T O P 運営目的 基礎情報 記事一覧 お問合せ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







前のページに戻る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットショップのシビアな現実

ネットショップではインターネットを使ってモノや情報を
お客様に販売をします。


インターネットを使っているという点以外はリアルショップと
やっていることは同じです。


しかし、ネットショップにはリアルショップより非常にシビアな
現実があります。





例えば書店のリアルショップを考えてみると、それが分かります。
有名な大手書店では紀伊国屋などがあります。
ここへ行けば買いたい本が大体は揃っているんじゃないでしょうか。


一方、同じリアルショップでも、駅前や家の近所に小さな書店も
あります。
最近では小さな書店はつぶれているところも多いですが、
長年続いているところもあります。


品揃えは紀伊国屋の縮小版でサービスも特別目立ったこともない
にもかかわらず、人通りがそこそこあって近くに大手の書店が
ないということだけで、なんとか続けられている小さな書店も
結構多いような気がします。



しかし、インターネットの世界、ネットショップだとどうでしょう。
インターネットの世界での書店といえばアマゾンがあります。


他にも大手の書店によるネットショップもあるものの、
リアルショップの場合のような小さな書店というのはほとんど
存在しないような気がします。


買う立場で考えても、アマゾンがあればそれで充分です。
そうです。
他は必要ないんです。



リアルショップでは、距離が近いから便利という物理的な要因に
よって小さな書店でも生き残れる場合があります。
つまり、品揃えやサービスはいまいちだけど、近いからそこで
買っているっていうことですね。


しかし、ネットでは距離が近いからといった物理的な要因は
存在しません。


従って、単にアマゾンの縮小版のような小さなネット書店があると
すれば、そのショップを利用する人はいないということになります。


その点ではインターネットの世界は非常にシビアだと思います。
弱肉強食どころか、存在さえ許されない世界なんです。



小さなネットショップが存在を誇示し、自分なりのビジネスを
続けていく方法はあるのでしょうか。


同様にネット書店で考えると、店主が好きな分野や得意な分野に
絞った本を中心に品揃えにして、その本を求める人に合った本を
的確におすすめできたり、新しい本を紹介できたりするのであれば、
小さなネット書店でも、続けていくことはできるのではないでしょうか。


本という商品は特殊かつ成熟商品なのでネットショップで扱うのは
非常に難しい商品でしょうし、実際にアフィリエイトくらいでしか
扱っているところはありません。


説明しやすくするために、あえて本や書店を事例に出しました。
他の商品で考えるとまた少し違った条件になるので、
あまり深刻に考えすぎないでくださいね。


小さなネットショップに可能性はないということではない
ですので、その点この記事の真意がうまく伝わればいいですが・・・



いずれにしても、リアルショップと違って低コストで開店できる
ネットショップですが、上記のような非常にシビアな現実がある
こともよく理解しておかないと、ちょっとこわいかもしれない
ということですね。



【ネットショップ開店に関する情報商材】

★再販売権利付!!★ 「資金・商材ゼロからのネットショップ開業法」  本格的なシステムを廉価でご提供!!

失敗しようがないネットショップ成功法

※人気情報商材をご紹介していますが、
 もしご購入される場合は、情報商材の説明などに
 よく目を通していただき、自己判断でお願いいたします。




→内容に共感いただけたら、
  1クリック応援よろしくお願いします!←



--------------------------------------------------------------------

◇このブログをお気に入りにしてくださる方は⇒こちら

◇トップページ『ネットビジネス成功分析』へ戻る







こんばんは!takumiです。

確かにそうですね!書店は家の近くか、職場の近くの大型店と決めてますが、ネットではアマゾンだけで充分ですね!
ここでしか手に入らない!とか、超専門分野くらいのショップじゃないと難しいですね!
アマゾンでは在庫がない書籍を探すのも厳しそうですね。

応援ポチ!
[ 2006/08/08 21:13 ] [ 編集 ]

存在すら、、、

スマイルハートの社長です。

恐ろしいことですね。
まさしく、1番しか必要ないのですね

応援クリック、ポチッと!

いつも忙しい中コメントありがとうございます。
[ 2006/08/08 21:33 ] [ 編集 ]

コウさん、こんばんは!
ネットでも今は数ページ立ち読みできるんですよね。
これが、目次から自分の見たいページを見れればうれしいんですけどね(ページ数は限定されても・・)
そういうネット書店だったらいくかも・。
[ 2006/08/08 22:33 ] [ 編集 ]

こんばんは~かめちきです♪
そうですよね。
大きくてメジャーな店があれば
他はいらない・・・
いろいろと工夫が必要ですね。
それでは応援ぽちっと♪
[ 2006/08/09 00:20 ] [ 編集 ]

こんばんは、ponです。
いつもコメント、応援を有難うございます。

そうですね、個性を出さないと小さなショップは
成り立たなくなりますね。
工夫が必要ですね。

又来ます。応援ポチッと。
[ 2006/08/09 00:45 ] [ 編集 ]

おはようございます

kouさん

おはようございます。

アマゾンはナンバーワンですね~。
ネットでは、トップにたった企業が強いですからね~。

どこかの分野でオンリーワンになれば・・・

応援BOMB!!!
[ 2006/08/09 05:00 ] [ 編集 ]

メリット!


「売れる商品・儲かる経営」を徹底解析:kouさん

 いつもコメント有難うございます。

 高校野球。
プロ野球と違って、トーナメント戦。
だから、よけいに気合が入るんでしょうね。
(^○^)

 土地がなくても店が出せる。
そんなインターネットのメリットをうまく生かしたいですよね。
(^○^)

 またお立ち寄りください。

ポちっ、ぽチッ!
[ 2006/08/09 06:41 ] [ 編集 ]

kouさん、おはようございます☆

いつもありがとうございます。

確かに、他との差別化が難しいですね。
人と違う商品を扱うぐらいしか、差別化できないんでしょうか!?
でも、SEO対策などをしっかりやらないと見てくれる人も
いないでしょうし。。。。。。
ローリスクで手軽ではありますが、ローリターンでは。。。。
ちょっと考え物ですね^^;

応援ぽち☆
[ 2006/08/09 08:49 ] [ 編集 ]

確かに商圏を考えるとそう思いますよね。
[ 2006/08/09 12:22 ] [ 編集 ]

はじめまして!【ケイン】と申します!

スージーさんのところから来ました!

いつものように先に応援ポチ!


違うカテゴリーのブログって、凄く新鮮で面白いな~って思いました。

同じカテゴリーだと、同じ内容になってしまったりして、読んでてつまらなかったりしますからね。

では、また来ますね!

[ 2006/08/09 12:54 ] [ 編集 ]

アマゾンができない

事を研究して隙間を狙うネットショップが良いのでしょうか。
勉強になりました。
ポチッ☆
[ 2006/08/09 14:33 ] [ 編集 ]

こんばんは、kouさん。
木の実です。

確かにそう考えるとネットショップは怖いですね。

巨大ショップには、個性や独自性だけでは
太刀打ちできないかも!!

応援♪
[ 2006/08/09 18:41 ] [ 編集 ]

takumiさんへ
そうですね。
気がつけばネット書店はアマゾンの独占になって
いましたよね。
リアルショップだと小さな書店も存在するのに
ネットショップだとどうして存在しないのか
不思議に思っていたんですよね。
[ 2006/08/09 21:38 ] [ 編集 ]

スマイルハートの社長さんへ
本という商品は誰もが機能も品質も知っている
成熟した商品なので、それを仕入れて売るだけで
差別化するのは難しいと思います。
他の商品で考えると小さなネットショップの個性が
活かされるような商品もあると思います。
[ 2006/08/09 21:42 ] [ 編集 ]

河野さんへ
ネットでも数ページ中身を見ることができる
サービスがあるんですか!
ネットでもリアルの本屋と同じことができるような
状況になっていたんですね。
[ 2006/08/09 21:45 ] [ 編集 ]

かめちきさんへ
そうですね。
ネットの世界では、リアルの世界以上に
工夫が必要だと思います。
[ 2006/08/09 21:46 ] [ 編集 ]

ponさんへ
そうですね。
特に仕入れ販売で便利さだけをウリにしている
小さなネットショップは厳しいでしょうね。
品揃えやサービスに工夫が大切だと思います。
[ 2006/08/09 21:48 ] [ 編集 ]

倉持さんへ
そうですね。
確かに最初にトップに立った企業がネットでは強いですね。
個人はどう戦うか、本当にしっかり考えておかないと
今後こわいですね。
[ 2006/08/09 21:50 ] [ 編集 ]

前向きな心と人のぬくもりさんへ
そうですね。
デメリットを気にしすぎないで、
ネットのメリットは
しっかり活かしていきたいですね。
[ 2006/08/09 21:53 ] [ 編集 ]

おいちゃんへ
そうですね。
仕入れ販売だけだと差別化が難しいという気がします。
選ぶ商品、サービスの点で大手と同じ方向性であっては
いけないでしょうね。
[ 2006/08/09 21:56 ] [ 編集 ]

今別府さんへ
そうですね。
物理的な距離を感じないというのは
リアルショップと違った状況をもたらす
ように思います。
[ 2006/08/09 21:57 ] [ 編集 ]

ケインさんへ
コメントありがとうございます!
そうですね。
違うカテゴリーのブログは時に新鮮だったり
しますよね。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2006/08/09 21:59 ] [ 編集 ]

圭さんへ
そうですね。
大手のアマゾンが一体どんなビジネスを展開して
いるのかよく比較分析しておくことが、小さな
ネットショップの成功のためには大切だと思います。
[ 2006/08/09 22:01 ] [ 編集 ]

木の実さんへ
そうですね。
本という商品を考えるとかなりシビアな現状が
見えてしまいましたね。
他の商品はまた違うと思うし、今後もよく
調べていきたいと思います。
[ 2006/08/09 22:03 ] [ 編集 ]

kouさん、こんばんは
いつもコメント、応援を有難うございます。

私もまだ右も左も分からない物販ものがあります。
これをどうするか・・・です。

又来ます。応援ポチッと。
[ 2006/08/09 23:33 ] [ 編集 ]

おはようございます

kouさん

毎度です。

kouさんなら、メルマガ発行は簡単だと思うんですけど。

ネタは、無料レポートとかで拾えたりしますよ。(笑)

応援BOMB!!!
[ 2006/08/10 05:10 ] [ 編集 ]

おはようございます

kouさん

毎度です。

ぜひ、小さいネットショップの可能性を探ってもらいたいです。

PS:kouさんならメルマガできますよ。


応援BOMB!!!
[ 2006/08/10 05:12 ] [ 編集 ]

kouさん、おはようございます☆

いつもありがとうございます。

今日の東京は暑いです^^;
毎日温度差が大きいですね。
体調管理、注意しましょう~

応援ぽち☆
[ 2006/08/10 08:36 ] [ 編集 ]

こんにちは!【ケイン】です!

いつものように先に応援ポチ!

本屋さんの例えはうなずけます。

自分も物販アフィリなど、自分なりに頑張っていましたが、挫折しました・・・。

それに早く気づけてよかったんですけどね。
[ 2006/08/10 14:33 ] [ 編集 ]

kouさん

応援クリックしていきますね。
[ 2006/08/10 15:04 ] [ 編集 ]

kouさんこんにちは♪

ネットショップって逆に簡単に参入できるので
競合が多い分野では大変でしょうね。

在庫を持つお仕事は大変ですよね。
[ 2006/08/10 16:13 ] [ 編集 ]

いつもコメントありがとうございます

何処で購入しても同じ商品は大が小をかねてしまうのですね!
おんりーワン製品が生き残れる道でしょうか?
[ 2006/08/10 17:24 ] [ 編集 ]

こんばんは、kouさん。
木の実です。

いつも訪問、コメント、応援ありがとうございます。
今日も応援しときます♪
[ 2006/08/10 19:37 ] [ 編集 ]

ponさんへ
物販されているんですね。
私も今アフィリエイトですけど物販ブログを
作成しています。
物販は扱う商品と売りかたによって
個人でも充分活躍できると思っています。
[ 2006/08/10 21:50 ] [ 編集 ]

倉持さんへ
ありがとうございます。
どんなネタに絞るかっていうのも
難しいですね。
[ 2006/08/10 21:52 ] [ 編集 ]

おいちゃんへ
関東の方は台風一過で気温が上昇している
みたいですね。
京都は相変わらずずっと暑いです。
体調気をつけたいですね。
[ 2006/08/10 21:56 ] [ 編集 ]

ケインさんへ
ケインさんも物販アフィリされていたんですね。
私も今、製作中です。
できればずっと続けられるものにしたいですね。
[ 2006/08/10 21:58 ] [ 編集 ]

圭さんへ
いつもありがとうございます。
[ 2006/08/10 21:59 ] [ 編集 ]

さくらこさんへ
そうですね。
一つのショッピングモールにしてもデータ容量だけの
ことなのでほとんど無制限のショップが参加できる
ことが良し悪しって感じですね。
[ 2006/08/10 22:03 ] [ 編集 ]

ヒロシ社長さんへ
そうですね。
本のように中身以外の部分で差別化できないような
成熟商品は、大量多品種で在庫していてすぐに提供
できるショップがどうしても強いという結果になって
しまうと思います。
でも他の商品ではまた違った状況が考えられると
思います。
[ 2006/08/10 22:07 ] [ 編集 ]

木の実さんへ
いつもありがとうございます。
[ 2006/08/10 22:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://54178.blog11.fc2.com/tb.php/166-26d28243







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。