T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の弱点

ネットショップを作る作業の中で自分の弱点が
浮き彫りになることが多々あります。


基本的に一人ですべての作業をしているので
それがはっきりするんでしょうね。


私の弱点は・・・





慎重派過ぎて腰が重いことです。
どちらかといって、研究開発向きかもしれないです。
(かといって頭が良いわけではないですが。)


実は学生時代の就職活動の時に、ある企業の面接担当者からも
「あなたは腰が重いタイプですね」と言われたことがありました。


はい、そのとおりです。


ただ、この企業はそういう私を腰は重いけど慎重に考えて
ものごとを進めると、プラスに評価してくれた記憶があります。
(結局、最終面接まで行って落ちましたが。)


ネットショップを進めていく上では大きく3つの能力が
求められます。


1.企画・開発(商品の仕入や製作)

2.営業・宣伝(見込み客集めやPR)

3.事務・経理(受注発注や一般事務)


特にネットショップの立ち上げ時までは1の企画・開発、
2の営業・宣伝に関する能力が必要となります。
(営業や宣伝はネットで行なうものを含みます。)


進めていく中でそれぞれ能力は磨かれていくと思いますが
やはり、得意や苦手は必ずあると思います。


本田技研だったかどうか記憶は定かではないですが
創始者は、研究開発を得意とする人と営業を得意とする人が
タッグを組んだことで立ち上げの大成功につながったと
聞いた記憶があります。


確かに、立ち上げ前にその二人が組むことは足りない部分を
補えてベストだと思います。


これはパートナーに恵まれた珍しい事例だと思いますが
ネットショップを運営する多くの人は基本的に一人で
立ち上げることが多いと思います。


また今の時代はネットなどあらゆるものが普及し、
自分に足りない部分はネットやアウトソーシングを
利用したりすることでまかなえる場合もあります。


私の場合、明らかに営業・宣伝、事務・経理が弱いので
どこまで、それをカバーした事業の骨格を構築できるか
ということで結果が変わってくると思っています。


逆に言えば、弱点があっても一人で充分立ち向かって
いける可能性は充分にあるということかもしれませんね。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットショップ成功分析』へ戻る




[ 2007/08/29 18:57 ] ネットショップのあり方 | TB(0) | CM(6)

コウさん、こんばんは!
得手不得手は誰にでもあります。
自分はどちらかというとおっちょこちょいです。ですので、抜けが多くて困っています(^^)。
[ 2007/08/29 20:16 ] [ 編集 ]

得意な面、不得意な面を知っているだけで
強いですね。応援クリック、ポチッと!
[ 2007/08/29 22:28 ] [ 編集 ]

こんにちは、LAビジネスウオッチャーズです。足りない所を誰かに埋めてもらい、足りない部分を埋めていけるような関係がつくれたら最高ですね。
応援クリックしていきます。
[ 2007/09/01 03:15 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
誰にでも得意不得意ありますね。
不得意なところどうやってカバーできるかが
大切かもしれないですね。
[ 2007/09/02 21:03 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
そうですね。
自分の得意不得意をしっかり把握できるか
どうかも大切なことですね。
[ 2007/09/02 21:05 ] [ 編集 ]

LAビジネスウオッチャーズさんへ
そうですね。
足りない部分は誰かと手を組むなど
うまく補っていければ強いですね。
[ 2007/09/02 21:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/289-71440531







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。