T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

泣かせたら勝ち

テレビのCMを見ていて思わず泣いてしまいました。
CM見て泣くとは、なんて涙腺が弱いんだという感じですけどね。(笑)

住宅メーカーのエスバイエルの「MINCA」という商品のCMです。
MINCAテレビCM

商品とそのコンセプトに何かを感じ、心に共鳴してしまったみたいです。
感動して涙を流してしまうような商品はどんなものなんでしょう。





建築、住宅、家具、インテリアなどは空間とつながりが強い商品です。
自分の求めていた空間に触れた瞬間に感動することありませんか。

最初は、高い商品をつかまされないように緊張しながら営業マンに
案内されて展示場を訪れる。
入ってリビング、キッチンを見渡した瞬間、いろいろなことが
頭を駆け巡る。

子供の頃の自分。そして両親。兄弟。
ただ無邪気に外で遊んで泥んこになって帰ってきた夕暮れ時。

母親が微笑みながら暖かいご飯を作っていてくれる。
家族で囲んだ夕食。
こんな光景がよみがえり、懐かしさのあまり気がつけば
涙があふれていた。

私がエスバイエルのCMを見て泣いたときもこの感動だと
思うんです。
でも住宅を購入するつもりで見ていたわけじゃないん
ですけどね。(笑)

この深い感動が、購入を考えてもいいという気持ちに向かわせると
思います。

まさかという感じもあるとは思いますが、感動ってそれほど
大きな力を持っているんですよね。

これは芸術に値段があってないのと類似するところがあるように
思えます。

絶対安く買うぞって思っていたけど、商品に触れ感動した瞬間、
お金を払ってでも買いたい気持ちに変わる。

涙が出るほどの感動は「もうお金なんてどうでもいい」っていう
気持ちにさせるほど威力があると思うんです。

実際に買うか買わないということは分からないけど、
まったく高い買い物をしないつもりのお客さんの気持ちを
変えてしまうことは大きい。

このような感動といってもいろいろな感動あります。

最先端に触れ研ぎ澄まされたような感動。
機能的であっと驚くような感動。
どこか郷愁の念を抱かせるような感動。

この中で、どこか郷愁を抱かせる感動というのは、
人に涙を流させる力を持っていると思います。

単に郷愁を抱かせるなら大正や昭和時代の家の作りにすれば
いいんですけど、それでは現実離れして芸術品など趣味の
世界で終わってしまいます。

芸術品ではない一般の商品で人を感動させ涙を流させるには、
今の時代の実用性の中で、ほのかに溶け込んだ郷愁の念が
深い感動を呼び覚ますことが深く影響していると思います。

感動の話に商売っ気を出すのはいやらしいんですけど、
要は泣かせたら勝ちなんですよね。

感動させて涙を流させるような商品。
これはあらゆる商売における究極の目標ではないでしょうか。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






[ 2005/07/24 14:39 ] 企業から学ぶ | TB(0) | CM(6)

消費者の琴線にふれるCM

人が感激する時というのは、「自分の期待を超えたことをしてもらった時」「自分が思いもよらないようなことに触れた時」などになると思います。

この場合は、後者ですね。とにかく、自分の日常的な予測の範囲を超えたり、エアポケットのように心の隙間となっていた部分を突かれたり・・・。
しかもそれが、「人間としての大切な部分である」ことがポイントなのだと思います。優しさとか、ぬくもりとか・・・。

ぜひ、私たちも、人の「琴線にふれる」商品を作っていきたいですね。


[ 2005/07/26 11:16 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

そうですね、
想像以上だったり、意外だったり、
心の隙間に思いもかけず入り込んできた時、思わず感動しますね。

「琴線にふれる」商品、目指して頑張りましょう!
[ 2005/07/26 23:13 ] [ 編集 ]

琴線に触れる

琴線に触れることが、金銭になる・・・
なんて、下品な駄洒落はともかく。

これって、商品自体の力も必要ですが、見せ方の工夫がとても大切ですよね。
本当に商品のコンセプトがわかっていて、それに対する感受性のあるお客様に、きちんとお話できる。
そんな商品開発からプロモーションやセールス方法まで、一気通貫のマーケティングミックス。
マーケターの腕の見せ所ですね。
[ 2005/07/27 00:05 ] [ 編集 ]

琴線は金銭に勝る・・・ らしい

大金さん、こんにちは。

ちょうど偶然なのですが、「内閣府 経済社会総合研究所 政策企画調査官 袖川芳之氏」という方が7月27日付けで、こういう記事を書いていらっしゃいました。

URLをご紹介したいのですが、日経ビジネス読者限定ページなので、IDとパスワードがない場合はログインできないんですよね・・・。ID等お持ちでしょうか?

「琴線」という日本語、美しいですよね。消費のキーワードなのかも。
[ 2005/07/28 05:05 ] [ 編集 ]

琴線は金銭に勝る の続き

すみません。さっきの投稿、なぜか編集がきかないので、もう一度投稿します。

「内閣府 経済社会総合研究所 政策企画調査官 袖川芳之氏」という方が、「琴線は金銭に勝る」という原稿を書かれていたのです。

ほんと、偶然!

[ 2005/07/28 05:11 ] [ 編集 ]

>大金さん
ありがとうございます。
そうですね。
商品自体の力も大切ですけど、見せ方はそれ以上に大切になってきていると思います。

同じ商品でも、それに惚れこみ最大限に活かした見せ方をできるところが勝つんでしょうね。

[ 2005/07/28 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/28-2260505d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。