T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

値崩れ防止のために必要な考え方

MIXIでいろいろと検索していると偶然、ネットショップで
私がこれから扱おうとしている商品を安売りしている
販売サイトを発見してしまいました。


正直、ちょっとショックです。





実店舗では、同じ商品をどこかの店が安売りをしていても
よほど近接していない限り、それほど影響がなかったのでは
ないかと思います。


一方、インターネットで、それをやられてしまうと、距離の
概念がないために、価格を横並びにされてしまい、定価で
販売しても売れなくなってしまう可能性があります。



今のところは、私の扱う商品については値崩れは起こして
いないものだと思っていましたが、それが起こるのも
時間の問題だという気がしました。



こういうことに直面すると、すぐに対策案が必要になります。


・もっと個性があり市場に出回っていない商品を探す。

・自社商品を開発する。


自分でできることはそういったことに尽きると思います。



しかし、本来もっと根本的なところで解決しておかないと
いけない気がします。
そうしないと、業界全体が衰退していくと思うからです。



インターネットが普及する前には、メーカーは作って卸業者に
卸業者は販売店に商品を卸せば、終わりという感じでした。


インターネットが普及し、実店舗で見た商品をネットで
価格比較して購入するようなこの時代においては、
そういうわけにはいかない気がします。


メーカー、卸業者、販売店、もっといえば業界全体で
商品やサービスの価格を管理しておく必要があると思います。


つまり、上代価格より基本的に安売りさせない規約が
必要だと思います。


すごく厳しいようですが、そのくらいしないことには
値崩れが急速に起こって、市場全体が衰退していくと思います。


個人のネットショップからすれば、かけ離れた話で自分には
関係なく思えるかもしれないですが、規模の大小関係なく
きっちりとした価格規約のもとで、業界全体が協力して
商売をしていくことがネットの世界では求められる気がします。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る






コウさん、こんばんは!
そうですね。参入業者が増えるほど値崩れしやすくなりますね。独自の付加価値をどうするかだと思います。自分はリサイクルトナーを仕入れていますが、そんなに安くないところからいつも仕入れています。理由は、HPから以下に品質に考慮して作っているかがすごく伝わってくること。問い合わせた時の応対のよさ。この二つです。安いところはここの6割位の値のところもありますが、HPから訴える力も馬鹿にならないと思いましたよ。
ちなみにここです。
http://www.ecotaku.com/
[ 2007/05/29 19:04 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんわ☆

私の出している商品は今の所、上代より安く出ているのは見たことがありませんが、やっぱり同じ商品を出している所があると凄く気になります。

よく「セール」「○%引き」など見ますが、それは仕入れてどのくらい経った商品に対して上代より下げて売る事が可能なのか・・・まだオープンしたての私にはわかりません。
そうなると勝てる見込みはなくなります(汗)

後は送料を下げるか、おまけを付けるかなど他の方法を考えなくては。と思ってます。

私の場合、主に仕入れている業者の方が時々私のショップへ訪れているので上代以下の販売は難しいのです。
値崩れがどっかで始まったら私も値下げして良いのかな~って考えてますが。

ドロップシッピングのように、自分で値段を付ける所は上代がない分、仕入れギリギリで売っているようなので厳しいみたいですね。

[ 2007/05/29 19:26 ] [ 編集 ]

難しい問題ですね…
基本的にネットで商売する場合は仕入価格と経費をいかに抑えるかが鍵になります。
価格の面で勝負できない場合は品揃えや付加価値などで対抗していくしかありません。
お客様にとってどういう店が便利なのかを一度考えてみてはいかがでしょうか?
[ 2007/05/29 23:18 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
付加価値を高めて、価格破壊に
極力対抗していくことは大切ですね。
トナーなど買い替え商品などは
特に顧客対応とか細やかなサービスが
求められますね。
自分の扱う商品によって、どういう
戦略でいくかですね。
[ 2007/05/30 21:48 ] [ 編集 ]

すずさんへ
そうですね。
買う側になってみるとやはり同じ商品がいろんなネットショップで
売っている場合、価格比較してしまいますね。
それはネットで実際に顔を合せせることなく販売するための
デメリットの部分だと思います。
このデメリットをいかに克服して販売し、固定客を獲得していけるか
っというところですね。
ドロップシッピングも誰もが仕入れて販売できるような形だと
結局価格破壊が起こってすご終わるだけかもしれないです。
いずれの場合もネット販売では、価格、卸し方、売り方において
明確なテーマを持ってそれを貫くことや、将来を見越した戦略が
必要だと思います。
[ 2007/05/30 21:56 ] [ 編集 ]

kazuさんへ
そうですね。
この問題で頭を抱えているネットショップオーナーも多いと思います。
お客様にとって便利な店であることは大切ですね。
ただ、果てしない価格競争、価格破壊に業界全体で手を打たないことには
多くの商品の価値が低下して、日本の多くのネットショップが苦しくなるだけでなく、
海外との競争にも負けてしまいそうな気がしています。
中で無益な争いをしているうちに黒船来襲って感じですね。
[ 2007/05/30 22:03 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
後、「商品の詳しいお問い合わせはこちら」と書かれているより、「これでもか」と言うくらいその商品、お店、お客さんの意見等を書いてあった方が安心という気がします。その方がお店のその商品に対する愛着度合いが増すと感じられます。結果、買う方の安心感に繋がる気がします。
問い合わせは、必要最小限で済むようにした方がいいかもしれませんね。
[ 2007/05/30 22:40 ] [ 編集 ]

これは難しいですね。
消費者も価格ドットコムのようなところで
比べるメリットがあるのがネットのよさですものね。
応援クリック、ポチッと!
[ 2007/05/30 23:09 ] [ 編集 ]

河野さんへ
ありがとうございます。
お客様の声というのはやっぱり大切なんですね。
そういえば、私もネットで商品を購入するとき
お客様の声やその他商品情報をできるだけみたいと思っています。
実際に会って販売しない分、そういうところでめいっぱい
情報を詰め込んだほうがよさそですね。
[ 2007/05/31 20:50 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
そうですね。
消費者からすると安いところで買いたい気持ちはあるので
難しい問題だと思います。
ただ、せっかくのブランドが価格破壊によって価値まで
破壊されたある分野の商品を考えると、
なんとかしないといけないという気持ちになります。
[ 2007/05/31 20:53 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
オイシックスのお勧めセットは「ピーチカブ」を今日食べましたが甘みもあってジューシーでしたよ。
[ 2007/05/31 21:15 ] [ 編集 ]

業界で 価格維持は
独占禁止法の違反になるから
実際は 難しいですね
[ 2007/06/18 01:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/263-4ff54aab







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。