T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤフオク市場は蜘蛛の糸

芥川龍之介の「蜘蛛(くも)の糸」の話をご存知でしょうか。


私は確か幼稚園か小学生の低学年の頃に、アニメで見た
記憶があります。


今でも記憶に残っているということは自分の中で
かなり印象的な話だったんだと思います。


今、ヤフオクに取り組んで、結果が出てきていますが
どうも、喜びを感じるより、幼いときに見た「蜘蛛の糸」が
脳裏に浮かんできて、すっきりしない気持ちになります。





「蜘蛛の糸」は、極楽と地獄の世界を描いた短編小説です。


地獄で苦しめられていた一人の大泥棒を哀れに思った
お釈迦様がなんとか助けてやろうと極楽から蜘蛛の糸を
地獄に垂らしました。


その大泥棒は喜んで蜘蛛の糸をつたって登りました。
しかし、下を見ると何百、何千という地獄の罪人が登って
きていることに気づきました。


「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸はおれのものだぞ、
お前たちは一体誰にきいて、のぼって来た、下りろ。」
と言ったところ、蜘蛛の糸が切れてまた地獄に落ちて
しまいました。


このように、「蜘蛛の糸」はすごく哀れな話です。


ヤフオクをやっていて、何故この話が浮かんでくるかというと
例えば、偶然ブランド品の格安の仕入れルートをみつけて
なんとか業者を言いくるめて、ヤフオクで出品したところで
すぐに他の人がそれをみつけて同様に出品した結果、商品は
すぐにヤフオクの市場で飽和してしまう様子が想像できたからです。


要は、自分だけ楽に美味しい思いをしてもそれは一瞬の喜びで
皆一緒に、儚く消えてしまうという感じでしょうか。


ヤフオク市場ではブランド品のカテゴリーのほとんどは
ストア出品者やそれに近い業者と思われる出品者によって、
埋め尽くされています。


またそのショップサイトへのリンクも認められているようなので
関連商品のすべてが既に飽和して底値になっているような気がします。


そういう状況では、特にブランド品のカテゴリーに
もう個人が付け入る隙はほとんどありません。
あるとすれば、ブランドの中古品の一部だけではないでしょうか。


一方、市場を独占したストア出品者やそれに近い業者と思われる
出品者が安泰かというと、そうではないと思います。


出品カテゴリーによっては、飽くなき低価格競争で
商品が底値まで下がり、自ら商品の市場全体の価値を
下げ続けているように感じます。


そんなことが繰り広げられる中で、元締めのヤフオクは
当然、儲けています。


しかし、この状況が続くとすれば、個人の参加者の楽しみを
奪っていくことになり、最終的にはヤフオクという市場自体の
価値がゆっくり沈んでいくのではないかと思います。


今のストア出品の方法を容認しているヤフオクには
少々疑問を感じるところはあります。


とはいえ、これだけ巨大な市場を提供しているヤフオクは
やはりすごいですけどね。


個人でネットビジネスとしてヤフオクに取り組む場合は
ひたすら、安く仕入れることのできる業者を探して
そのまま横流しで出品することに時間を割くことはせずに
自分の得意な分野の商品を自分のカラーを出した出品を
心がけることが大切かという気がします。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る





kouさん
こんばんは、ponです。
いつもコメント、応援を有難うございます。

読んでて、kouさんの気持ちが何となく伝わってきます。
このままだと、危機的状況のようですが、
なんか寂しいですね。
これは、儲ける事のみに頭がいってるからでしょうね。

又来ますね。応援ポチッと。
[ 2007/01/13 23:34 ] [ 編集 ]

kouさん、こんにちは☆

個人でも株式会社にして出品したらどうですか???
新会社法を利用して。。。

同業他社と同じラインに立てれば対抗出来るかもしれません^^
やって出来ない事はないですよ!

「ハッタリ」で勝負♪
っていうのも面白いですよ。。。
思ったよりも世の中で「ハッタリ」は通じます(笑)

応援ぽち☆
[ 2007/01/14 14:10 ] [ 編集 ]

なるほど。ヤフオクのことはよく分からないのですが蜘蛛の糸のようなという表現でイメージがわきました。
応援ポチ
[ 2007/01/14 16:33 ] [ 編集 ]

こんばんは!カトチャンです~。
ヤフオクも手を出してみようかと思っていたのですが、色々と難しそうですでね~。
やはり、仕入れには勉強が必要なんでしょうね~。
なにか、いい方法はないものでしょうか(笑)
応援ポチりんこ!(^^)
[ 2007/01/14 17:46 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
そうですね、おっしゃるとおりビジネスは「継続性」が一番難しいと思います。
[ 2007/01/14 20:53 ] [ 編集 ]

こんばんは!匠です。

蜘蛛の糸は題名は知ってましたが
読んだことありませんでした。
自分の得意な分野で、自分のカラーを出す。
これが一番ですね!

応援ポチ!
[ 2007/01/15 03:35 ] [ 編集 ]

ponさんへ
そうですね。
ヤフオクは巨大な市場に成長しただけでなく、
日本のネットビジネスを守るということにも
力を入れてほしいと思います。
[ 2007/01/15 19:45 ] [ 編集 ]

おいちゃんへ
そうですね。
自分も法人化するなどして
同業と同じラインに立つという
やり方もありますね。
確かにハッタリは必要ですね。
[ 2007/01/15 19:48 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
ヤフオクの市場はまだまだ謎が多いですけど
これからもいろいろ調べてみようと思います。
[ 2007/01/15 19:50 ] [ 編集 ]

カトチャンへ
最初は手間がかかるところはありますけど
慣れたら、簡単だと思います。
ヤフオクでの仕入れはネットショップでの仕入れと
考え方を変えないといけない気がします。
[ 2007/01/15 19:52 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
趣味ではなく、本業や副業でやる場合は
継続性が大切ですね。
[ 2007/01/15 19:52 ] [ 編集 ]

匠さんへ
そうですね。
ヤフオクの出品者もかなり増えているようなので
自分のカラーを出すことが今後ますます要求される
ように思います。
[ 2007/01/15 19:54 ] [ 編集 ]

ヤフオクで仕入れから商売をしようというのはやっぱり難しいのではないでしょうか!
基本的にオークションはいらないものを売る場所としては最高の取引所だと思いますね!
[ 2007/01/15 21:47 ] [ 編集 ]

こんにちわ
燃えるビジネスパーソン?ふなきです

ヤフオクは参加したことが無いので何とも言えないのですが、素人のイメージでも、かなり業者が入っているように感じます。

個人が商売として成り立たせるには、かなり戦略を練る必要があるのかな~なんて感じます。

規模がかなり大きくなっていますから、その中で勝つのは工夫が必要なんでしょうね。

燃える応援クリック!!

[ 2007/01/15 23:35 ] [ 編集 ]

こんばんは!カトチャンです~。
なるほど、たしかにヤフオクとネットショップでは、すこし色が違いますね・・
勉強しなければ・・!
応援ポチりんこ!
[ 2007/01/15 23:35 ] [ 編集 ]

kouさん、こんばんは☆

メガマック、お勧めですよ~
ビッグマックセットでたりない人には
ちょうどいい量です^^
ちょっと胸焼けしますが~

応援ぽち☆
[ 2007/01/16 00:36 ] [ 編集 ]

ヒロシ社長さんへ
そうですね。
ヤフオクはネットで買う人たちが集まる巨大な市場ですが
不用品かかなり変わったものでないとなかなか売れないかも
しれないですね。
[ 2007/01/16 20:13 ] [ 編集 ]

ふなきさんへ
そうですね。
確かに業者が多い気がします。
何か工夫をするか、あるいはその分野には
手を出さないようにするか、なのかも
しれないですね。
[ 2007/01/16 20:19 ] [ 編集 ]

カトチャンへ
そうですね。
ヤフオクとネットショップでは
そこに集まる人に意識の違いが
はっきりあるような気がします。
[ 2007/01/16 20:20 ] [ 編集 ]

おいちゃんへ
マゲマックはそうとうお腹がすいているときに
挑戦してみようと思います。(笑)
[ 2007/01/16 20:21 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
ここしばらくは冬らしく気温も低いようですね。お互いにカゼなど引かないようにしましょうね。
[ 2007/01/16 22:44 ] [ 編集 ]

こんばんは!匠です。

しっかり休ませていただきました(笑)
今日から頑張ります!

応援ポチ!
[ 2007/01/17 03:34 ] [ 編集 ]

こんにちは、コウさん。
LAビジネスウォッチャーズです。

ヤフオクの現状としては、個人が小規模で楽しめるオークションというよりは、強者(大手業者)が更に利益を上げるための、新たな場所を提供しているようにもとれますよね。

ちなみに、私はこの『蜘蛛の糸』を読んでから、蜘蛛を一度も殺せません・・・。

応援クリックしておきました。また寄らせていただきます。
[ 2007/01/17 03:41 ] [ 編集 ]

kouさん、こんにちは☆

>そうとうお腹がすいているときに
あんまり量は食べないんですか???
私もあんまり食べません^^;
ウチの子は、あれ2個食べてましたよ^^;
信じられない~

応援ぽち☆
[ 2007/01/17 09:04 ] [ 編集 ]

河野さんへ
そうですね。
今からが本格的な冬だと思うので
体調管理には気をつけたいですね。
[ 2007/01/17 20:46 ] [ 編集 ]

匠さんへ
ゆっくり休まれたようですね。
またよろしくお願いします。
[ 2007/01/17 20:48 ] [ 編集 ]

LAビジネスウォッチャーズさんへ
私もそう思います。
今のヤフオクはとにかく大手を招き入れて
市場拡大による利益優先ばかりが目立つように思いますね。
[ 2007/01/17 20:51 ] [ 編集 ]

おいちゃんへ
食べるときと食べないときの差が
激しいほうかもしれないです。
それにしても最近の子は食べる量が
違うみたいですね。(笑)
[ 2007/01/17 20:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/222-8d73026e


蜘蛛の糸

蜘蛛の糸 『蜘蛛の糸』(くものいと)は芥川龍之介が1918年(大正7年)に雑誌「赤い鳥」に発表した子供向けの短編小説である。あらすじある日の朝のことでございます。釈迦|お釈迦様は極楽をぶらぶらお歩きになっていました。お釈迦様は玉のように美しい
[2007/07/25 08:30] URL みくの部屋





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。