは、と想像しています。

家具業界では、いよいよIKEA(イケア)が来ますが業界ではどんな風に受け止めてらっしゃるのでしょうか?

[ 2005/07/28 11:30 ] [ 編集 ]

熱いですね!
でもそれだけ魂を燃やせる仕事ってそんなに出会えるものじゃないと思います!
今後楽しみにしてます!
[ 2005/07/28 13:59 ] [ 編集 ]

>takaさん
ありがとうございます。
IKEA。知りませんでした。
何が参入してくるか分からないし安心できないですね。
でもどんな業界でも、安さばかり追求せず、商品とサービスの付加価値を常に追及することが、そういった大手の参入をものともせず、マイペースでいける最適な手段な気がします。

>ヒデ・ヤマモトさん
ありがとうございます。
この情熱でなんとか完成させたいと思います。
今やっていことが成功したら、次にその発展形として
とっておきのことを用意しています。
これを出せば、そうそうは国内外のライバルに負けることはないはずです。
また今はまだ極秘段階というか、今の商品がまだ成功していないので誰にも言ってないですけど、時期がきたらドーンと出していこうかなと思っています。
[ 2005/07/28 23:13 ] [ 編集 ]

有難うございました。

はじめまして。
私の個人的な事にも関わらず励ましをいただき有難うございました。
気持ちをあらたに更新しました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
感謝の栗置いていきます。
[ 2005/07/29 03:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/29-ce01ff66







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。